3D(661) /3Dプリンター(67) /AI(45) /BIM(652) /CAD(229) /CIM(359) /VR(35) /イベント(53) /クラウド(258) /シミュレーション(210) /スマートグリッド(47) /スマートハウス(42) /トピックス(248) /ドローン(59) /ロボティクス(173) /周辺機器(655) /建設ICT(155) /施工管理(446) /未分類(9) /省エネ(140) /経営(92) /維持管理(415) /防災(150) /
2015年11月26日
管理人のイエイリです。 冬のドライバーにとって重要なのは、路面の積雪状態を正確に把握することです。 シャーベットや圧雪、凍結などを瞬時に見分けることは難しく、特に夜間はとても困難です。 そこでブリヂストンは、道路上を走るだけで路面状態をリアルタイムに判定し、運転席に表示する路面状態判別技術の実用化し […].........続きを読む

2015年11月25日
管理人のイエイリです。 太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーは、離島などのエネルギー源として有望です。 しかし、天気によって変わる発電量の変化を、離島の少ない人口で十分、吸収できないという問題もあります。 そこで、鹿児島県薩摩川内市と住友商事は、薩摩川内市内の甑島(こしきしま)に、電力を平準 […].........続きを読む

2015年11月24日
管理人のイエイリです。 新幹線の線路や架線などの構造物を管理する「ドクターイエロー」は、鉄道ファンのみならず、一般の人にも絶大な人気を誇っています。 実は高速道路でも、道路の維持管理を行うための専用車両が走っています。 例えば、首都高速道路の場合は、   インフラドクター   と […].........続きを読む

2015年11月20日
管理人のイエイリです。 リフォーム工事は事前の現地調査がとても重要です。もし、図面がないと建物各部の寸法を測って図面を作るのに、大変なコストと時間がかかります。 この現地調査を効率化しようと、岐阜市の建築設計事務所、アーキ・キューブは、 ナ、ナ、ナ、ナント、   3Dレーザースキャナー & […].........続きを読む

2015年11月19日
管理人のイエイリです。 3Dによる設計や解析技術の進歩で、コンピューターによる気流解析(CFD)の結果は3D空間上に見える化され、誰にでもわかりやすくなりました。 ところが、それでも3Dモデル上で見た気流と、実際の部屋で感じる気流の感覚が微妙に違うこともあります。 そこで、キヤノンマーケティングジャ […].........続きを読む

2015年11月18日
管理人のイエイリです。 大規模修繕時に外壁の浮きやひび割れを発見したり、建物のリフォームの際に「熱橋」と呼ばれる熱ロスが生じている部分を見つけたりするのに、赤外線サーモグラフィーカメラは非常に有効なツールです。 これまで、赤外線サーモグラフィーカメラというと、ビデオカメラを大型化したようなゴツいイメ […].........続きを読む

2015年11月17日
管理人のイエイリです。 大規模な仮設や重機を使う土木工事では、工程の進ちょくに応じて日々変化する現場状況をイメージしながら、工程管理や安全管理などを行っていく必要があります。 札幌市の建設会社、一二三北路()(ひふみきたみち)は同市南区の定山渓温泉で、大規模な足場を組んで水管橋の新設工事を行っていま […].........続きを読む

2015年11月16日
管理人のイエイリです。 11月も後半に入ってきました。これから年末年始にかけて、クリスマスシーズンを盛り上げるイルミネーションを施した商店や住宅が増えてきそうです。 クリスマスツリーなどに使われる多くの電球が付いたランプは、AC100V電源を使うものが多いのでコンセントがないところでは、なかなか使え […].........続きを読む

2015年11月13日
管理人のイエイリです。 周囲を上下左右360度撮影できる全天球カメラと言えば、リコーの「RICOH THETA S」が有名です。 この分野に、マスプロ電工も参入してきました。同社は水平360°、垂直214°の範囲を静止画や動画で撮影できるフルハイビジョン(1920×1080ピクセル)の360°アクシ […].........続きを読む

