周辺機器

2017年10月17日
管理人のイエイリです。 ここ数年、「100年に一度」などと言われる大規模で突発的な豪雨が増えています。 そこで、住民の避難や洪水対策、交通規制などをスピーディーに行うために必要になってくるのが、河川やアンダーパスなどの水位をリアルタイムに監視するシステムです。 しかし、従来の水位センサーは電源やネッ […].........続きを読む

2017年10月16日
管理人のイエイリです。 ここ数年、海外からはコンクリート状の材料を使って、実物の建物を造形できる巨大3Dプリンターの話題が舞い込んできました。 ただ、その機能は垂直な壁を型枠なしで造形できるといった程度のものが多く、曲面や中空部材を造ったり、建築物や土木構造物に求められる強度や耐久性を実現したりする […].........続きを読む

2017年10月13日
管理人のイエイリです。 シンガポールで開催されたインフライベント、「イヤー・オブ・インフラストラクチャー2017(YII2017)」では、測量機器メーカーの米国トプコンとBIM/CIMソフトベンダーのベントレー・システムズが、両社のコラボレーションに関するプレスリリースを3つも発表しました。 両社が […].........続きを読む

2017年10月10日
管理人のイエイリです。 MicrostationなどのBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)/CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)関連ソリューションを開発、販売する米国企業、ベントレー・システムズ(Bentley Systems)は、毎年、「イヤー・オブ・イン […].........続きを読む

2017年10月9日
管理人のイエイリです。 大規模な法面掘削を行うとき、豪雨や地震などで法面崩壊の予兆がないかを調べるため、施工中に法面の変位を計測することが欠かせません。 これまでは、最も変状が出そうな部分などに光波測距儀やGPSなどを設置して、地表面の動きを観測するのが一般的でしたが、設置できる機器の数には限りがあ […].........続きを読む

2017年10月5日
管理人のイエイリです。 長谷工コーポレーションは、2012年からマンションに特化した独自のBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)システム「長谷工版BIM」を開発し、実施設計案件も着実に増えています。 同社の強みはマンション建設で設計・施工比率が100%近いことです。そのためBIMモデ […].........続きを読む

2017年10月4日
管理人のイエイリです。 パナソニックの「タフパッド」は、雨や粉じん、落下などの過酷な使用に耐える頑丈なタブレットとして、様々な現場で使われています。 今回、タフパッドの「FZ-M1」に画期的な機能を追加したモデルとして新たに2つのソリューションモデルが開発されました。 その一つ、「空間採寸ソリューシ […].........続きを読む

2017年9月26日
管理人のイエイリです。 建設業はもちろん、製造業などでも実世界を3Dモデルで再現したデジタルコンテンツの開発が増えています。 これまで製造業では、レーザーレンジスキャナーや光学式3次元計測器などの装置が使われてきましたが、ネックになっていたのは装置が高価で、計測時の準備に手間がかかることでした。 そ […].........続きを読む

2017年9月25日
管理人のイエイリです。 独り暮らしの高齢者は、賃貸住宅への入居が難しいこともあります。 しかし、少子高齢化の時代を迎え、高齢者が安心して入居できる賃貸住宅のニーズは増える一方です。 そこでレオパレス21は、独り暮らしの高齢者でも安心して入居できる「高齢者見守りシステム」を装備した賃貸住宅の開発に乗り […].........続きを読む

2017年9月12日
管理人のイエイリです。 ドローンを使った地表面の3Dモデル化や土量計算では、空撮した写真からカメラの位置を求めるため、地上に「標定点」をいくつも設置し、その座標をトータルステーションなどで測量する必要があります。 現場の規模が大きくなると、ドローン空撮に先立つこの作業には、かなりの手間ひまがかかりま […].........続きを読む

