3D(599) /3Dプリンター(61) /AI(22) /BIM(614) /CAD(208) /CIM(327) /VR(19) /イベント(52) /クラウド(220) /シミュレーション(198) /スマートグリッド(44) /スマートハウス(39) /トピックス(235) /ドローン(37) /ロボティクス(146) /周辺機器(592) /建設ICT(137) /施工管理(395) /未分類(8) /省エネ(134) /経営(73) /維持管理(367) /防災(132) /
2011年5月20日
管理人のイエイリです。 5月17日、18日の両日、川崎市で3次元形状計測のセミナー・展示会イベント「SPAR 2011J」が開催されました。 7回目となる今年は、前回に比べて   展示会場が拡大   され、スポンサーの数もほぼ倍増。参加者もいっそう増えた感じでますます盛況でした。 […].........続きを読む

2011年5月19日
管理人のイエイリです。 日本のBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の活用は、プロジェクトの上流部分である企画や意匠設計から、詳細設計、施工へとだんだん下流側にも広がりつつあります。 その流れは、ついに維持管理(ファシリティマネジメント=FM)分野にまで及んできました。5月13日にハ […].........続きを読む

2011年5月18日
管理人のイエイリです。 昭和39年は、戦後の日本にとって大きな節目となった年でした。同年開催の東京オリンピックに合わせて、国立競技場や日本武道館などの競技場や首都高速道路などの交通インフラが整備され、日本は“オリンピック景気”にわきました。 そして「夢の超特急」と言われた東海 […].........続きを読む

2011年5月17日
管理人のイエイリです。 建築設計のBIM活用は意匠設計から構造・設備設計、さらにはエネルギー解析や施工へと広がりつつあります。当然、業務で使うソフトもBIM対応の意匠設計用CADだけでなく、それぞれの業務に対応したBIMソフトが必要になります。 ところが、1本70万~80万円もするBIM用CAD以外 […].........続きを読む

2011年5月16日
管理人のイエイリです。 先週、米国ニューオーリンズで開催されたアメリカ建築家協会(AIA)全米大会では、大規模な展示会も同時に行われました。 あまりにも広いので限られた時間で全部を見ることは不可能でしたが、BIMやIT関係のブースを中心に回ってきました。     Revit ME […].........続きを読む

2011年5月14日
管理人のイエイリです。 米国・ニューオーリンズで開催中のアメリカ建築家協会で5月13日午前(現地時間)、同協会から優れた建築家に対して贈られるAIAゴールドメダルの授賞式が開催されました。 舞台に勢ぞろいした歴代AIA会長に囲まれるようにして登場した受賞者は、 ナ、ナ、ナ、ナント、   槇 […].........続きを読む

2011年5月13日
管理人のイエイリです。 アメリカではBIMを使ってプレゼンテーションや設計を行うことはもう珍しくなくなって来たようです。建設関係者の興味は施工段階でBIMのメリットを生かし、生産性を上げていくことに移ってきました。 5月12日(アメリカ時間)、アメリカ建築家協会(AIA)全米大会の展示会場で、マグロ […].........続きを読む

2011年5月12日
管理人のイエイリです。 先日、当ブログでご紹介しましたアメリカ建築家協会(AIA)ニューオーリンズ大会での講演があと1時間ほどに迫りました。   AIA大会の会場、ニューオーリンズコンベンションセンター(写真:家入龍太。以下同じ) ニューオーリンズはもう夏といってもいいくらいで気温は30度 […].........続きを読む

2011年5月11日
管理人のイエイリです。 2001年9月11日と言えば、ニューヨークの世界貿易センタービルなどで同時多発テロが発生した日です。 それから約10年がたとうとしている今、世界貿易センタービルの跡地「グラウンドゼロ」では、1ワールドトレードセンタービルなど5つの超高層ビルからなる複合施設の工事が進んでいます […].........続きを読む

