周辺機器

2017年2月20日
管理人のイエイリです。 建設業では、工事中の現場状況を記録した工事写真がとても重要です。 例えば、鉄筋コンクリート構造物の鉄筋径や配置は、コンクリートを打設してしまうと外から見えなくなってしまうため、工事代金を請求するときの「施工の証拠写真」としての意味もあるからです。 ここ数年間、あまり変化がなか […].........続きを読む

2017年2月17日
管理人のイエイリです。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)やCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)、そしてi-Constructionの推進により、現場を3次元の点群データで計測する機会が増えてきました。 点群データの取得方法も、現場の条件によってドローン( […].........続きを読む

2017年2月15日
管理人のイエイリです。 ドローン(無人機)界に彗星(すいせい)のように現れたベンチャー企業、テラドローン(本社:東京都渋谷区)が破竹の勢いで事業を拡大している件については、当ブログ2017年2月2日付けの記事でお伝えしたばかりです。 同社はその後も、2月7日に宮城県仙台市に東北支社を開設したほか、昨 […].........続きを読む

2017年2月13日
管理人のイエイリです。 IoT(インターネット・オブ・シングズ=モノのインターネット)とは、実物の建物や設備などの状態をデータ化して集め、コンピューターを使って情報を分析やシミュレーションを行い、現場に対して最適なフィードバックを行うというのが、基本的なイメージです。 少子高齢化の環境の下、老朽化し […].........続きを読む

2017年2月10日
管理人のイエイリです。 埋設管から別の管を分岐させたり、補修したりするとき、地中に埋まっている管の位置を正確に知ることは工事の生産性向上に欠かせません。 そこで大阪ガスとフジテコムは、地中の埋設管を高精度で探査できる新型パイプロケーター「PL-X」を開発。2月1日に発売しました。 その特徴は、地中で […].........続きを読む

2017年2月8日
管理人のイエイリです。 2016年度から国土交通省が始めた「i-Construction」政策のなかでも、3DデータやICT建機を使って施工するICT土工は、年間1000件以上の工事が発注され、急速に全国に広がっています。 その施工管理には、ドローン(無人機)から現場を写した連続写真のデータを、パソ […].........続きを読む

2017年2月6日
管理人のイエイリです。 建物の壁や梁などに電線や配管を通す穴、スリーブはコンクリート打設前にその位置や数、径などをしっかりと確認しておく必要があります。 もし、スリーブの位置や数などが間違ったままコンクリート躯体ができあがってしまうと、後で開け直すのは至難の業ですからね。 この確認作業を省力化するた […].........続きを読む

2017年2月3日
管理人のイエイリです。 鹿島は2016年7月、岩手県釜石市で施工中の国道45号唐丹第3トンネル工事で、NATM工法を使った大断面トンネル(掘削断面積110m2以上)として国内最高記録となる月間掘削距離270mを達成したことを、同年8月25日のプレスリリースで発表しました。 そして、この月進記録を達成 […].........続きを読む

2017年2月2日
管理人のイエイリです。 国土交通省のi-Construction政策によって、ドローン(無人機)の活用が急速に広がる日本に彗星(すいせい)のように現れたベンチャー企業、テラドローン(本社:東京都渋谷区)が破竹の勢いで事業を拡大しています。 1月17日には、以前から情報化施工の取り組みが進んでいた中部 […].........続きを読む

2017年1月27日
管理人のイエイリです。 非破壊検査機器のメーカー、KEYTEC(本社:神戸市に中央区)は、コンクリートなどの内部を探査する電磁波レーダー「ストラクチャスキャン SIR-EZ XT」を製造・販売しています。 2700MHzの高周波電磁波をコンクリート中に発信し、内部にある鉄筋を見つけるものです。 この […].........続きを読む

2017年1月25日
管理人のイエイリです。 一般的に風速は地上高が高いほど速いので、超高層マンションなどでは風速20m/sを超えることもあります。 こんな強い風が、バルコニーの手すりやルーバーなどの外装材に吹き付けると、「ブォーン」「ビーン」といった共鳴音や風切り音が発生し、夜も眠れないといった想定外の問題が発生するこ […].........続きを読む

2017年1月24日
管理人のイエイリです。 災害復旧現場などでの重機作業に使われる無人化施工は、これまで別の場所にいるオペレーターが運転席や中継車などに設置した複数のカメラから送られてくる映像を見ながら、重機を遠隔操作していました。 これらの映像は、平面のモニターに表示されるため、バックホーのバケット位置などを確認する […].........続きを読む

2017年1月20日
管理人のイエイリです。 以前、鋼橋の橋桁内に入ったことがありますが、内部は暗くて隔壁のような補強材を通り抜けながら移動するのが大変だった思い出があります。 今後は、完成から年月がたった橋梁が増えてくることもあり、点検のノウハウを若手の作業員や技術者に伝授していくことも重要になりつつあります。 そこで […].........続きを読む

2017年1月19日
管理人のイエイリです。 国土交通省の「i-Construction」政策で、ICT建機の需要も増えてきました。 これに対応して、トプコンはバックホーなどショベル用のGNSSマシンガイダンスシステム「X-53i」をこのほど発売しました。 GNSS(全地球測位システム)による建機自体の位置情報取得技術と […].........続きを読む

2017年1月18日
管理人のイエイリです。 他の業界に比べて、建設業は打ち合わせの議事録をきちんと残す習慣があります。 そういえば、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)を使った設計変更でも、その時の施主の指示などを、BIMモデルとともに残しておきたいというニーズは、聞いたことがあります。 しかし、1時 […].........続きを読む

