3D(599) /3Dプリンター(61) /AI(22) /BIM(614) /CAD(208) /CIM(327) /VR(19) /イベント(52) /クラウド(220) /シミュレーション(198) /スマートグリッド(44) /スマートハウス(39) /トピックス(235) /ドローン(37) /ロボティクス(146) /周辺機器(592) /建設ICT(137) /施工管理(395) /未分類(8) /省エネ(134) /経営(73) /維持管理(367) /防災(132) /
2015年6月24日
管理人のイエイリです。 建設業界ではBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)やCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)の普及とともに、3Dプリンターの活用が進みつつあります。 それも建築模型やサッシのモックアップといった小さなものだけでなく、最近はコンクリートを造形 […].........続きを読む

2015年6月23日
管理人のイエイリです。 国土交通省関東地方整備局は、2010年度の新宿労働庁舎、2011年度の前橋合同庁舎に続く3件目のBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)導入プロジェクトとして、土浦労働総合庁舎(茨城県土浦市)の基本・実施設計を今年度に行います。 今回のプロジェクトは、総合評価型 […].........続きを読む

2015年6月22日
管理人のイエイリです。 工事現場のコンプレッサーやエンジンなどから出る低周波騒音は、吸音や遮音対策を行ってもなかなか減衰させることができません。 そこで大阪ガスは、100Hz以下の特に低い低周波騒音を簡単に低減できる装置「スポットサイレンサー」を開発し、7月1日にササクラ(大阪市西淀川区)が発売する […].........続きを読む

2015年6月19日
管理人のイエイリです。 工事現場などで起こる様々な「事実」を文章や表、図などでその場で記録できる「野帳」は、現場で仕事をする技術者にとって必携のツールと言えるでしょう。 胸ポケットに1つあれば、記録が必要になった時にさっと取り出し、ハードカバーを下敷きとして使いながらスピーディーに記録できる機動力は […].........続きを読む

2015年6月18日
管理人のイエイリです。 設計者や施工管理者がいざ、出張となるとBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフトが入ったワークステーションやデジタルカメラ、ヘルメットなどの重装備をキャスターバッグに積み込んでの移動になりがちです。 そして、いざ作業をしようとなると、作業用のテーブル確保に困 […].........続きを読む

2015年6月17日
管理人のイエイリです。 ジャパンホームシールドは、1993年に戸建て住宅の地盤調査の業務を開始し、全国各地でコツコツと業務を続けてきた結果、2014年には累計100万棟を突破しました。 これを記念して、同社は今年6月、新「地盤サポートマップ」を無償で一般公開しました。メーンコンテンツとなる「地耐力」 […].........続きを読む

2015年6月16日
管理人のイエイリです。 国土技術政策総合研究所(以下、国総研)のウェブサイトでは、木造住宅が地震動でどのように倒壊するのかをリアルに解析する木造住宅の倒壊解析ソフトウェア「wallstat(ウォールスタット)」が公開されています。 国総研の建築研究部材料・部材基準研究室で主任研究官を務める中川貴文さ […].........続きを読む

2015年6月15日
管理人のイエイリです。 コンクリート構造物のチェックには、これまでは専門家が小さなハンマーなどで表面をたたき、その音で「浮き」や「空洞」の位置を判断し、記録するという手間ひまのかかる作業が必要でした。 東芝がこのほど開発したコンクリート探傷システムは、この作業を大幅に効率化しました。 というのも、コ […].........続きを読む

2015年6月12日
管理人のイエイリです。 エレベーターのリニューアル工事を行う際、これまではかごが上下に移動する昇降路の内部寸法を作業員がメジャーで測り、技術者がCADで図面を作成していました。 この方法だと、エレベーターの停止時間が90分程度、その後の図面作成に4時間程度の時間がかかっていました。 そこで日立製作所 […].........続きを読む