2011年5月10日
管理人のイエイリです。 成田空港から飛ぶこと約13時間、アメリカのニューヨークにやってきました。 いよいよ11日に迫ったAIA全米大会での講演を控え、機内でも講演資料の最終仕上げ。機内では強制的に「夜」にするため、窓のスクリーンを下げていましたが、ちょっと開けてのぞいてみたところ、 ナ、ナ、ナ、ナン […].........続きを読む

2011年5月9日
管理人のイエイリです。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)を使ったコンペと言えば、2009年から毎年開催されている「Build Live Tokyo」(主催:IAI日本)が有名です。 48時間(学生は96時間)という短い時間で課題の建物をBIMで設計するというものですが、今年から […].........続きを読む

2011年5月7日
管理人のイエイリです。 来週、アメリカのニューオーリンズで開催されるアメリカ建築家協会(AIA)の全米大会が開催されます。 12日(現地時間)からの本番前、11日の午後はAIAでBIMの活用などを検討している「TAP」( Technology in Architectural Practi […].........続きを読む

2011年5月6日
管理人のイエイリです。 最近、ビデオカメラの小型化や携帯電話での動画撮影機能が進化し、インターネットで個人が撮った動画を手軽に公開できるようになりました。そのため、動画による情報共有がとても身近になってきました。 3月11日に発生した東日本大震災では、地震や津波の発生時に各地で撮影された動画がYou […].........続きを読む

2011年5月2日
管理人のイエイリです。 連休で里帰りしている方も多いでしょう。そして、以前に比べて活気がなくなった地元の建設業界の姿に寂しさを感じている人も多いのではないでしょうか。 国土交通省の調べによると、平成4年度に84兆円あった建設投資は20年度には47兆円に減りました。うち、政府投資を見ると7年度に35. […].........続きを読む

2011年4月28日
管理人のイエイリです。 昨日(4/27)、東京・恵比寿でテクラ主催の「テクラ・ユーザーディ2011」が開催されました。当初は4月8日に予定されていましたが、東日本大震災の影響で延期したものです。 メーンテーマは同社の詳細設計用BIMソフト、「Tekla Structures 17.0」の新機能紹介で […].........続きを読む

2011年4月27日
管理人のイエイリです。 建設コンサルタントや設計事務所では、業務がピークの時期になると大判プリンターが休みなく図面やパースなどをはき出します。 A1やA0といった大きな紙を使うので、カラー写真やCGを大きく使った成果品を印刷するために必要なインクの量もそれなりに必要です。しかし、プリンターの大きさに […].........続きを読む

2011年4月26日
管理人のイエイリです。 建設現場でアップルのタブレット型端末「iPad」を活用する方法を追求している「建設業iPad研究会」というグループがあります。 4月22日、東京某所でその例会があるとの情報をキャッチした私は、臨時に参加させていただきました。 当日のプログラムは、兵庫県明石市のテクノツリーによ […].........続きを読む

2011年4月25日
管理人のイエイリです。 昨年秋、スマートフォンのiPhoneやタブレット端末のiPadで使えるフリーの汎用CAD「AutoCAD WS」が公開されました。 機能はかなり制限されていますが、あのAutoCADの図面をクラウド上のサーバーに入れておき、どこでも見たり、編集したりできるのは衝撃的でした。 […].........続きを読む

2011年4月22日
管理人のイエイリです。 BIM関連企業と言えば、BIM用CADソフトのベンダーや設計・解析用ソフトベンダー、そしてBIMを活用する設計事務所や建設会社が頭に浮かびます。 ところが、日ごろは表に出てこないけど、実はBIMのソリューションを活用し、新しいシステムや技術を開発している隠れたBIM関連企業も […].........続きを読む

2011年4月21日
管理人のイエイリです。 当ブログが4月に始まったとき、最初の記事はなんだったか覚えていらっしゃるでしょうか。 それは「オシャレな空間!Open BIM Cafeが近日オープン」という記事でした。アップしたのが4月1日でしたから、ツイッターなどでは「エイプリール・フールじゃないの」というコメントもいた […].........続きを読む

