教師データを提供!国交省がインフラ点検用のAI開発を支援へ

2019年9月9日

管理人のイエイリです。

コンクリートのひび割れ発見や道路舗装の異常発見など、公共インフラの維持管理に、AI(人工知能)が使われ始めています。

ICT(情報通信技術)を活用して、建設分野の生産性向上を目指す「i-Construction」を推進する国土交通省は、構造物点検などに使われるAIの研究開発を促進するため、「AI開発支援プラットフォーム」の設立を検討しています。

現在のインフラ点検では、ドローンやロボットがインフラのデータを収集し、人間の専門家がそれを見て異常を発見していますが、将来はAIを使って

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

人の「判断」を効率化

 

することを目指しているのです。(国土交通省のプレスリリースはこちら

AIによって人の判断の効率化を目指すイメージ(以下の資料:国土交通省)

AIによって人の判断の効率化を目指すイメージ(以下の資料:国土交通省)

国交省は「AI開発支援プラットフォーム」の設立について検討するため、「AI開発支援プラットフォームの開設準備ワーキング・グループ」(以下、AI-PF準備WG)を設け、2018年11月と2019年7月に会合を開きました。

メンバーを見ると、大手建設コンサルタントや電気・通信メーカー、調査・研究機関などそうそうたるメンバーがそろっていることがわかります。

●AI-PF準備WGの会員一覧 (五十音順)
アジア航測
イクシス
岩崎
橋梁調査会
グローバルウォーカーズ
首都高速道路技術センター
大日本コンサルタント
デンソー
日本海コンサルタント
日本工営
パシフィックコンサルタンツ
日立製作所
福山コンサルタント
富士通
富士電機
三菱電機
理化学研究所
八千代エンジニヤリング

このメンバーで検討しているのは、AIが現場のデータから異常などを発見させるための教育に使われる

 

良質な”教師データ”の提供

 

を行うことです。

AI開発支援プラットフォームでは「教師データ」の提供を目指している

AI開発支援プラットフォームでは「教師データ」の提供を目指している

例えば、コンクリートのひび割れ発見を行うAIを開発する場合、コンクリート表面の写真とセットで「ひび割れ部分」を示したデータを大量に読み込ませます。

これに使われるのが教師データですが、数百、数千という膨大な数のデータを、各社が準備することは大変です。

そこで、土木技術者の正しい判断をもとにした良質な教師データを国が整備し、人工知能開発者に提供しようというわけです。

もともとAIの開発者は、あまりインフラの現場とは縁がありません。こうした現場データが大量に提供されると、本来のAI開発業務に集中できるので、インフラ点検用AI分野への参入者も増えそうですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事