2017年1月17日
管理人のイエイリです。 フリーダムアーキテクツデザイン(本社:東京都中央区)といえば、日本で初めて建築確認申請にBIMモデルを提出し、昨年8月に確認済証を交付された設計事務所として知られています。(2016年9月9日付けの当ブログ記事を参照) 同事務所のBIM活用は、その後も進化しています。2017 […].........続きを読む

2017年1月16日
管理人のイエイリです。 国土交通省の「i-Construction」推進によるICT土工の発注が増え、施工に使うICTブルドーザーの需要も増えています。 そこで、一般のブルドーザーを改造してICT化するケースも出てきますが、情報化施工用の3Dマシンコントロールシステムを後付けすると、GNSS(全地球 […].........続きを読む

2017年1月12日
管理人のイエイリです。 鹿島・竹中土木・三井住友建設のJVが大分市内で施工中のロックフィルダム、大分川ダムでは堤体の中央で水を食い止める「コア」部分の盛り立て作業が進んでいます。 コア材となる土を55t級の巨大ダンプトラックで現場に運び込み、所定の場所に荷降ろしします。ダンプが現場を立ち去ると、今度 […].........続きを読む

2017年1月11日
管理人のイエイリです。 リコーと言えば、超小型の全天球カメラ「THETA」シリーズの開発・販売で知られています。 工事現場の施工管理やドローン(無人機)に積んでの空撮、ダウンライト穴から差し込んで天井裏の撮影など、建設業でも便利に使われています。 しかし、撮影した写真や動画は一度、メモリーに保存して […].........続きを読む

2017年1月10日
管理人のイエイリです。 グラフィソフトが開発・販売する「ARCHICAD」で作ったBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)モデルを手軽に見られる「BIMx」というソフトがあります。 これまではiPadやAndroid版タブレット、スマートフォンを使って、お施主さんとの打ち合わせや、設計 […].........続きを読む

2016年12月27日
管理人のイエイリです。 12月20日、3Dプリンターで製作された歩道橋がスペインで完成したという記事を掲載しました。 この記事では、スペインの企業が「D-SHAPE」という巨大3Dプリンターを購入して、歩道橋を製作したと書きました。 そこで、当サイトではこの歩道橋の製作に使われた「D-SHAPE」の […].........続きを読む

2016年12月22日
管理人のイエイリです。 ドローン(無人機)は現在、プロのパイロットなどの専門家によって航空法や気象条件などを考慮しながら、目視できる範囲で飛行させる方法が主流です。しかし、近い将来、人間の技量に頼らない自動運転の方向に進んでいくのかもしれません。 KDDI、プロドローン、ゼンリンの3社はこのほど、モ […].........続きを読む

2016年12月20日
管理人のイエイリです。 3Dプリンターが巨大化し、建設機械になりつつあります。 スペイン・マドリード近郊のアルコベンダス市(Alcobendas)でこのほど、驚くべき構造物が完成し、お披露目されました。 その構造物というのは、 ナ、ナ、ナ、ナント、   3Dプリンターで製作   […].........続きを読む

2016年12月13日
管理人のイエイリです。 生コンを練り混ぜてから打設までの時間が長すぎると固くなって型枠内に充てんしにくくなったり、コンクリート打ち重ねの時間が長すぎるとコールドジョイントと呼ばれる不連続面ができたりします。 特にダムや道路など、広範囲に行うコンクリート打設を行うとき、施工管理者はこれらの時間管理にと […].........続きを読む

2016年12月12日
管理人のイエイリです。 静岡市袋井市にあるエコパスタジアムは、2002年に開催された国際サッカー連盟(FIFA)ワールドカップの会場にもなった静岡県内最大の競技場です。 その維持管理で重要なのが屋根幕の点検です。これまでは専門の作業員が屋根に上り、目視で穴が開いていないかなどをチェックしていましたが […].........続きを読む

2016年12月9日
管理人のイエイリです。 様々な家電や設備などの組み込みシステムとして使われている「TRON」をテーマにしたイベント、「2016 TRONSHOW」が12月14日~16日、東京ミッドタウンで開催されます。 1986年以来、33回目の開催となる今年のテーマは「IoT動く」です。IoTとは様々な機器などを […].........続きを読む

2016年12月8日
管理人のイエイリです。 東日本旅客鉄道(JR東海)では今年度から東海道新幹線の無道床橋梁で、脱線防止ガードの設置を進めています。 無道床橋梁とは、橋桁の上にバラスト(砕石)を敷かず、直接まくらぎを取り付けてレールを敷設した橋梁のことです。 この区間のまくらぎには、驚くべき事情が隠されています。 ナ、 […].........続きを読む

2016年12月7日
管理人のイエイリです。 日本初のドローンプラットフォームとして、2016年5月にオープンしたドローン専用飛行支援地図サービス「SORAPASS」は、改正航空法による飛行禁止区域などが分かる地図や、飛行申請書作成サポート機能などを備えています。     2016年10月末現在、会員 […].........続きを読む

2016年12月5日
管理人のイエイリです。 不動産投資開発会社のクリード・グループは、日系企業としてカンボジアで初の大規模コンドミニアム「ボダイジュ・レジデンス(Bodaiju Residence)」を建設中です。 900戸を超える規模で、2016年2月に開催されたカンボジア・プロパティ・アワードの「ベスト・コンド・デ […].........続きを読む

2016年12月2日
管理人のイエイリです。 京セラグループのKCCSモバイルエンジニアリング(本社:東京都港区)は、モバイルやワイヤレス関連のインフラ構築事業を通じて、数々の現場管理のノウハウを持っています。 そこでこのほど、同社のノウハウを凝縮して、様々な現場業務に活用できるように汎用化した現場管理用のクラウドサービ […].........続きを読む

1 / 1712345...10...最後 »
次ページへ »