3D(599) /3Dプリンター(61) /AI(22) /BIM(614) /CAD(208) /CIM(327) /VR(19) /イベント(52) /クラウド(220) /シミュレーション(198) /スマートグリッド(44) /スマートハウス(39) /トピックス(234) /ドローン(37) /ロボティクス(146) /周辺機器(591) /建設ICT(137) /施工管理(394) /未分類(8) /省エネ(134) /経営(73) /維持管理(366) /防災(131) /
2016年10月5日
管理人のイエイリです。 国土交通省が推進する「i-Construction」政策によって、ドローン(無人機)による空撮写真を使った土工の土量計算や出来形管理が急速に普及しつつあります。 航空測量大手のパスコは、従来の実機による航空測量から、ドローンによる3次元測量へと事業を拡大し、2016年6月には […].........続きを読む

2016年10月4日
管理人のイエイリです。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)を使った仮想設計コンペ、「Build Live Japan 2016」(以下、BLJ。主催:buildingSMART Japan)が昨日(10月3日)の13時にスタート、10月7日の13時まで96時間の熱戦の火ぶたが切ら […].........続きを読む

2016年10月3日
管理人のイエイリです。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)を使ったコンペと言えば、今年で8年目を迎えた仮想コンペ、「Build Live Japan」が有名です。今年も10月3日~7日にかけて、千葉県木更津市を舞台に開催されます。 一方、高知県中土佐町は、新庁舎建設の基本設計を […].........続きを読む

2016年9月30日
管理人のイエイリです。 ベントレー・システムズは、MicroStationなど同社のソフトユーザーを対象に「BE INPIRED AWARDS」を毎年、開催し、建築や土木、まちづくりなどの優秀プロジェクトを選出し、表彰しています。 今年は、17分野で「イノベーション(革新)」をテーマに審査が行われま […].........続きを読む

2016年9月29日
管理人のイエイリです。 三菱電機は、クルマで道路を走行しながら路面や周囲の街並みを3次元の点群データで計測する「モービルマッビングシステム(以下、MMS)」の有力メーカーとして知られています。 これまでは、クルマの屋根に3DレーザースキャナーやGPS装置を搭載し、 車内をバッテリーやセンサーボックス […].........続きを読む

2016年9月28日
管理人のイエイリです。 インテリア業界向けのITサービスを提供するリビングスタイルは、AR(拡張現実)技術で自宅に実物大の家具を仮想的に3Dモデルを配置できるスマートフォン用アプリ「RoomCo(ルムコ)」(iOS版、Android版)を提供しています。 収録されているインテリア製品は9月26日現在 […].........続きを読む

2016年9月27日
管理人のイエイリです。 太陽光パネルを設置するとき、気をつけなければいけないのが反射光害です。太陽光パネルで反射した太陽光が近所の家に迷惑をかけることがあるからです。 これまでもBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフトなどで解析する手法はありましたが、事前に3Dモデリングを行う必 […].........続きを読む

2016年9月26日
管理人のイエイリです。 VR(バーチャル・リアリティー)元年と言われる今年、建設関連のソフトベンダーからは、ヘッドマウントディスプレーを使って、建物の広さ感や高さ感をなどをリアルに体験できるシステムが続々と発売されています。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)界の巨人、オートデス […].........続きを読む

2016年9月23日
管理人のイエイリです。 東京・中央区の東映グループ会社、ログログはこのほど、家具や建材などのBIMパーツをダウンロードし、BIMソフトでの設計に利用できる建築建材総合検索サイト「Arch-LOG」を立ち上げました。 BIMソフトのRevitやArchiCAD、SketchUp用にそれぞれ作られたプラ […].........続きを読む

2016年9月21日
管理人のイエイリです。 山岳トンネル工事は、工事区間が長いため、事前の調査・設計段階で想定していた地質条件と違っていることがよくあります。 そのため、施工段階ではトンネル最前線の切羽(きりは)をよく観察し、地質を判定しながら、トンネル内壁を支える支保工のパターンを変えたり、崩落に備えてトンネル上部を […].........続きを読む

2016年9月20日
管理人のイエイリです。 不動産の賃貸、売買では、インターネットを使って物件に目星を付け、これぞという物件が見つかったときだけ実際に物件見学に出掛けるというのが一般的になってきました。 大京穴吹不動産は、このインターネットによる物件選びを加速する新サービス「ぐるっとネット de オープンルーム VR」 […].........続きを読む

2016年9月16日
管理人のイエイリです。 「親しみやすい店」をモットーに経営改革に取り組む大塚家具は、店舗を入りやすい雰囲気やデザインにするなど、新規顧客開拓に努めています。 同社はさらに気軽に、オリジナル商品を選んでもらえる新兵器として、スマートフォン用のアプリ「IDC OTSUKA AR」を導入しました。 AR( […].........続きを読む

2016年9月15日
管理人のイエイリです。 ドローン(無人機)を使って工事現場の空撮や3Dモデル作成、切り土・盛り土の土量計算などを行うためには、様々な“難関”が待ち構えています。 現場の空撮にはドローンを選んで購入し、飛行許可の申請を行う必要があります。その後はカメラを設定してドローンを飛ばし、膨大な写真をパソコンで […].........続きを読む

2016年9月14日
管理人のイエイリです。 工事現場でドローンによる空撮や測量を行うため、ドローンを練習したいけど、適当な場所が見つからないという人も多いでしょう。 関西方面の方にオススメなのが、大阪府能勢町にある能勢高原ドローンフィールドです。 その広さは、11万8000m2もあり、 ナ、ナ、ナ、ナント、   […].........続きを読む

