BIM

2018年2月16日
管理人のイエイリです。 MetaMoJiが大林組と共同開発したデジタル野帳「eYACHO for Business」は、工事現場で発生する様々な施工管理情報を、iPadやWindowsタブレットに手書き文字や写真、音声などでスピーディーに記録できるツールとして導入現場が増えています。 従来の紙ベース […].........続きを読む

2018年2月15日
管理人のイエイリです。 ビルやトンネルなどの工事現場風景の上に、バーチャルな3DモデルやCAD図面などを重ねて見られるMR(複合現実)デバイスとして、「Microsoft HoloLens(マイクロソフト ホロレンズ)」が注目を集めています。 ただ、この機器は屋内用に開発されたため、ヘルメットと併用 […].........続きを読む

2018年2月6日
管理人のイエイリです。 日本の建設業ではBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)や国土交通省の「i-Construction」施策が普及し、ドローンによる測量やAI(人工知能)による維持管理など、様々なICT(情報通信技術)が導入されています。 果たして、こうした動きは世界的に見てどう […].........続きを読む

2018年2月5日
管理人のイエイリです。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の普及で、建材や設備を3Dモデル化した「BIMパーツ」の重要性がますます高まっています。 野原ホールディングスはこうした背景の下、世界最大のBIMデータライブラリーサイトを運営するスウェーデン・BIMobject社との合弁 […].........続きを読む

2018年2月2日
管理人のイエイリです。 建物や設備などを3Dで設計するBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフトは、従来の2次元CADに比べると図面の作成、修正が早いと言われるものの、各部材をマウスで一つ一つ、配置していく手作業がまだまだ多いのが実情です。 そこで米国マサチューセッツ州メドフィール […].........続きを読む

2018年2月1日
管理人のイエイリです。 2014年に閣議決定された「エネルギー基本計画」では、2020年までに新築の公共建築物で、2030年までに新築建築物での平均でZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)を目指すことになっています。 しかし、建築物省エネ法による適合性判定や届け出に使用されている「エネルギー消費性 […].........続きを読む

2018年1月30日
管理人のイエイリです。 欧米や中国などで、「3Dコンクリートプリンター」と呼ばれる巨大な3Dプリンターを使って、実際の建物や橋を建設する取り組みが活発に行われています。 オランダ・アムステルダムの南東約80kmに位置するサイビー・コンストラクション(CyBe Construction)社もその一つ。 […].........続きを読む

2018年1月26日
管理人のイエイリです。 建物で火災が発生したときに、中の人が安全に避難できることを証明する「避難安全検証法」として、建築基準法では一律の仕様規定に従う方法(ルートA)と、計算式で証明する方法(ルートB)、いくつものコンピューターシミュレーションによる方法(ルートC)の3つがあります。 建築ピボットは […].........続きを読む

2018年1月25日
管理人のイエイリです。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)やCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)、i-Constructionなどについての講演をよく頼まれます。 講演依頼を受ける企業もソフトベンダーや建設会社のほか、人材派遣や商工会議所、銀行のほか証券会 […].........続きを読む

2018年1月24日
管理人のイエイリです。 主要部材から電線に至るまで、現場を高精度でくまなく3Dで記録できる点群データの活用が広がりつつあります。 エリジオンの点群ソフト「InfiPoints」は、測量機器メーカー各社の3Dレーザースキャナーから膨大な量の点群データを取り込み、パソコンの画面上で視点や視界を変えながら […].........続きを読む

2018年1月9日
管理人のイエイリです。 日本の建築界におけるBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の普及に、海外からも注目が集まっているようです。 2017年も押し詰まった12月27日、BIMオブジェクトのダウンロードサイト「BIMobject」を運営するスウェーデンのBIMobject ABは ナ […].........続きを読む

2017年12月28日
管理人のイエイリです。 2017年も残すところあと3日となりました。今日または明日からお休みという職場も多いかもしれませんね。 そこで、2017年に公開した建設ITブログのうち、いったいどんな記事が人気があったのかを、アクセスログから調べてみました。 意外にも、第1位に輝いたのは、 ナ、ナ、ナ、ナン […].........続きを読む

2017年12月26日
管理人のイエイリです。 どんな住宅ができるのかを、設計段階で施主に理解してもらうのは、図面ではかなり難しいものです。 例えば、吹き抜けや大きな開口部、広いリビングルームの雰囲気などは、実際に住宅が建ってみないと、完全にはわからないというのがこれまでの常識でした。 そこで積水ハウスは、自社のCADシス […].........続きを読む

2017年12月19日
管理人のイエイリです。 既存建物の室内空間を計測し、3Dモデル化する方法としては、3Dレーザースキャナーを使って点群を計測する方法が一般的でした。 そこに「MATTERPORT PRO 3D CAMERA」という新たなデバイスが登場しました。室内を ナ、ナ、ナ、ナント、   4Kカメラで全 […].........続きを読む

2017年12月14日
管理人のイエイリです。 建物や設備の改修工事では、現場の状況を高精度で計測できる3Dレーザースキャナーはとても便利です。 レーザー光線が届かない部分は“死角”となるので、対象物の周囲にスキャナーを何度も移動させながら計測し、計測された点群を合成して1つにまとめます。 しかし、機器の裏側などに配管の接 […].........続きを読む