2011年4月20日
管理人のイエイリです。 昨日、CADベンダーのエーアンドエーと、GISソフト大手のESRIジャパンが、東日本大震災の被災地復興のためにソフトを無料提供したという話題を紹介しました。 ちょうどその日、構造計画研究所も、東日本大震災の復興支援のため、クラウド環境で稼働するシステムの無償提供を発表しました […].........続きを読む

2011年4月19日
管理人のイエイリです。 東日本大震災への被災地支援には、義援金や支援物資の提供、ボランティアとしての参加など、様々な方法があります。 日ごろ、設計や維持管理などの分野向けにソフトウェアを提供しているベンダーも、新しい方法で被災地の支援に乗り出しました。 まずは、GISソフトの大手ベンダーであるESR […].........続きを読む

2011年4月18日
管理人のイエイリです。 先日、大判スキャナーの専門会社、カラートラック社の日本事務所を見学させてもらいました。横浜駅近くのビルにあるオフィスをたずねると、A1サイズ対応で45万円からという売れ筋のコンパクトマシンや大判プリンターと大判スキャナーを組み合わせた複合機など、様々なマシンが展示してありまし […].........続きを読む

2011年4月15日
管理人のイエイリです。 東日本大震災の被災地に立てる仮設住宅の建設計画を、米国の建築家、キモン・オーヌマさんや災害地支援活動を行っているレス・ハマサキさん、そしてドーム型仮設住宅のメーカーであるインターシェルター社が、BIMを使いながらネット上でコラボレーションして進めています。 “BI […].........続きを読む

2011年4月14日
管理人のイエイリです。 建設業界ではBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の普及が進んでいますが、まだBIMのことを知らない設計者も多くいるようです。まして、一般のマスコミにはほとんど知られていないでしょう。 ところが、4月13日のTBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」の「現場にアタ […].........続きを読む

2011年4月13日
管理人のイエイリです。 3月11日に発生した東日本大震災は、首都圏にも大きな影響を与えました。特にJRなど公共交通機関の運行がストップしたため、職場から自宅に戻るのが大変な「帰宅困難者」が出ました。 災害時の帰宅困難問題は以前から想定され、職場から自宅まで歩いて帰る訓練をしたり、歩いて帰る人に食糧や […].........続きを読む

2011年4月12日
管理人のイエイリです。 BIM活用の第一人者でもある米建築家のキモン・オーヌマ氏と、ドーム型のプレハブ建物を使って被災地で仮設村を造ってきたレス・ハマサキ氏らによる“BIM版トモダチ作戦”こと、東日本大震災の復興支援計画が、さらに本格化してきました。 オーヌマ氏は自社のサイト […].........続きを読む

2011年4月11日
管理人のイエイリです。 3月11日に発生した東日本大震災から今日で丸1カ月がたちました。あらためて、亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆さまには心よりお見舞い申し上げます。 観測史上、日本が体験したことのない巨大津波と、長く続いた震動で建物や土木構造物に甚大な被害が発生し、福島 […].........続きを読む

2011年4月8日
管理人のイエイリです。 CADソフトにも製図用の軽いソフトから、BIMや3次元CADのように重いソフトまで様々なものがあります。 せっかくソフトを買って自分のパソコンにインストールしても、ハードの性能が不十分だとサクサクと動かず、いらいらすることもありますね。  そこでアイマックスが札幌駅 […].........続きを読む

2011年4月7日
管理人のイエイリです。 東日本大震災で被災した地域の復旧作業や救難捜索活動、孤立した地域への支援物資輸送などで在日米軍が大規模な「トモダチ作戦」を展開しました。 米国カリフォルニア州在住の建築家、キモン・オーヌマ(Kimon Onuma)氏も復興支援活動ができないかと考えました。オーヌマ氏は、48時 […].........続きを読む

≪ 新しい記事
前の記事 ≫