3D(686) /3Dプリンター(69) /AI(60) /BIM(671) /CAD(238) /CIM(371) /VR(42) /イベント(57) /クラウド(274) /シミュレーション(216) /スマートグリッド(47) /スマートハウス(44) /トピックス(253) /ドローン(66) /ロボティクス(182) /周辺機器(678) /建設ICT(164) /施工管理(465) /未分類(9) /省エネ(147) /経営(97) /維持管理(429) /防災(155) /
2014年10月23日
管理人のイエイリです。 建築業界では、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の普及とともに、3Dソフトによるデザインの表現力を身につけたいという社会人は多そうです。 一方、大学などの建築教育では必ずしも3Dソフトが導入されていないので、自分自身で3Dソフトを習得し、卒業制作や修士制作 […].........続きを読む

2014年10月22日
管理人のイエイリです。 最近、駅や地下街などの照明もLED化が進んできています。 NECは12月1日に、既存の蛍光灯を長さ約1.2mの直管LEDランプ「LDL40」タイプに更新するための新製品を発売します。 外観は、蛍光灯の代わりに直管LEDランプが付いているだけですが、その裏側には、 ナ、ナ、ナ、 […].........続きを読む

2014年10月21日
管理人のイエイリです。 工事現場などでトラブルが発生して専門家に問題解決をお願いしたいとき、これまでは現場のデジタル写真をメールで送ったり、電話でやりとりしたりすることが一般的でした。 しかし、こうした情報だけでは専門家が現場の様子をよく理解できず、結局は現地に出掛けて2度手間になる、といったことが […].........続きを読む

2014年10月20日
管理人のイエイリです。 建物の設備管理は以前からの空調や照明の制御に加えて、最近はスマートグリッドへの対応や省エネ制御、さらにはセキュリティーシステムとの統合など、複雑化する一方です。 そして、建物の管理を担うベテラン技術者の不足や技能継承なども問題になりつつあります。 こうした課題に対応するため、 […].........続きを読む

2014年10月17日
管理人のイエイリです。 キヤノンITソリューションズは、クルマや建物などを臨場感あふれる3D映像で立体視できるVR(仮想現実感)やAR(拡張現実感)を統合したMR(複合現実感)システム「MREAL」を展開しています。 10月14日にこのシステムをさらに使いやすくする3本のソフトが発売されました。その […].........続きを読む

2014年10月16日
管理人のイエイリです。 最近のインターホンはIT化が進み、来訪者の顔をモニター画面で見ながら応対できる機種が普及してきました。しかし、古いマンションやアパート、賃貸などに住んでいる人は、なかなかこうした最新機種の恩恵にはあずかれません。 そんな人にお薦めなのが、パナソニックが11月21日に発売するワ […].........続きを読む

2014年10月15日
管理人のイエイリです。 当ブログでは、2013年10月21日の記事で、あのグーグルが、従来に比べてコストや工期を半減する画期的な建築システムを開発するため、米国・デラウエアに「バネバー・テクノロジー(Vannevar Technology Inc.)」という会社を設立したことをお伝えしました。 同社 […].........続きを読む

2014年10月14日
管理人のイエイリです。 情報化施工で使われるブルドーザーやモーターグレーダー、バックホー、ロードローラーなどの建設機械には、現在の位置がリアルタイムにわかるGNSS(全地球航法衛星システム)のほか、ブレードやバケットなどの動きを計測するセンサーが付いています。 米国のトプコンポジショニングシステム社 […].........続きを読む

2014年10月10日
管理人のイエイリです。 10月8日の当ブログで、「吊り荷もブラブラ!重力を見える化する「6次元CAD」のリアルさ」という記事を掲載したところ、多くのアクセスをいただきました。 普通の4Dシミュレーションと違い、クレーンのブームが旋回を始めるタイミングと吊り荷の動きがずれたり、吊り荷がブラブラと揺れた […].........続きを読む

2014年10月9日
管理人のイエイリです。 ラティス・テクノロジーが開発した「XVL」というデータ形式は、一般的に重い3Dモデルデータを非常に軽く扱えるのが特徴です。 建設業では福井コンピュータアーキテクトのBIMソフト「GLOOBE」などが対応しており、タブレット端末でBIMモデルを参照するのに使えます。 これまでX […].........続きを読む

2014年10月8日
管理人のイエイリです。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)やCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)は、建物や土木構造物を3次元モデルで表します。 さらに時間軸を加えてアニメーション的な表現を行うことを「4次元」、コスト軸を加えてお金のシミュレーションを行うこ […].........続きを読む

2014年10月7日
管理人のイエイリです。 建設業界でも、自由に座席を選べる「フリーアドレス制」を採用している会社があります。 しかし、実際は座る席が固定化してしまったり、同じグループが固まったりしてフリーアドレス制が形骸化している例もあるようです。 Web会議などのクラウドサービスを提供するNJCネットコミュニケーシ […].........続きを読む

2014年10月6日
管理人のイエイリです。 以前に比べて最近の建物や構造物は、鉄筋量が多くなっています。その半面、少子高齢化で鉄筋屋さんのベテラン職人も減り、現場では鉄筋を干渉しないように組むのに苦労する例も多いようです。 こうした現場の問題を解決しようと、10月1日に岡山市東区でSiftDDD(シフトディーディーディ […].........続きを読む

2014年10月3日
管理人のイエイリです。 工場や卸売市場などで部品や商品の運搬に活躍する電動カートは、排ガスを出さないというメリットはありますが、バッテリーで走行するため走行距離が短く、充電に時間がかかり、価格が高いといった課題がありました。 そこで大成建設と豊橋技術科学大学は、電車のように外部から電力を供給してまる […].........続きを読む

