3D(673) /3Dプリンター(68) /AI(51) /BIM(662) /CAD(236) /CIM(364) /VR(36) /イベント(54) /クラウド(267) /シミュレーション(211) /スマートグリッド(47) /スマートハウス(43) /トピックス(251) /ドローン(62) /ロボティクス(178) /周辺機器(664) /建設ICT(158) /施工管理(456) /未分類(9) /省エネ(143) /経営(95) /維持管理(421) /防災(155) /
2011年11月8日
管理人のイエイリです。 空調や照明などを自動制御するビルオートメーション(BA)システムは、メーカー独自の「プロトコル」と呼ばれる通信方式に基づいて構築されているのが一般的でした。 そのため、一度、あるメーカーのシステムを導入したユーザーは、他社の製品やシステムに乗り換えにくく、「プロトコルロックイ […].........続きを読む

2011年11月7日
管理人のイエイリです。 BIMとVRを駆使して先進の建築土木デザインをクラウドで競う「第1回 学生BIM&VRデザインコンテスト オン クラウド」の審査会が、11月4日、フォーラムエイト東京本社で開催されました。 その結果、見事、最優秀賞である「ワールドカップ賞」に選ばれたのは、   金沢 […].........続きを読む

2011年11月4日
管理人のイエイリです。 最近、家庭用蓄電池や蓄電池を備えた住宅の新製品ニュースをよく耳にします。夜間電力や太陽光発電の余剰電力を蓄電池にためておき、電力消費のピーク時や停電時に利用するのが主な目的です。 11月19日、トヨタホームはCO2排出ゼロを目指したスマートハウス専用住宅「since asui […].........続きを読む

2011年11月2日
管理人のイエイリです。 建築業界では、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)による建物の意匠設計や詳細設計、施工計画などの活用が進んでいます。 BIM活用の流れは、道路や上下水道、都市計画といった土木インフラ分野にも及んで来るかもしれません。 オートデスクは11月22日に「Autod […].........続きを読む

2011年11月1日
管理人のイエイリです。 幅広い用途に活用できるGIS(地理情報システム)ですが、建設業や現場での活用方法としてはイマイチ、決定打がなかったように思います。 その理由は、現場とは別の部屋で、大きなモニターを備えたパソコンで利用するというスタイルにあったのではないでしょうか。 日立ソリューションズはそん […].........続きを読む

2011年10月31日
管理人のイエイリです。 東日本大震災での福島第一原発の事故を受けて、自然エネルギーの活用に注目が集まっています。 しかし、課題は既存の発電施設に比べて大きな出力が出しにくいことです。そのため、太陽光発電や風力発電などの電力は、あくまでも既存電力の補完用という位置づけでした。 ところが、沖縄県宮古島市 […].........続きを読む

2011年10月28日
管理人のイエイリです。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の仮想コンペに参加した大林組は、昨年の「Build Live Tokyo 2010」で最優秀賞、今年の「Build Live Kobe 2011」で特別賞を受賞するなど、BIM界で実力を見せつけています。   & […].........続きを読む

2011年10月27日
管理人のイエイリです。 貴重な文化財は、保存上の理由で一般公開を行っていないものが多くあり、たとえ調査目的でも立ち入ることができないものが多いそうです。 そこで凸版印刷と東京大学池内研究室は、装飾古墳を対象とした「屋外文化財バーチャル体験システム」を開発しました。 文化財や遺跡などをリアルな3次元空 […].........続きを読む

2011年10月26日
管理人のイエイリです。 人があまりいないのにオフィス全体に照明がともり、人がいない空間まで空調している光景は、よく見かけますね。 日本のビルは海外に比べて省エネ性能が高いと言われていますが、こんな光景を見るとまだまだ省エネできる余地はありそうです。 NECはこのほど、オフィス内の人物の位置を高精度に […].........続きを読む