2015年11月12日
管理人のイエイリです。 リコーは全天球カメラ「RICOH THETA」で撮影した写真を、ユーザーのウェブサイトに表示できるクラウドサービス「THETA360.biz」を提供していますが、このほど「ツアー機能」が追加されました。 複数の全天球写真をリンクさせながらウェブ上に表示し、さらに部屋の間取り図 […].........続きを読む

2015年11月11日
管理人のイエイリです。 このところ、基礎杭の施工不良の問題でマスコミはにぎわっています。 建物が建ってしまえば見えなくなる部分の不良だけに、一般消費者にとってはとても心配ですね。 こうした、後で見えなくなる部分も含めて、工務店が施主に対して現場の施工状況を写真でスピーディーに報告・共有できるスマート […].........続きを読む

2015年11月10日
管理人のイエイリです。 フォーラムエイトが販売している「Allplan」シリーズは、ドイツのAllplan社が開発した建築向けのBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)、土木向けのCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)ソフトです。 BIM用の「Allplan Ar […].........続きを読む

2015年11月9日
管理人のイエイリです。 A1やA0サイズの図面を電子化する大判スキャナーといえば、オフィスのスペースを大きく占有するイメージがあり、導入するにもそれなりの“覚悟”がいりました。 大判カラースキャナーを開発・販売するカラートラックは11月5日、こうした大判スキャナーの常識を打ち破る画期的な新製品、「S […].........続きを読む

2015年11月6日
管理人のイエイリです。 施工中の建物や稼働中の工場内部を3Dモデル化するとき、これまでは3Dレーザースキャナーで計測し、得られた点群データを元に3Dモデルを作るのが一般的でした。 ところが視点を変えて何回も計測したり、複数の点群を1つに合体させたり、それを元に3Dモデルを作ったりするのには、大変な労 […].........続きを読む

2015年11月5日
管理人のイエイリです。 住宅のリフォーム業界は、今後の人手不足やコストダウンなどの課題を抱えています。 特に、図面が残っていない住宅で、家具などの障害物がある状態では正確な寸法が測りにくいのが現状です。また、高い場所は経験や勘などの目分量で測る場合もあり、誤差が大きいことも悩みのタネでした。 こうし […].........続きを読む

2015年11月4日
管理人のイエイリです。 オフィスでよく使われている複合機は、1台でスキャナーとプリンター、そしてコピーとして使えるので重宝しますね。 3Dプリンター界でも、同様の製品が出てきました。例えば、XYZプリンティングジャパン(東京都板橋区)が発売した「ダヴィンチ 1.0 AiO」には、3Dスキャナーと3D […].........続きを読む

2015年11月2日
管理人のイエイリです。 鉄筋コンクリート造(RC造)の建物を造るとき、1本1本の鉄筋がどのように配置されるのかは、鉄筋工事会社が納まりを検討し、加工図を作るまではわからないというのが一般的でした。 そこで竹中工務店は、3Dで鉄筋の納まり検討や、鉄筋加工図や加工帳の作成を行える「鉄筋BIM(ビルディン […].........続きを読む

2015年10月30日
管理人のイエイリです。 東京・明治神宮外苑で、「東京デザインウィーク2015」というオシャレなイベントが、10月24日~11月3日まで開かれています。 野球場が6面もある広場に、仮設のパビリオンを何棟も建設し、その中でデザインや建築、アート、ファッションなどの展示やライブイベントが毎日、開かれていま […].........続きを読む

2015年10月29日
管理人のイエイリです。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)やCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)などのソフトでおなじみのオートデスクは、10月23日から11月8日まで、東京・表参道で「Autodesk Gallery Pop-Up Tokyo」というギャラ […].........続きを読む

2015年10月28日
管理人のイエイリです。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)を使った学生対象の仮想コンペが11月に栃木県を舞台に開催されることになりました。 「マロニエ学生BIM設計コンペティション」というもので、とちぎ建設技術センターと栃木県建築士事務所協会が主催します。昨年に引き続き2回目の開 […].........続きを読む

