BIM

2017年10月16日
管理人のイエイリです。 ここ数年、海外からはコンクリート状の材料を使って、実物の建物を造形できる巨大3Dプリンターの話題が舞い込んできました。 ただ、その機能は垂直な壁を型枠なしで造形できるといった程度のものが多く、曲面や中空部材を造ったり、建築物や土木構造物に求められる強度や耐久性を実現したりする […].........続きを読む

2017年10月13日
管理人のイエイリです。 シンガポールで開催されたインフライベント、「イヤー・オブ・インフラストラクチャー2017(YII2017)」では、測量機器メーカーの米国トプコンとBIM/CIMソフトベンダーのベントレー・システムズが、両社のコラボレーションに関するプレスリリースを3つも発表しました。 両社が […].........続きを読む

2017年10月12日
管理人のイエイリです。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)で、様々なプロジェクト関係者が同時並行で設計や施工図作成を進めているとき、問題になるのはいかに最新版のBIMモデルを共有するかです。 日々の作業で発生するBIMモデルの変更部分は、建物の一部だけに偏っています。そのデータ量 […].........続きを読む

2017年10月11日
管理人のイエイリです。 2017年10月10日、シンガポールで、インフラをテーマにしたイベント「イヤー・オブ・インフラストラクチャー2017(YII2017)」(主催:ベントレー・システムズ)が開幕しました。 今回の大きなテーマは、なんと言っても「リアリティー・モデリング」です。ドローンで空撮した写 […].........続きを読む

2017年10月10日
管理人のイエイリです。 MicrostationなどのBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)/CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)関連ソリューションを開発、販売する米国企業、ベントレー・システムズ(Bentley Systems)は、毎年、「イヤー・オブ・イン […].........続きを読む

2017年10月5日
管理人のイエイリです。 長谷工コーポレーションは、2012年からマンションに特化した独自のBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)システム「長谷工版BIM」を開発し、実施設計案件も着実に増えています。 同社の強みはマンション建設で設計・施工比率が100%近いことです。そのためBIMモデ […].........続きを読む

2017年10月3日
管理人のイエイリです。 ここ数年、コンクリート系の材料を層状に積み重ねながら実物の建物や構造物を造る「3Dコンクリートプリンター」の開発が相次いでいます。 しかし、据え置き型のプリンターは設置や移動に手間がかかります。 そこで米国・カリフォルニアのベンチャー企業、カザ・コンストラクション・テクノロジ […].........続きを読む

2017年10月2日
管理人のイエイリです。 オランダのベンチャー企業、MX3Dは世界で初めて3Dプリンターで鋼製の人道橋を造るプロジェクトを進めてきました。これまでの取り組みは、当サイトでも2015年6月24日の記事で紹介しています。 当時は線や網状の部材を、空中に造形することだけでも試行錯誤を繰り返し、苦労の連続でし […].........続きを読む

2017年9月22日
管理人のイエイリです。 応用技術(本社:大阪市北区)はこれまで、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフトのシステム開発や導入教育などの事業を展開してきました。 また、トランスコスモス(本社:東京都渋谷区)はBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)や人材育成を強みに、「人と技 […].........続きを読む

2017年9月20日
管理人のイエイリです。 工場でホテルや寮などの部屋を丸ごと製作し、現場で積むだけで高層ビルを建設する「モジュラー・コンストラクション」という工法の採用が、北米やアジア太平洋地域などで増えています。 日本では、サトコウ(本社:新潟県上越市)が「SSUT(サット)工法」という名前で鉄骨造内外装仕上げユニ […].........続きを読む

2017年9月11日
管理人のイエイリです。 インフォマティクスは、マイクロソフトのホログラフィックコンピューター「HoloLens」と同社のAR(拡張現実)ソフト「GyroEye Holo」を使って、工事現場に実寸大のCAD図面や3Dモデルを表示する実証実験をいろいろな現場で行っています。 HoloLensはもともと屋 […].........続きを読む

2017年9月6日
管理人のイエイリです。 日本でもBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)やCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)が着々と導入され、海外とも競えるレベルになりつつあります。 日本のプロジェクトは発注者との守秘義務などを意識するせいか、海外のBIMアワードにはあまり積 […].........続きを読む

2017年9月5日
管理人のイエイリです。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)による建物の設計は、いまだに3DのBIMパーツを組み立てていく手作業が多いのが現状です。 特に階段は、ちょっと変わった形になると、踏み板を梁の要素を使って並べたり、手すりのBIMパーツを自作したりと大変でした。 こうした設 […].........続きを読む

2017年9月4日
管理人のイエイリです。 近所でプレハブ住宅の工事が行われていますが、現場にはサッシや外装タイルなどが取り付けられた壁の部材などがどんどん運ばれてきます。 その背景には、かなり完成品に近い部材を生産する工場があるに違いないと思っていましたが、なるほどと思わせるYouTube動画をセキスイハイムが公開し […].........続きを読む

2017年8月24日
管理人のイエイリです。 現実の風景に仮想の3Dモデルなどを重ねて見られるAR(拡張現実)用のデバイスとして、マイクロソフトのホログラフィックコンピューター「Microsoft HoloLens」が注目を集めています。 当ブログでもこれまで、東京大学構内のビル建設工事で現場にCAD図面などを表示する実 […].........続きを読む

2017年8月22日
管理人のイエイリです。 BIMソフト「MicroStation」のベンダーであるベントレー・システムズは、毎年秋に「Year in Infrastructure」という国際会議を大々的に開催しています。 そのハイライトとなるのが、世界の建築・土木プロジェクトを対象にBIMの活用内容を競う「Be In […].........続きを読む