2015年6月11日
管理人のイエイリです。 日本発のBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフトとしてここ数年、存在感を増してきた福井コンピュータの「GLOOBE」の最新版、「GLOOBE 2016」(PDF)が7月28日に発売されることになりました。 今回のバージョンアップの目玉は、なんと言ってもBI […].........続きを読む

2015年6月10日
管理人のイエイリです。 東日本大震災で被災した東北大学は、ライフラインの停止により学内のトイレ利用環境が極めて悪化しました。 そこでLIXILと東北大学大学院工学研究科都市建築学専攻の石田壽一教授、小林光准教授らの研究グループは、災害時にもトイレを快適に使える「ゼロ・エネルギー・トイレ(以下、ZET […].........続きを読む

2015年6月9日
管理人のイエイリです。 米国オートデスク社は最近、「リアリティー・コンピューティング(Reality Computing)」というコンセプトを打ち出し、同社のBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)やCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)関連ソフトと、3Dレーザー […].........続きを読む

2015年6月8日
管理人のイエイリです。 3Dレーザースキャナー関連の技術や製品が一堂に集まる展示会・セミナーイベント「SPARJ2015」が今年も6月3日~4日、川崎市産業振興会館で開催されました。 年々、出展社や参加者が増えているこのイベントは、今年で11回目を迎え、展示ブースは39まで増えました。 そのため、展 […].........続きを読む

2015年6月5日
管理人のイエイリです。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)で建設業の生産性を向上させるための原理原則とも言えるのが、後工程で発生する問題を前倒しで解決する「フロントローディング」です。 従来は図面を大量に作成する段階にあったマンパワーの投入ピークを、建設コストを削減しやすい前段階 […].........続きを読む

2015年6月4日
管理人のイエイリです。 工事を始める前に、近隣住民を対象に行う説明会で、工事でどのくらいの騒音が発生するのかを説明する場面はよくあります。 しかし、「この場所では最大80デシベルです」などと、数値データを挙げて説明しても、一般の人にはなかなかわかってもらえません。 そこで清水建設は、工事現場などから […].........続きを読む

2015年6月3日
管理人のイエイリです。 最近、工事現場で普及が進み、生産性向上が期待されているドローン(無人飛行機)ですが、その一方では重要施設への接近など、セキュリティー面での課題も浮き彫りになっています。 そこで沖電気工業(OKI)は、重要施設や大保集客施設の安全やプライバシーを、ドローンの悪用や事故から守るた […].........続きを読む

2015年6月2日
管理人のイエイリです。 建物や設備のリニューアル工事にBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)を活用するカギは、いかに効率的に既存の建物や設備を3Dモデル化できるかにかかっていると言っても過言ではありません。 設備工事の大手、東洋熱工業(本社:東京都中央区)は、リニューアル工事の高品質 […].........続きを読む

2015年6月1日
管理人のイエイリです。 山岳トンネルや大深度トンネルは、地表から地山の状態を事前に調査するのが難しいため、掘削中にどんな不良地山が出現するのかがわかりません。 そこで、大成建設は掘削中の山岳トンネルで、「切羽(きりは)」と呼ばれる掘削最前面の前方にある地山の状況をビジュアル化するシステムを開発しまし […].........続きを読む

2015年5月29日
管理人のイエイリです。 インターネットの普及で、大きな計算をクラウド上の大型計算機で行うことも容易にできるようになってきました。 その一方、クラウド上にある公共研究機関や民間のコンピューターは大きな計算をしようとすると、利用時期に制約が多いことも課題です。 大林組技術研究所(東京都清瀬市)は、社外の […].........続きを読む

2015年5月28日
管理人のイエイリです。 オフィスのレイアウト変更などの際に、付きものなのが照明とスイッチの配線工事です。 従来は各照明器具への電源ケーブルのほか、制御用の信号線の配線工事もあり、変更には大変な手間がかかりました。 パナソニックが7月に発売するLED照明「PiPit調光シリーズ」は、照明器具ごとにオン […].........続きを読む

