センサー不要!NECがDJIドローン用に送電線の自動追尾ソフトを開発

2019年10月31日

管理人のイエイリです。

高圧の電力を送る送電線の点検はこれまで、作業員が鉄塔に上り、送電線に沿って移動しながら電線の異常の有無を目視点検していました。

当然、作業に当たっては送電を止めるとともに、高所作業ならではの安全対策が求められるなど、多くの労力と時間を要します。

従来の送電線点検作業の様子(以下の写真、資料:東北電力、NEC)

従来の送電線点検作業の様子(以下の写真、資料:東北電力、NEC)

そこで東北電力は、送電設備の保守点検業務の安全性向上や効率化を目的に、ドローン(無人機)を試行導入することにしました。

このドローンには、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

送電線を自動追尾

 

しながら、撮影する機能が付いているのです。(東北電力、NECのプレスリリースはこちら

送電線を自動追尾しながら飛行するドローン。2019年7月~8月に福島県内で行った実証実験の様子

送電線を自動追尾しながら飛行するドローン。2019年7月~8月に福島県内で行った実証実験の様子

このドローンはDJI製で、ズーム機能付きのカメラが搭載されています。送電線を自動検知し、送電線との適切な離隔距離を確保しながら飛行して、高精細な映像を自動的に連続撮影することが可能です。

2019年7月~8月に福島県南相馬市と浪江町内で実証実験を行ったところ、送電線の状態を点検できることを確認しました。

20191031-image03

ドローンが撮影した送電線。細かいより線の1本1本まで、鮮明に写っている

ドローンが撮影した送電線。細かいより線の1本1本まで、鮮明に写っている

送電線を自動追尾するため、ドローンに特別なセンサーなどは一切、取り付けていません。

ハードを増設する代わりに、日本電気(NEC)が開発した「ドローン用送電線自動追尾撮影ソフトウェア」を

 

コントローラーにインストール

 

しただけなのです。

センサーなどを増設していないので、ドローンの重量は変わらず、長時間の飛行が可能です。

ドローンによる「送電線自動追尾点検」のイメージや手順

ドローンによる「送電線自動追尾点検」のイメージや手順

ドローンが撮影した映像をソフトで処理することで、送電線の自動検知や追尾、離隔距離の確保を行うというのは、ナイスなアイデアですね。

東北電力では2019年度末に、送電設備の保守点検業務の安全性向上や効率化を図るため、ドローンを本格導入することを目指し、検討を進めていきます。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事