3D(661) /3Dプリンター(67) /AI(45) /BIM(652) /CAD(229) /CIM(359) /VR(35) /イベント(53) /クラウド(258) /シミュレーション(210) /スマートグリッド(47) /スマートハウス(42) /トピックス(248) /ドローン(59) /ロボティクス(173) /周辺機器(655) /建設ICT(155) /施工管理(446) /未分類(9) /省エネ(140) /経営(92) /維持管理(415) /防災(150) /
2014年8月25日
管理人のイエイリです。 インテリアデザインのよしあしは、壁紙や家具などここのアイテムをデザインするだけでなく、これらを室内に配置した状態でないとわかりません。 そこで、メガソフトは高校や短大・大学、専門学校、職業訓練校などでインテリアデザインを学ぶ学生のために「3DインテリアデザイナーNeo2 コー […].........続きを読む

2014年8月22日
管理人のイエイリです。 スペイン・バルセロナには、サグラダ・ファミリア以外にも、巨匠・アントニー・ガウディが残した名建築がたくさん残っています。 世界遺産、「カサ・ミラ」もその一つ。いろいろな書籍やウエブサイトで見る写真は、海岸線のようにうねるファサードや曲面で構成された屋根で構成されており、今回、 […].........続きを読む

2014年8月21日
管理人のイエイリです。 「Tekla Structures」と言えば、建物の鉄骨全体から、鉄筋やボルト1本に至るまで3Dで設計できる詳細構造用のBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフトです。 フィンランド・ヘルシンキの大手建設会社、スカンスカ Oy社はヘルシンキ市内で建設中の集合 […].........続きを読む

2014年8月20日
管理人のイエイリです。 スカンスカといえば、スウェーデンに本拠を置く国際的な建設会社ですが、そのフィンランド法人であるスカンスカ Oy(ヘルシンキ)の本社を8月20日、突撃取材してきました。 2012年に完成したこのビルは、構造設計用BIMソフト「Tekla Structures」のベンダーであるテ […].........続きを読む

2014年8月19日
管理人のイエイリです。 スペインのバルセロナで建設中の巨大教会「サグラダ・ファミリア」は、2010年には“屋内空間”となる礼拝所もでき、以前に比べるとぐっと教会らしくなりました。     礼拝所の内部空間に立ち並ぶ柱の接合部分は、優美な曲線を帯びた石材が表面に施されています。 い […].........続きを読む

2014年8月18日
管理人のイエイリです。 スペインのバルセロナで建設中の巨大教会、「サグラダ・ファミリア」は、1882年に建設が始まりました。直線、直角、水平がほとんどない外観には、数多くの彫刻が網羅され、建物と一体化されています。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)も、CNC(コンピューター数値 […].........続きを読む

2014年8月12日
管理人のイエイリです。 最近、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)やCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)のモデルデータを共有できるクラウドサービスが、ソフトベンダーから提供されるようになりました。 「クラウド対応のBIMソフト」と言っても、BIMソフト自体は […].........続きを読む

2014年8月11日
管理人のイエイリです。 建設現場やメンテナンス現場では、タブレット端末が普及してきました。しかし、いまだにタブレットの恩恵が享受しにくい現場があります。それは、ガス配管が通る共同溝や石油プラントなど、爆発性ガスによる危険個所(防爆エリア)です。 これらの防爆エリアでは、爆発事故を防ぐために、現場に持 […].........続きを読む

2014年8月8日
管理人のイエイリです。 施工の最前線で鉄筋工事を担う鉄筋屋さんの世界では、現場での実際の施工に忠実な数量をはじき出し、積算を行うための超詳細なソフトの3D化が進んできました。 例えば、富山市のアーキテックが開発した鉄筋積算システム「鉄之助ソリッド」は、以前、2D版のソフトとして開発されてきた鉄筋の積 […].........続きを読む