2017年9月11日
管理人のイエイリです。 インフォマティクスは、マイクロソフトのホログラフィックコンピューター「HoloLens」と同社のAR(拡張現実)ソフト「GyroEye Holo」を使って、工事現場に実寸大のCAD図面や3Dモデルを表示する実証実験をいろいろな現場で行っています。 HoloLensはもともと屋 […].........続きを読む

2017年9月8日
管理人のイエイリです。 土木の世界に入ってくる若者が年々、減少しているのは、全国共通の悩みです。この業界に若者を呼ぶために、役所だけが動いても、建設会社だけが声を上げても難しい。 それなら、土木に関係する組織や人々、県民が一緒になって土木という仕事の魅力を発信していこうではないかと、静岡県交通基盤部 […].........続きを読む

2017年8月31日
管理人のイエイリです。 2011年の東日本大震災では、震源地から遠く離れた東京や大阪でも、長周期地震動によって超高層ビルが大きく揺れた例がありました。 その対策として、ビルの各階間にダンパーを取り付け、変位のエネルギーを吸収することによって揺れを抑える制震工事がありますが、建物の自然の揺れでダンパー […].........続きを読む

2017年8月29日
管理人のイエイリです。 バーチャルリアリティー(VR)コンテンツを見るとき、なにかとじゃまになるのがパソコンとVRゴーグルをつなぐケーブルです。 体の向きを変えたり、歩き回ったりするときに、ケーブルが体に巻き付いたり、長さが足りずに引っ張られたりするとVRに集中できなくなりますね。 そこで日本HPは […].........続きを読む

2017年8月28日
管理人のイエイリです。 交通事故などの夢を見て目覚めたとき、「ああ、夢でよかった」と胸をなで下ろした経験は、多くの人が持っているのではないでしょうか。 夢であっても、一度、こうしたコワい体験をしているとそれが教訓となり、同じような事故を起こさないように気をつけるようになりますね。 東急建設は、建設現 […].........続きを読む

2017年8月25日
管理人のイエイリです。 工事現場では、技術者が持ち歩く荷物を減らし、効率的に施工管理業務を行うためにiPadやiPhoneの活用が広がりつつあります。 そこでもネックとなるのが、現場での文章入力です。画面上で手書き入力するアプリはまだ良い方ですが、フリック入力するのはかったるいし、iOSに装備された […].........続きを読む

2017年8月24日
管理人のイエイリです。 現実の風景に仮想の3Dモデルなどを重ねて見られるAR(拡張現実)用のデバイスとして、マイクロソフトのホログラフィックコンピューター「Microsoft HoloLens」が注目を集めています。 当ブログでもこれまで、東京大学構内のビル建設工事で現場にCAD図面などを表示する実 […].........続きを読む

2017年8月23日
管理人のイエイリです。 国土交通省が推進するi-Constrution施策などで、ドローンによる3D測量はかなり普及したとは言え、ハード・ソフトの価格面から導入をためらっている企業も多いのではないでしょうか。 その理由の一つは、ドローン測量を始めるのに必要な初期コストが、高価なことです。 例えば、ド […].........続きを読む

2017年8月17日
管理人のイエイリです。 大塚家具は2017年3月に経営ビジョンを発表し、「暮らしのソリューション提案企業」として家具を季節ごとに更新するサブスクリプション化や、スマートフォンアプリ「IDC OTSUKA AR」によるシミュレーションなど、新しいビジネスモデルや新技術を積極的に導入しています。 同社は […].........続きを読む

2017年8月10日
管理人のイエイリです。 国産BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフト「GLOOBE」の最新版となる「GLOOBE 2018」が、2017年9月20日に福井コンピュータアーキテクトから発売されることになりました。 今回のバージョンアップの目玉とも言えるのが、GLOOBEで作ったBI […].........続きを読む

