QRコードを図面に張り付け!DRA-CADがクラウドと連携しBIMっぽく進化

2019年10月8日

管理人のイエイリです。

国産のCADソフトとして、長年の歴史と根強い人気を誇る建築ピポットの「DRA-CAD」の最新版、「DRA-CAD18」が2019年11月に発売されることになりました。

直感的に使える操作性のよさやIFCファイルを介してのデータ交換機能など、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフト的な感もあるこのソフトですが、今回のバージョンアップでは、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

QRコードを図面に張り付け

 

る新機能が追加されたのです。(建築ピポットのプレスリリースはこちら

BIMっぽく進化したDRA-CAD18の画面(資料:建築ピポット)

BIMっぽく進化したDRA-CAD18の画面(資料:建築ピポット)

「QRコード」には、URLやメールアドレス、テキストを格納し、図面上に張り付けることで、図面やCAD画面からモバイル端末のカメラを使って関連情報にアクセスできます。

また、クラウドとの連携により、「紙」に頼らない図面活用も可能になりました。DRA-CADの図面データをクラウドに置き、「DRA Viewer」というアプリを使うことで、外出先でも簡単に図面を開けます。

このほか、描画の高速化や図面のパン・ズームなどが素早く連続して操作できるようになったり、マクロによって何度も繰り返し使うコマンドを次々と自動的に起動してスムーズに作業できるようになったりと、細かいところでも生産性向上のための改良が施されています。

注目したいのは、3次元機能の強化です。建具などのパーツデータの幅や高さ、奥行きを変えて、

 

伸縮するパーツデータ

 

として図面上に配置できるのです。

さらにSketchUpのskp形式のファイルを読み書きできるようになりました。DRA-CADで作成した建物に、SketchUpで作成した家具や車を配置したり、SketchUpへ建物の3次元データを渡したりして、作業を続けることができます。

こうしたBIMっぽい機能が追加されたことで、昔からのDRA-CADユーザーも自然に、BIM導入の方向に進んでいくのかもしれませんね。

気になるお値段ですが、「DRA-CAD18」が19万円(税別)、2次元版の「DRA-CAD18 LE」が9万5000円(税別)です。2020年3月末まではそれぞれ17万1000円(税別)、8万5500円(税別)になるキャンペーン価格が適用されます。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事