2014年8月7日
管理人のイエイリです。 山口県下関市の唐戸地区にある同市の有形文化財、「田中絹代ぶんか館」の前身は、「逓信省下関電信局電話課庁舎」でした。1924年に完成したこの建物は、来年、竣工90周年を迎えます。 そこで下関市は、下関市文化振興財団などとともに、この建物を ナ、ナ、ナ、ナント、   B […].........続きを読む

2014年8月6日
管理人のイエイリです。 アメリカ建築家協会(AIA)では、建築設計の省CO2設計によって地球環境保護を実現するため、「2030チャレンジ(2030 Challenge)」という目標を設定しています。 建物が消費する化石燃料や排出する温室効果ガス、エネルギー消費を2010年から5年ごとに改善し、203 […].........続きを読む

2014年8月5日
管理人のイエイリです。 大規模な物流施設や工場では、床の振動が問題になります。鉄骨や鉄筋コンクリートが混在した梁や開口部のある床などは、複雑な挙動を示します。 そのため、「もつか、もたないか」が問題の構造計算とは違ったスタンスで、振動という物理現象を精密に解析する技術が求められます。 そこでフジタと […].........続きを読む

2014年8月4日
管理人のイエイリです。 先日、当ブログで米国フロリダ州のオーランドで行われた建設ITの国際会議、「ICCCBE 2014」で大阪府箕面市の関西工事測量の中庭和秀代表取締役社長らが「KUMONOS」というコンクリートのひび割れ測定システムを、熱のこもったプレゼンで紹介したという記事を掲載しました。 そ […].........続きを読む

2014年8月1日
管理人のイエイリです。 駅改札内の「エキナカ」や、オフィスやホテル、劇場や店舗が複合した高層ビルなど、都心部では多くの人々が集まる施設が増えています。 また、集まるお客さんの中には老人や障害者、幼児など、災害時に支援を要する人も増えています。 このような施設を設計するとき、テロや放火などによる大規模 […].........続きを読む

2014年7月31日
管理人のイエイリです。 日本では建設から50年以上が経過したダムが増えており、補修や補強のため多くのダムでリニューアル工事が計画されたり、実施されたりしています。 しかし、ダムのリニューアル工事は貯水水位を維持しながら行うため、大水深での潜水作業や大規模な仮締め切り、高い仮設桟橋の設置など危険な作業 […].........続きを読む

2014年7月30日
管理人のイエイリです。 社会インフラの老朽化が進むなか、橋梁などを効率的、低コストで点検する技術が求められています。 3次元バーチャルリアリティー(VR)システム「UC-win/Road」を開発・販売するフォーラムエイトは、こうしたニーズにこたえるため、UAV(無人機)を使った橋梁の調査システムを開 […].........続きを読む

2014年7月29日
管理人のイエイリです。 住宅やビルなどの自然通風性能を確認したいとき、建物のBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)を作り、そのデータをCFD(数値流体解析)ソフトに読み込んで解析する、という方法がとられます。 このとき入力データとして、年間を通じた風向や風速の観測記録から、「卓越風」 […].........続きを読む

2014年7月28日
管理人のイエイリです。 建設業で働く技術者の多くは、実務や学校の授業で一度は平板測量を体験したことがあるでしょう。その名の通り、現場に平らなミニ製図板を置き、「アリダード」という定規付きの視準器やメジャーを使いながら、現場で現況図面を描いていくものです。 平板に張り付いてアリダードで目標を狙いながら […].........続きを読む

2014年7月25日
管理人のイエイリです。 当ブログでは、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)を武器に米国で勝負するインテリアデザイナー、小林思保美さんの動向を時々、お伝えしてきました。 2012年3月にはサンフランシスコ州立大学に留学していた当時のBIM修業、同年7月には大成建設でのインターンBIM […].........続きを読む

2014年7月24日
管理人のイエイリです。 工事現場の騒音対策のうち、騒音を伝搬する過程で防ぐ方法としては、防音壁や防音パネルなどを工事現場の敷地境界に配置する方法がよく採用されています。 この方法は鋼材同士が接触する時の高い音などには有効ですが、建設機械のエンジン音など低い音にはあまり効果がありませんでした。 そこで […].........続きを読む