2017年12月13日
管理人のイエイリです。 建築設計事務所のフリーダムアーキテクツデザインは2016年8月、4号建築物の建築確認審査をBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフト、Revitデータを提出した住宅性能評価センターから、日本初の確認済証の交付を受けました。(詳細は、当ブログ2016年9月2日 […].........続きを読む

2017年12月8日
管理人のイエイリです。 現場の風景と、建物の3Dモデルを実寸大で重ねて見られるAR(拡張現実)用のゴーグル型コンピューター、「Microsoft (マイクロソフト)HoloLens(ホロレンズ)」が建設・不動産業界からの熱い注目を集めています。 ホロレンズを装着して建設予定地を眺めると、その場に建物 […].........続きを読む

2017年12月7日
管理人のイエイリです。 日本建設業連合会のBIM専門部会は2017年11月、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)をこれから導入する企業やうまく活用できていないゼネコンを対象に、「施工BIMのすすめ」を発刊しました。 12月5日に東京・八丁堀で同専門部会は、この冊子をテキストにして「 […].........続きを読む

2017年12月4日
管理人のイエイリです。 GIS(地理情報システム)と言えば、町や国、さらには地球上で起こっていることを地図上に整理して可視化し、分析するものです。地図をベースにしたシステムなので、これまでは“平面的”なイメージがありました。 しかし、これからはGISも“立体的”なシステムへと進化していきそうです。 […].........続きを読む

2017年11月28日
管理人のイエイリです。 日建設計はここ数年、異業種との連携を積極的に進めています。例えば、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ツール開発ではグラフィソフトやオートデスクと、AI(人工知能)やビッグデータ解析ではNTTや三井不動産と、人感センサー開発ではオムロンと、そして熱流体解析( […].........続きを読む

2017年11月27日
管理人のイエイリです。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)による設計が普及してきましたが、その設計プロセスは建物の各部を構成するBIMパーツを設計者が一つ一つ、パソコン上で組み立てていくという手作業が多いのではないでしょうか。 一方、将棋の世界ではAI(人工知能)が何十手も先を読 […].........続きを読む

2017年11月24日
管理人のイエイリです。 土木現場でのドローン(無人機)活用は、国土交通省の「i-Construction」施策の推進もあって、すっかりおなじみになりましたが、建築現場でも今後、普及していきそうです。 例えば、三井不動産は東京・日本橋の再開発現場でドローンを飛ばし、その空撮写真から建設中のビル現場を3 […].........続きを読む

2017年11月22日
管理人のイエイリです。 2017年11月20日、栃木・宇都宮で、とちぎ建築プロジェクト2017「第4回マロニエ学生BIM設計コンペティション」(主催:栃木県建築士事務所協会)の公開最終審査と表彰式が行われました。 今回の課題は、大谷石(おおやいし)の地下採掘場だった跡地に建設する「大谷石地下採掘場ビ […].........続きを読む

2017年11月17日
管理人のイエイリです。 米国・ラスベガスで11月14日~16日(現地時間)まで開催された「Autodesk University 2017」(主催:米国オートデスク)で、注目の国際的アワード、「2017 AEC Excellence Awards」の発表会がありました。 日本からは大林組と伊藤忠ソリ […].........続きを読む

2017年11月14日
管理人のイエイリです。 住宅を扱う建築設計者の間では、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)や3D設計ソフトの活用は当たり前になりつつありますが、施主の要望から設計プランを作る営業担当者にとって3Dソフトはまだまだ敷居が高い面もあるようです。 そこで大塚商会とマリエッタ(本社:東京都 […].........続きを読む

2017年11月13日
管理人のイエイリです。 日本を代表する建設会社からなる日本建設業連合会のBIM専門部会は、施工BIMを効果的に活用し、業界全体の生産性を向上させることを目指して、2014年には「施工BIMのスタイル」、2016年には「施工BIMのスタイル 事例集2016」を発刊しました。 いずれも、日建連メンバー各 […].........続きを読む

2017年11月2日
管理人のイエイリです。 せっかくBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフトで設計した建物でも、施工段階では従来の図面や紙の帳票による施工管理を行っている例は、いまだに多そうですね。 施工管理に紙を使うデメリットは、なにかとデータの転記作業が多くなることです。そのための作業時間や転記 […].........続きを読む

2017年10月30日
管理人のイエイリです。 最近、大規模化しているスポーツスタジアムでは、観客席の上部に屋根が配置されたり、開口部が複雑になったりしています。 その結果、グラウンドに敷き詰められた芝生の生育環境にとっては、厳しい状況が生まれています。日射・放射の熱がこもったり、風通しが悪くなったりして、芝生の表面が部分 […].........続きを読む

2017年10月27日
管理人のイエイリです。 土木、建築業界ではドローンで空撮した写真などをコンピューターで処理して、3Dモデルを作るフォトグラメトリー(写真測量技術)が幅広く使われています。 一般社団法人1964 TOKYO VRでは、この技術を使って ナ、ナ、ナ、ナント、   1964年当時の渋谷 &nbs […].........続きを読む

2017年10月23日
管理人のイエイリです。 これまで、建物内の静けさを確保するための遮音設計は、建築設計者が部屋のレイアウトを行った後、音響技術者がその図面を見ながら壁や床に求められる遮音性能を設定するのが一般的でした。 しかし、2次元図面を使って検討すると、上下間に複雑な吹き抜け空間があったりした場合、思わぬ見落とし […].........続きを読む

1 / 2212345...1020...最後 »
次ページへ »