2017年8月8日
管理人のイエイリです。 日本列島をゆっくりと北上中の台風5号は、各地で河川の氾濫など大きな被害をもたらしています。 現在、河川氾濫の危険を把握するためには、人手による河川水位の上昇を目視確認することが必要です。 そこで茨城大学と日本電気(NEC)は、河川の画像をもとに氾濫の危険度の判断支援を行う「N […].........続きを読む

2017年8月7日
管理人のイエイリです。 コンクリート構造物の維持管理では、表面に生じた幅0.2mm以上のひび割れを見つけ、管理していくことが基本です。 しかし、長年、風雨にされされたコンクリート構造物の表面は、傷や汚れ、水ぬれなどの影響でひび割れが見えにくい場合がよくあります。 そこで首都高技術、産業技術総合研究所 […].........続きを読む

2017年8月4日
管理人のイエイリです。 建築工事などの現場では、床上の清掃作業が結構、大きな仕事になっています。 例えば、鉄骨の周囲に耐火材を吹き付ける耐火被覆工事では、床上に落ちた材料を清掃する作業が1日の作業量のうち約20%を占めているそうです。 この清掃作業を軽減するため、竹中工務店は岡谷鋼機と共同で清掃ロボ […].........続きを読む

2017年8月3日
管理人のイエイリです。 日本の下水道のうち約3%は建設後、50年が経過しており、2014年は下水管の腐食による道路陥没が約3300件も発生しています。 老朽化により点検の重要性はますます高まり、2015年の下水道法の改正により、特に腐食の恐れが大きい箇所は、5年に1回以上の点検が義務づけられました。 […].........続きを読む

2017年8月1日
管理人のイエイリです。 これまでの無人化施工や遠隔操作は、カメラやマイクで現場での視覚や聴覚をオペレーターに伝達し、その情報を元に重機や機械を操作してきました。 しかし、現場から離れているので、物の硬さや軟らかさなどの情報は、よくわかりませんでした。 そこで大成建設はイクシー(本社:東京都中央区)と […].........続きを読む

2017年7月31日
管理人のイエイリです。 工事現場で稼働するタワークレーンや工事用エレベーターなどが故障したとき、これまでは現場からの電話連絡で機械の保守を担当する技術者が現場に急行し、現物を調査、修理などの対応をするという流れが一般的だったのではないでしょうか。 これだと時間的なロスが多く、工程にも影響しかねません […].........続きを読む

2017年7月28日
管理人のイエイリです。 工事現場に出入りする車両の管理は、ゲート通過の際に紙台帳に手で書き入れるという方式が今でも一般的です。 車両のナンバープレートを入退場管理の係員を見て、登録された車両かどうかを照合しながら、入退場許可を出したり、記録したりというする作業は時間がかかります。 この作業を省力化す […].........続きを読む

2017年7月27日
管理人のイエイリです。 先日、東京・丸の内のホテルで、大林組が開催した記者懇談会に、建設マスコミの一端を担う当社も参加させていただきました。 会場には、大林剛郎会長や白石達社長をはじめとする役員や幹部からなる超豪華メンバーが顔をそろえていました。 会場には大林組の売り物とも言える技術について5枚のパ […].........続きを読む

2017年7月26日
管理人のイエイリです。 土石流や斜面崩壊などの危険がある現場では、建設機械を遠隔操縦する無人化施工が欠かせません。 この無人化施工を、普通の建設機械で行えるようにするため、建機レンタル会社のカナモト(本社:札幌市)、KGフローテクノ(本社:東京都港区)、富士建(本社:佐賀市)、アスラテック(本社:東 […].........続きを読む

2017年7月24日
管理人のイエイリです。 ドローン界のベンチャー企業、テラドローン(本社:東京都渋谷区)が北海道でドローンからのレーザー計測にチャレンジしています。 その一つは、北海道内の風力発電所開発予定地で大林組とともに行った計測です。 現場は森林で覆われていますが、レーザースキャナーを搭載したドローンで、上空か […].........続きを読む

1 / 2012345...1020...最後 »
次ページへ »