2015年5月27日
管理人のイエイリです。 土木分野におけるCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)の技術面を検討する「CIM技術検討会」がまとめた「CIM 技術検討会平成26年度報告」(PDF)が、日本建設情報総合センター(JACIC)のウェブサイトで5月22日に無料公開されました。 この年度は1 […].........続きを読む

2015年5月26日
ビルの壁面などに映像作品を上映する「プロジェクションマッピング」は、これまで東京駅の100周年記念イベントやさっぽろ雪まつりなどで行われ、大きな話題を集めました。 今週の土曜日、5月30日の夜は、 ナ、ナ、ナ、ナント、   山口県の錦帯橋   で初めて、プロジェクションマッピング […].........続きを読む

2015年5月25日
管理人のイエイリです。 建設業では、修正事項を朱書きした図面や、配布資料にある図など、紙図面をデジタルで保存しておきたいシーンが数々あります。 そんなとき、手っ取り早いのが、スマートフォンのカメラ機能で撮影する方法です。しかし、得られた画像は明るさが不均一になったり、ひずんだりしてと画質の点ではイマ […].........続きを読む

2015年5月22日
管理人のイエイリです。 夜間の防犯や台風などの災害時に、窓シャッターはマイホームの強力な武器となります。しかし、すべての窓シャッターを朝夕に開けたり閉めたりするのは大変ですね。 そこで、文化シヤッターは、窓シャッターの開け閉めを指1本で行える電動窓シャッター「マドマスター・スマートタイプ」を6月1日 […].........続きを読む

2015年5月21日
管理人のイエイリです。 電車や地下鉄など、電力で長距離を走る交通機関は、架線や第3軌条など、車両に電力を供給するラインと、パンタグラフや集電シューなどを接触させて走る必要があります。 その常識が最近、変わり始めました。というのも、電力をワイヤレスで送る方法が開発されてきたからです。 東京大学大学新領 […].........続きを読む

2015年5月20日
管理人のイエイリです。 NTTデータとリモート・センシング技術センター(RESTEC)は、2014年2月から世界で初めて、人工衛星から撮影した画像をもとに作成した5mメッシュという高解像度の数値標高モデル「全世界デジタル3D地図提供サービス」を提供しています。 世界中の陸地の起伏を表現する3D地図と […].........続きを読む

2015年5月19日
管理人のイエイリです。 社会インフラの維持管理や長寿命化に欠かせないのが、日々の点検です。 橋梁や工場設備では、腐食や溶接部が多く、表面を見ただけでは内部の状況がよくわからない場合も多々あります。 そんなときに便利に使えるのが、携帯式の超音波探傷器です。オリンパスはこのほど、同社の超音波探傷器「EP […].........続きを読む

2015年5月18日
管理人のイエイリです。 危険な場所などで作業するために、これまでも無人の重機で施工する「無人化施工」という方法が使われてきました。 しかし、その裏にはオペレーターがちゃんといて、モニター画面を見ながら人間の手で重機を操ることは、従来の施工と変わりませんでした。 ところが鹿島がこのほど開発した次世代建 […].........続きを読む

2015年5月15日
管理人のイエイリです。 5月14日から16日(現地時間)、米国・アトランタでアメリカ建築家協会の全米大会(AIA Convention 2015)が開催されています。 それに先立つ13日の夜、AIA TAP(Technology in Architectural Practice)委員会が主催する恒 […].........続きを読む

2015年5月14日
管理人のイエイリです。 これまでオーディオ機器のスピーカーを設置して、ゆっくり音楽を聴ける部屋は、居間や書斎などが多かったのではないでしょうか。 一方、キッチンや洗面所、倉庫などは比較的、多くの時間を過ごすにもかかわらず、音楽との縁がうすかったように思います。 こうした空間に、音楽を導入しようと、ソ […].........続きを読む

≪ 新しい記事
前の記事 ≫