2011年10月25日
管理人のイエイリです。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の活用が、意匠設計から詳細設計、そして生産設計へと、だんだん細かい設計分野まで広がってきました。 そのためか、BIM関連のセミナーやシンポジウムでも、様々なBIMソフトの名前が聞かれるようになりました。最近はボルト1本、架 […].........続きを読む

2011年10月24日
管理人のイエイリです。 “日本のBIM元年”と言われた2009年ごろ、BIMの活用レベルをイメージする言葉として「BIM1.0」(建物の3Dモデル化や図面作成への活用)、「BIM2.0」(BIMモデルの解析・シミュレーションなどへの活用)、「BIM3.0」(BIMによる建設業 […].........続きを読む

2011年10月21日
管理人のイエイリです。 秋はイベントシーズン。様々なセミナーや展示会が行われます。場合によっては複数のイベントが同じ日に開催されたり、同じイベントでも見たいセミナーの時間が重なったりして、なかなか全部見られないことがありますね。 オートデスクは9月、「Autodesk University Japa […].........続きを読む

2011年10月20日
管理人のイエイリです。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の活用が意匠設計以後の構造、設備などの設計にも広がってきました。 これまで、BIMモデルのデータ交換用共通ファイルである「IFC形式」の入出力に対応した設備設計用のBIMソフトとしては、オートデスクの「Revit MEP」 […].........続きを読む

2011年10月19日
管理人のイエイリです。 日本で介護や支援を必要とする人は、全人口の5%に近い450万人に達し、全世帯の8%が65歳以上の独居者で占められているそうです。 一方、介護者の数は不足しており、介護の質や介護負担の軽減も課題です。そのため、高齢者や要介護者の行動を把握し、いざという時にはすぐに介護者が駆けつ […].........続きを読む

2011年10月18日
管理人のイエイリです。 コンピューターによって発生させた曲面や幾何学的な形状を設計に生かす「アルゴリズミックデザイン」という手法が最近、注目されています。 建築都市のアルゴリズミックデザインに関する国際シンポジウム「ALGODE 2011」が、今年3月14日~15日に、東京・田町の建築会館で開催され […].........続きを読む

2011年10月17日
管理人のイエイリです。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の普及により、BIMモデルのデータを様々なソフト間で受け渡して利用する機会が増えています。 ベンダーが異なるソフト間でのデータ連携には、IAIという国際的なBIMモデルの標準化機関が開発している「IFC」というデータ形式が […].........続きを読む

2011年10月14日
管理人のイエイリです。 ここ数年、中の動きがよく見えるガラス張りのエレベーターが増えてきました。カゴが上がったり、下がったりするとき、逆の方向に下がったり、上がったりしているのが重りです。 重りはカゴに定員の半分くらいの人が乗ったとき、つり合う重さに設定されています。ということは、満員で下りる時や、 […].........続きを読む

2011年10月13日
管理人のイエイリです。 工事現場や施設の維持管理業務のIT化が進むにつれて、どんな端末を使うべきか悩むケースが増えてきました。 建設業界向けのシステムを各種、開発している応用技術は、このほどクラウド型の施設点検管理システムを開発。10月から建設会社や自治体向けに本格販売を開始します。 点検・施工管理 […].........続きを読む

2011年10月12日
管理人のイエイリです。 雷が建物に落ちると、鉄筋や鉄骨を通って、地表に強い電流が流れます。この電流によって建物内に発生する「雷電磁界」が発生し、サーバールームや中央制御室などの電子機器類が異常電圧を受けて破損することがあります。 雷による情報機器や電子機器類の年間被害額は、 ナ、ナ、ナ、ナント、 & […].........続きを読む

2011年10月11日
管理人のイエイリです。 9月7日~11日に開催されたBIMによる仮想設計コンペ「Build Live Kobe 2011」(以下、BLK。主催:IAI日本)が開催されました。社会人を対象とした「実務クラス」、学生を対象とした「学生クラス」に、それぞれ8チームが参加し、熱戦が繰り広げられました。 その […].........続きを読む