2014年10月2日
管理人のイエイリです。 最近、実物大の家を造れるような巨大3Dプリンターが米国、イタリア、中国、スロベニアなどで話題になっていますが、米国ミネソタ州でまた、新たな巨大3Dプリンターが登場しました。 その大きさは、「クルマ2台が置けるガレージ」に納まるくらいのもので、「3Dハウス・コンクリート・プリン […].........続きを読む

2014年10月1日
管理人のイエイリです。 橋梁の中でも合成床版を使ったタイプは、鋼製の橋桁と鉄筋コンクリート製の床版が接続する部分が非常に複雑な構造となっています。 橋桁とコンクリート床版を一体構造とするため、橋桁の上には「スタッド」というボルトのような鋼棒が狭い間隔で溶接されており、これと交差するように床版のリブと […].........続きを読む

2014年9月30日
管理人のイエイリです。 PDF化した図面は、CADやBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)、CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)などのソフトを持っていない人でも開いて見ることができるので、図面の配布によく使われます。 そして、PDFファイルに直接、変更指示など […].........続きを読む

2014年9月29日
管理人のイエイリです。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)やCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)の普及に伴い、現場を3Dレーザースキャナーで計測したり、BIM/CIMのモデルを3Dマシンコントロールと連携させて現場を造成したりするニーズが高まっています。 […].........続きを読む

2014年9月26日
管理人のイエイリです。 雑誌やウェブサイトには、設計の参考になりそうなCAD図面や手描き図面がいろいろと転がっています。 これらを比較検討する際に重要なのが縮尺を合わせて表示することです。この作業に時間が取られすぎる、とお悩みの建築家や設計者は意外と多そうですね。 そんな人にお勧めのiPhone、i […].........続きを読む

2014年9月25日
管理人のイエイリです。 最近、CAD図面フォーマット「DWG形式」との互換性がある低価格なCADソフトが、建設業界でも広く使われるようになりました。 ジェイドラフが発売している「JDraf」もその一つで、DWG形式の“元祖”である「AutoCAD」が使えれば問題なく使えるようなメニュー構成になってい […].........続きを読む

2014年9月24日
管理人のイエイリです。 先日、iPhoneやiPad向けに最新OS、「iOS8」がリリースされました。 iOS8には賛否両論があり、以前のOSに戻す人も出ているようですが、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)やCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)で不可欠な3 […].........続きを読む

2014年9月22日
管理人のイエイリです。 地形や街並みなどの形状を「3Dレーザースキャナー」で記録した点群データは、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)やCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)で建物や土木構造物を設計していくための“3D下絵”としての活用が増えています。 それに […].........続きを読む

2014年9月19日
管理人のイエイリです。 建設業界でも普及が進む3Dプリンターですが、これまでは建築物や土木構造物などの模型製作が中心的な用途でした。 これからは一歩進んで、オリジナル建材の製作などにも使われることになりそうです。 3Dプリンターの大手メーカー、ストラタシス製の3Dプリンターを販売する丸紅情報システム […].........続きを読む

2014年9月18日
管理人のイエイリです。 高圧電線や高架橋に近い場所でクレーン作業を行うとき、気をつけなければいけないのは、クレーンのブームが電線や構造物に接触しないようにすることです。 これまでは、ブームの回転、上下、伸縮の動きに伴って時々刻々と移動するブーム先端の位置を確認するのに、安全監視員による目視確認やクレ […].........続きを読む

2014年9月17日
管理人のイエイリです。 大ヒットの住宅デザインソフト「3Dマイホームデザイナー」を展開するメガソフトは、同ソフトの技術を生かして、インテリアデザイン分野向けの「3Dインテリアデザイナー」やオフィスデザイン向けの「3Dオフィスデザイナー」、店舗レイアウト向けの「3D飲食店プランナー」など、様々な業界向 […].........続きを読む

2014年9月16日
管理人のイエイリです。 高度なCADやBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)などの建築スキルを持ちながら、子育てや介護などの事情で通勤が難しいために実力を発揮できない人も少なくありません。 そんな人が場所や時間を問わず、自宅などで建築スキルを生かして仕事できる機会を与えてくれるのが、 […].........続きを読む

2014年9月12日
1969年、人間を初めて月面に送ったアポロ11号など、米航空宇宙局(NASA)の宇宙船設計のために開発されたソフトに、「Nastran」という構造解析ソフトがあります。 Wikipediaの記事によると、最初にNASAに納入されたのが1968年とのことですから、開発から50年近くたちます。シニアな技 […].........続きを読む

2014年9月11日
管理人のイエイリです。 日本の土木CADのつい最近までの最重要課題は、2D図面の電子納品に使われる「SXF形式」によるデータの入出力に対応することと言っても過言ではありませんでした。 一方、建設業界の潮流は建築ではBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)、土木ではCIM(コンストラクシ […].........続きを読む

2014年9月10日
管理人のイエイリです。 中小の工務店にとって、住宅の見積もり作成は手間と時間がかかる作業です。せっかく見積もりを作っても、施主へのタイミングが遅いと失注してしまうことも多く、無駄な作業になってしまいます。 そこで、LIXILグループのK-engine(本社:東京都新宿区)は、これまで約1週間(約1万 […].........続きを読む

2014年9月9日
管理人のイエイリです。 日本の建築業界でのBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)活用が、海外からも注目されはじめています。 2013年11月には、ハンガリーのグラフィソフト社が同社のBIMソフト「ArchiCAD」に日本の設計ノウハウを盛り込むため、日建設計と戦略的提携を行いました。 […].........続きを読む

≪ 新しい記事
前の記事 ≫