2017年8月21日
管理人のイエイリです。 これまでのプレハブ建物は、完成した状態で運ぼうとすると車両幅や長さの制限があるので、サイズやデザインには限度がありました。 この常識を打ち破るプレハブ建物開発にチャレンジし、SNSなどで話題になっているのが、英国・オックスフォード州アビンドンにあるテン・フォールド・エンジニア […].........続きを読む

2017年8月18日
管理人のイエイリです。 日本の建築産業では、様々な業務でBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)が使われるようになり、各ユーザーはそのメリットをどう生かすかを日々、追求しています。 東京大学生産技術研究所の野城研究室を幹事とする「BIMによる建築生産イノベーションに関する特別研究会」は […].........続きを読む

2017年8月10日
管理人のイエイリです。 国産BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフト「GLOOBE」の最新版となる「GLOOBE 2018」が、2017年9月20日に福井コンピュータアーキテクトから発売されることになりました。 今回のバージョンアップの目玉とも言えるのが、GLOOBEで作ったBI […].........続きを読む

2017年8月9日
管理人のイエイリです。 東京の街並みは、大小様々なビルや橋、道路、鉄道などの土木構造物などからなり、3Dモデルにすると巨大なデータとなります。 インクリメントP、パスコ、キャドセンターは、東京23区のすべての建物にテクスチャーを付け、3次元都市データ化した「REAL 3DMAP TOKYO」を201 […].........続きを読む

2017年8月2日
管理人のイエイリです。 住宅展示場にあるモデルハウスを見て歩くと、マイホームへの夢が広がってきます。しかし、展示場に足を運べるのは時間に余裕のある休日くらいしかないので、機会も限られてしまいますね。 そこで、福井コンピュータドットコムは、24時間、365日見学可能な「3Dバーチャル住宅展示場(福井版 […].........続きを読む

2017年7月27日
管理人のイエイリです。 先日、東京・丸の内のホテルで、大林組が開催した記者懇談会に、建設マスコミの一端を担う当社も参加させていただきました。 会場には、大林剛郎会長や白石達社長をはじめとする役員や幹部からなる超豪華メンバーが顔をそろえていました。 会場には大林組の売り物とも言える技術について5枚のパ […].........続きを読む

2017年7月25日
管理人のイエイリです。 ドローン(無人機)から空撮した写真をもとに、現場の3Dモデルを作るのは国土交通省の「i-Construction」によるICT土工など、土木分野が中心でした。 ところが、三井不動産は、東京・日本橋にある再開発現場でドローンを飛ばし、 ナ、ナ、ナ、ナント、   ビル現 […].........続きを読む

2017年7月21日
管理人のイエイリです。 空調設備業界では、室内の空気の流れに関する課題を明らかにし、改善策を顧客に提案するのに苦労しています。 というもの、空気の流れは目に見えないため、空調設備の改修工事で、「ビフォー・アフター」がどのように変わるのかを、説明するのが大変だからです。 これまでは、部屋の内部空間や空 […].........続きを読む

2017年7月19日
管理人のイエイリです。 インターネットやパソコンなど、最近の工事現場には様々なIT機器が導入されていますが、現場での施工となるといまだに人の目と手による作業が幅をきかせているのではないでしょうか。 清水建設は、この伝統的な作業スタイルを大きく変える次世代生産システム「シミズ スマート サイト」を構築 […].........続きを読む

2017年7月18日
管理人のイエイリです。 2017年7月19日~21日の間、東京ビッグサイトで「第9回インフラ検査・維持管理展」が開催されます。会場では17日から、展示ブースの施工作業が始まりました。 インフォマティクスのブースでも、朝9時から作業が始まりましたが、ブースの造作を担う職人さんたちのスタイルはかなり変わ […].........続きを読む

2017年7月12日
管理人のイエイリです。 工事現場では、工事が予定通り進ちょくしているかどうかを、バーチャートやガントチャート、Sカーブなどで管理しています。 しかし、工程には様々な工種の工事が複雑に関係するため、現在の正確な進ちょく状況がわかるのは、経験豊富な工事関係者だけでした。 そこで、大成建設はBIM(ビルデ […].........続きを読む

2017年7月10日
管理人のイエイリです。 メガソフト(本社:大阪市北区)と言えば、住宅のプランを簡単に3Dモデル化し、様々な検討を行える「3Dマイホームデザイナー」というソフトで有名です。 同社はこの操作性を生かして、戸建て住宅から高層建築まで幅広く対応できる2D/3D建築プランニングソフト「3Dアーキデザイナー10 […].........続きを読む

2017年6月29日
管理人のイエイリです。 最近のビルには、建物内外のあちこちに温度や照度を測るセンサーやカメラなどの様々な情報機器が設置されています。 しかし、これらの情報は、空調や照明、セキュリティーなど、それぞれ閉じられたシステムのために使われてきました。 これではせっかくの情報がもったいないと、大林組は建物利用 […].........続きを読む

2017年6月23日
管理人のイエイリです。 建物の維持管理ではこれまで、設備などに問題が生じたとき、図面や台帳、様々なカタログなどの資料を引っ張り出して、目的の情報を探し出すまでに膨大な手間ひまがかかっていました。 この問題を解決するため、フジタとフジタビルメンテナンスは、病院向けにBIM(ビルディング・インフォメーシ […].........続きを読む

1 / 2112345...1020...最後 »
次ページへ »