2016年9月13日
管理人のイエイリです。 土木工事では様々な現場でCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)が導入されていますが、悩みのタネは煩雑な3次元CADの操作です。 そこで大成建設は手軽に操作できる山岳トンネル用のCIMシステム「T-CIM/Tunnel」を開発し、実際の施工現場に導入しまし […].........続きを読む

2016年9月12日
管理人のイエイリです。 最近は異常気象による大雨で、道路や鉄道の法面(のりめん)が破壊されたというニュースをよく見聞きします。 他の構造物と同様に、盛り土や切り土の法面も更新時期に入っているものが多くなり、崩壊の前兆を、スピーディーに検知することが求められています。 そこで、大林組は突発的な法面崩壊 […].........続きを読む

2016年9月9日
管理人のイエイリです。 昨日(9月8日)、東京・芝公園でオートデスクのユーザーイベント「AU Japan 2016」が開催されました。 「INSIGHT. INNOVATION. INSPIRATION.」(洞察、革新、ひらめき)をテーマに、建設やものづくり、エンターテインメントのほか、医療やロボッ […].........続きを読む

2016年9月8日
管理人のイエイリです。 オートデスクの3次元CAD「AutoCAD」は、今年から永久ライセンスの新規販売がなくなり、使用期間ごとに使用料を払うサブスクリプション方式になりました。 例えば、最新版の「AutoCAD 2017」を1年間サブスクリプションすると、1本あたり25万7000円(税別)という料 […].........続きを読む

2016年9月7日
管理人のイエイリです。 アドバンスドナレッジ研究所(本社:東京都新宿区)が開発・販売する熱流体解析(CFD)ソフト「FlowDesigner」は、建築設計者がビル風や自然換気などを手軽に解析できるソフトとして知られています。 もちろん、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)モデルと連 […].........続きを読む

2016年9月6日
管理人のイエイリです。 スナイパーを主人公とした劇画、「ゴルゴ13」では、ビル間のごくわずかなすき間から「バキューーーーーン」とターゲットを狙撃するシーンがあります。 しかし、今年5月に三重県で開催された伊勢志摩サミットに、もしゴルゴ13が派遣されていたとしても、すぐに捕まってしまったのではないでし […].........続きを読む

2016年9月5日
住宅分野のプレゼンソフト「ALTA」や3次元CAD「建築Vision」などで知られるコンピュータシステム研究所(東京本社:東京都新宿区)が、さらに建築分野のBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)や土木分野の「i-Construction」などに、事業を拡張していたことが明らかになりま […].........続きを読む

2016年9月2日
管理人のイエイリです。 欧米やシンガポールなどでは、建築確認申請にBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)のモデルデータ添付が義務づけられています。 一方、日本ではBIMの義務づけまでは行っていませんが、先月、あっという出来事があったことが明らかになりました。 確認検査申請の審査機関で […].........続きを読む

2016年9月1日
管理人のイエイリです。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の普及に伴い、建材・設備のBIMパーツニーズが高まっています。 東京・中央区のログログはこのほど、建材・設備などのBIMパーツをダウンロードし、BIMソフトでの設計に利用できる建築建材総合検索サイト「Archi-LOG」を […].........続きを読む

2016年8月31日
管理人のイエイリです。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)による設計が普及した今、実務者の間でときどき聞かれるのが「“I”のないBIM」という言葉です。 つまり、3Dで建物をモデリングしたのはいいけれど、BIMのもう1つの特徴である属性情報(Information)をほとんど有効 […].........続きを読む

2016年8月30日
管理人のイエイリです。 裸の地山と直接、向き合いながら施工を進めていく山岳トンネル工事は、自然が相手なだけに岩盤の崩落や出水など、危険と隣り合わせです。 これまでもボーリング調査などで、断層や湧水帯の位置を調査することは行われてきましたが、断片的な情報だと予測できることにも限りがあります。 そこで、 […].........続きを読む

2016年8月29日
管理人のイエイリです。 国産BIMソフトベンダーの福井コンピュータアーキテクトは9月14日、同社のBIMソフト最新版「GLOOBE 2017」(PDFリリース)に発売します。 その新機能がこのほど、明らかになりました。今回、力を入れているのは設備や構造との連携です。 設備との連携では、 ナ、ナ、ナ、 […].........続きを読む

2016年8月26日
管理人のイエイリです。 3Dモデルとバックホーを使って、オペレーターだけで盛り土や切り土を施工する「マシンガイダンス」という情報化施工の方法は、国土交通省の「i-Constrution」の推進もあり、全国で普及しつつあります。 ただ、マシンガイダンスに対応した重機を使うためには1000万円近い投資が […].........続きを読む

2016年8月25日
ドローン(無人機)による空撮写真や、3Dレーザースキャナーで計測した点群データが手軽に利用できるようになったことで、測量CADの世界も大きく変わろうとしています。 福井コンピュータは、これまで測量CAD「BLUETRENDシリーズ」を発売してきましたが、新測量CADシステム「TREND-ONE」(P […].........続きを読む

2016年8月24日
管理人のイエイリです。 VR(バーチャルリアリティー)元年と言われる今年、設計事務所や工務店などが住宅のプランを施主にプレゼンテーションする方法もどんどん変わっていきそうです。 コンピュータシステム研究所(本社:宮城県仙台市)は、同社の住宅プレゼンシステム「ALTA」で作った住宅の3Dプランを、VR […].........続きを読む

2016年8月23日
管理人のイエイリです。 慢性的な人手不足に悩む工事現場では、施工内容に合った専門工事会社を確保するのが大きな課題になっています。 しかし、新たな相手先を探す情報は少なく、過去に取引実績のない相手先への工事依頼は不安がつきまといます。 そこでMCデータプラス(東京都港区)は、専門工事会社同士で下請け会 […].........続きを読む

≪ 新しい記事
前の記事 ≫