2015年10月27日
管理人のイエイリです。 鉄筋コンクリート造の仕口部などは、鉄筋が干渉しがちで設計者や施工者の悩みのタネです。 構造物の3Dモデルを作りながら設計するBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフトなどには、鉄筋の3Dモデルから干渉部分を自動的に検出・表示してくれる機能が付いたものがあり、 […].........続きを読む

2015年10月26日
管理人のイエイリです。 夜間、クルマを運転するときは、相手ドライバーの表情や身ぶり手ぶりが見えないので、「このクルマはどうするつもりなんだろう」と悩むことが多くなります。 三菱電機は、夜間にクルマと周囲とのコミュニケーションをスムーズに図るため、「路面ライティング」という新しいコンセプトを開発、提案 […].........続きを読む

2015年10月23日
管理人のイエイリです。 工事現場では、大量の資機材を施工場所まで運搬する作業がありますが、いまだに昔ながらの台車や人力で行っていることが多いのではないでしょうか。 大林組はこのほど、工事現場での資機材運搬を自動化する無人搬送車を開発しました。 「低床式AGV(Automated Guided Veh […].........続きを読む

2015年10月22日
管理人のイエイリです。 メガソフトの「3Dマイホームデザイナー」は、間取り図を作ると自動的に住宅の3Dモデルを作ったり、家具やクルマなどを置いて将来の生活をイメージしたりと、住宅造りに夢を与えてくれるソフトです。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)やCADには縁のない主婦層などの […].........続きを読む

2015年10月21日
管理人のイエイリです。 土木構造物の3次元モデルを使って設計や施工管理を行うCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)を行う場合、まずは3次元CADで構造物の3Dモデルを作るスキルを身につけるのが第一、と考えてしまいがちです。 ところが、土木工事の施工管理システム「デキスパート」シ […].........続きを読む

2015年10月20日
管理人のイエイリです。 公共土木工事を手がける建設会社にとって、国土交通省の新技術情報提供システム(以下、NETIS)に登録されている技術を活用することは、総合評価方式の入札を有利に進める上で、欠かせない戦略です。 このNETISにも、CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)の波 […].........続きを読む

2015年10月19日
管理人のイエイリです。 2014年末、日本建設業連合会(以下、日建連)は、施工段階で効果的にBIMを活用するための具体的方法をまとめた「施工BIMのスタイル~施工段階における元請と専門工事会社の連携手引き2014」を発刊しました。 それ以降、手引きをテキストにした様々なセミナーが開かれ、多くの来場者 […].........続きを読む

2015年10月16日
管理人のイエイリです。 数式や物理法則などをプログラムし、人間では作り出せない複雑な曲線やデザインをコンピューターで行う「アルゴリズムミックデザイン」という手法があります。 その代表的な手段は、複雑な3D曲面を表現するデザインソフト「ライノセラス(Rhinoceros)」と、数式などを図形でプログラ […].........続きを読む

2015年10月15日
管理人のイエイリです。 ドローン(無人機)や3Dプリンターは建設業でもおなじみの機器になりつつあります。 山梨県甲斐市のハヤテ・コンサルタントと、東京都港区のアイジェットは、これらを使って山梨県内の笛吹川上流にある広瀬ダムのダム湖を、 ナ、ナ、ナ、ナント、   そっくりそのまま3D模型化 […].........続きを読む

2015年10月14日
管理人のイエイリです。 撮影ポイントの上下、左右360°を1枚の写真で撮影できるリコーの全天球カメラ「THETA」は、その小型さと機能性によって工事現場でも使われています。 撮影した画像は、パソコンやスマートフォンなどの画面上で上下、左右にスクロールして見るのが一般的ですが、エプソン、NTTドコモ、 […].........続きを読む

≪ 新しい記事
前の記事 ≫