2011年10月7日
管理人のイエイリです。 毎年10月は「情報化月間」として、経済産業省や内閣府、総務省、財務省、文部科学省、国土交通省の6府省が、情報化に関する普及・啓発を行っています。 10月3日、東京・丸の内の東京商工会議所ピル大ホールで「情報化月間記念式典」が開催され、情報化に貢献した個人6件、企業など4件、シ […].........続きを読む

2011年10月6日
管理人のイエイリです。 このところ、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)やiPadによる3Dモデルの閲覧など、建築関係の話題で持ちきりでしたが、土木分野のシステムもデータ連携や3D化でBIMに負けない進化をしています。 10月18日に福井コンピュータが発売する土木施工管理システム「 […].........続きを読む

2011年10月5日
管理人のイエイリです。 iPadやAndroid端末で3Dモデルを閲覧したり、ウオークスルーしたりできるソフトがこのところ、どんどん公開されています。 当コーナーでも、メガソフトの「3Dプレイス」、グラフィソフトジャパンの「BIMx」、オートデスクの「Design Review Mobile」と、紹 […].........続きを読む

2011年10月4日
管理人のイエイリです。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の活用は、先駆的に取り組んだ企業と、これから始めようとする企業との間に、既に大きなギャップができていると言われます。 先駆的な企業は、BIMモデルから図面などの設計図書を作る「テンプレート」や、設計に必要十分な3D部品をま […].........続きを読む

2011年10月3日
管理人のイエイリです。 国土交通省は昨年3月、官庁営繕事業でBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の試行を開始すると発表しました。 昨年度は東京・新宿に建設される新宿労働総合庁舎の基本設計業務を対象に公募型プロポーザルを実施し、2社が参加した結果、梓設計が業務を受注しました。 その第 […].........続きを読む

2011年9月30日
管理人のイエイリです。 このところ、建物や構造物のBIMモデルや3Dモデルをタブレット端末やスマートフォンで表示したり、ウオークスルーしたりできるサービスの発表が相次いでいます。 当サイトでも、グラフィソフトジャパンの「BIMx」、シスプロのDesignDraftや福井コンピュータのGLOOBEなど […].........続きを読む

2011年9月29日
管理人のイエイリです。 コンクリート橋には、橋桁を数メートルの長さの断面ごとに「セグメント」として造り、現場に搬入して継ぎ足していく「ショートライン・マッチキャスト方式」という工法があります。 これまで、セグメントの施工管理では、2~3人1組の計測員が鋼巻き尺を使い、足場などに上って各部の寸法や形状 […].........続きを読む

2011年9月28日
管理人のイエイリです。 今年はピーク電力削減や災害時の停電などに備えるため、各社から家庭用蓄電池の新製品が発表されています。 ただ、これまでのリチウム蓄電池は1kWh~2kWhタイプが主流だったため、停電時には照明やノートパソコンなど用途が限定されるものが多くありました。 そこでリチウム蓄電池システ […].........続きを読む

2011年9月27日
管理人のイエイリです。 これまで、私のオフィスでは22インチのモニター1台だけを使っていましたが、パソコンのグラフィックボードを調べると、モニター3台までを接続できそうでした。 そこで試しに不用になった19インチモニターを接続してみると、見事、マルチモニターになりました。デスクトップが倍近く増えたお […].........続きを読む

2011年9月26日
管理人のイエイリです。 グラフィソフトは、同社のBIM対応の3次元CAD「ArchiCAD」で作成したBIMモデルデータをタブレット端末のiPadやスマートフォンのiPhoneなどでウオークスルーできるシステム「BIMx」を公開しました。 私も早速、iPadとiPhone用のアプリと、Windows […].........続きを読む

≪ 新しい記事
前の記事 ≫