2014年7月23日
管理人のイエイリです。 最近の測量界で話題になっている技術には、UAV(無人機)で撮影した現場の写真を使った写真測量や、車両に3Dレーザースキャナーを搭載して走りながら周辺の3D地形や街並みを記録するMMS(モービル・マッピング・システム)などがあります。 ニコン・トリンブルはこうしたニーズに着目し […].........続きを読む

2014年7月22日
管理人のイエイリです。 日本のBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)界では、学生時代から3DモデリングやBIMに慣れ親しんだ若手の活躍が各社で目立っています。 日積サーベイの高橋肇宏氏は、今年での入社4年目です。芝浦工業大学の大学院時代は、木本健二教授の研究室に所属し、同教授らとBI […].........続きを読む

2014年7月18日
管理人のイエイリです。 官公庁でのBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)活用と言えば、国土交通省 官庁営繕部でのBIM試行プロジェクトが有名ですが、最近は官庁間での水平展開も始まっているようです。 昨日(7/17)、東京・虎ノ門で開催された日刊建設通信新聞社主催のセミナー「国交省BI […].........続きを読む

2014年7月17日
管理人のイエイリです。 設計事務所や現場事務所などでは、表計算ソフト「Excel」が大活躍しています。しかし、ファイルベースのため、LANでの情報共有などに限界を感じている人も多いのではないでしょうか。 そこでシステム開発会社のジョイゾーは、Excelで作ったシステムをクラウドシステムに作り替えるサ […].........続きを読む

2014年7月16日
管理人のイエイリです。 過酷な条件がそろっている工事現場のIT化を実現するためには、水やほこりに強い機器が欠かせません。 パナソニックの「タフブック」や「タフパッド」からなるタフシリーズは、現場のニーズを受けて様々なサイズやOSに対応した製品がここ数年、続々とラインアップされています。 7月14日も […].........続きを読む

2014年7月15日
管理人のイエイリです。 雲仙普賢岳の復旧工事など、人が立ち入ると危険な現場では無人化施工システムが使われます。 これまでの無人化施工システムは、重機や周辺の様子を複数の動画カメラで撮影し、オペレーターはその映像をモニターで見ながら、操縦かんを握って操作する「遠隔操作方式」によって作業していました。 […].........続きを読む

2014年7月14日
管理人のイエイリです。 建築物のファサードや土木構造物など、凹凸のある面をスクリーンとして、各面にピッタリ合うように動画などを映写する「プロジェクション・マッピング」という手法があります。 普通の映画と違い、スクリーンの形に合わせて映像を作らないといけないので、制作には非常に手間ひまがかかります。 […].........続きを読む

2014年7月11日
管理人のイエイリです。 ハワイで開催されている「国際VRシンポジウム 第5回サマーワークショップ イン ハワイ」の行事として7月9日、ハワイ大学の施設見学が行われました。 大学は夏休みでしたが、4人の研究者がCNCルーターを使ったダイビング用ライトの製作や、活字やレタリングの進化などについて、ミニ講 […].........続きを読む

2014年7月10日
管理人のイエイリです。 バーチャルリアリティー(VR)ソフト「UC-win/Road」や土木設計ソフトなどで知られるフォーラムエイトには、「World 16」という技術開発を担う独自の国際組織があります。 世界の大学から、様々な専門分野を持つ研究者16人を選び、同社のVRソフトの用途開発などを研究す […].........続きを読む

2014年7月9日
管理人のイエイリです。 iPhoneは工事写真や図面から乗り換え情報まで、様々なものを調べるのに便利です。 その場で画面を見ている分にはいいのですが、その情報を保存したりメモに残したりしようとすると、意外に戸惑うことも多いのではないでしょうか。 こうした悩みを持つユーザーのために、キングジムは、iP […].........続きを読む

≪ 新しい記事
前の記事 ≫