時速60kmで道路下をBIM/CIM化?!日立と応用地質が地下埋設物情報サービス

2019年9月6日

管理人のイエイリです。

工事で道路を掘り返すときに欠かせないのが調査です。まず道路管理者や埋設管を管理する上下水道・ガス・電気・通信などの事業者が持つ台帳をチェックして、どんな埋設物がありそうなのかを調べます。

しかし、台帳だけだと道路に対する位置がずれていることもあるので、現場では「試掘調査」が欠かせません。

日立製作所と応用地質は、こうした手間ひまを、大幅に解消してくれそうな「地下埋設物情報提供サービス」を2020年以降に開始するべく、このほど覚書を締結しました。

地中レーダーを搭載した埋設物探査車で道路を走行することにより、

ナ、ナ、ナ、ナント、

埋設管や空洞を見える化

してくれるのです。(日立製作所、応用地質のプレスリリースはこちら

地下埋設物情報提供サービスの概要(以下の資料:応用地質)

地下埋設物情報提供サービスの概要(以下の資料:応用地質)

地中レーダーで埋設物などを検知する埋設物探査車のイメージ

地中レーダーで埋設物などを検知する埋設物探査車のイメージ

応用地質が保有する埋設物探査車に、地中レーダー装置、GNSS(全地球測位システム)、カメラ(位置検出用)などを搭載し、最大時速60kmで道路を走行します。

探査車で得られたレーダー映像や各種画像、位置情報は、日立製作所のデジタルイノベーション基盤「Lumada(ルマーダ)」が持つAI(人工知能)などの画像解析技術によって分析し、埋設管や構造物、地質境界などを自動判別します。

台帳による情報は、実際の位置からずれている心配もありますが、実際の埋設物をリアルにレーダーで調査したデータだとその心配はありません。そこが圧倒的な安心感を与えてくれますね。

応用地質が保有する埋設物探査車の外観

応用地質が保有する埋設物探査車の外観

車両後部の地中レーダー装置。400MHzのアンテナが付いている

車両後部の地中レーダー装置。400MHzのアンテナが付いている

地中レーダー映像をAIで分析し、路面下の空洞などを自動抽出したイメージ

地中レーダー映像をAIで分析し、路面下の空洞などを自動抽出したイメージ

得られたデータは「地下埋設物情報プラットフォーム」に格納されるとともに、応用地質の「地盤情報ICTプラットフォーム」や、 日立製作所の「社会インフラ保守プラットフォーム」とも連携します。

今後は、埋設物の補修管理情報や更新計画、強靱化設計支援の機能拡張のほか、

BIM/CIMとの連携

も視野に入れた機能拡張を検討していくとのことです。

道路下の見える化は、大きな課題となっています。時速60kmで道路を走れば、地下のBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)やCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)のモデルが出来上がってくるシステムの実現も、そう遠くはなさそうですね。

両社の“道路下イノベーション”による、道路工事の大幅な生産性向上に期待したいです。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事