FARO(5) /MetaMoJi(1) /NYKシステムズ(2) /YSLソリューション(1) /インテリジャパン(1) /エーアンドエー(6) /エーキューブ(2) /オリンパス(3) /オートデスク(18) /グラフィソフトジャパン(15) /システムメトリックス(2) /ジェイドラフ(5) /トップライズ(2) /トプコン(2) /ビージェーソフト(1) /フォーラムエイト(12) /ベントレー・システムズ(1) /レノボ・ジャパン(3) /建設システム(2) /日本HP(29) /未分類(8) /福井コンピュータ(2) /
2014年7月28日
「FARO Laser Scanner Focus3Dは2013年に導入したばかりですが、2014年の5月現在で既に5本の作品に使いました。CGのモデリングや、現場で撮影した映像を他の映像と合体させたり、コンピューター・グラフィックスの動画と組み合わせたりする業務には、もはや欠かせません」と語るのは […].........続きを読む

京都大学大学院 建築学専攻の建築構法学研究室は、コンクリート造の建築物を対象に建築部材や構造の開発や設計法の研究を行っている。校舎の地下にある実験室で重さ7tにも及ぶ巨大な建物模型の破壊実験で得られたデータを、フォーラムエイトの解析ソフト「UC-win/WCOMD」や「Engineer’ […].........続きを読む

2014年7月16日
竹中工務店は兵庫県尼崎市内の工場建設工事で、NYK システムズの設備用BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフトウェア「レブロ」を活用。建築主のユースポイントの早期の合意形成取得、施工図の見える化による手戻り防止、長期的な保全業務のための3D 取扱説明書の作成を通じて、生産性と顧客 […].........続きを読む

2014年7月14日
「特に空調用の冷水や温水を供給する熱源機械室の内部は高温で、大きな騒音が発生しています。こうした過酷な環境下では、人間の集中力は1時間ほどしかもちません」と日比谷総合設備株式会社(以下、日比谷総合設備)工事統括部の東一聡課長は語ります。 工事用の図面を作るために、数人がメジャーなどによって熱源機械室 […].........続きを読む

2014年7月5日
住宅地にはさまれた国道298号の地下に外かく環状道路のトンネルを構築する―――国土交通省の平成25年度CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)試行工事で「希望型」に指定された工事で、前田建設工業はオートデスクのCIMソフト「Autodesk Revit Structure」、「A […].........続きを読む

2014年7月4日
清水建設シンガポール事務所は、オートデスクのBIM(ビルディング・インフォメー ション・モデリング)ソフトを活用し、4年がかりで活用スキルのレベルアップに取り 組んできた。2014年から大規模複合施設「MBC2」の建設では、ついに意匠、構造、 設備を連動させた「フルBIM」を導入。短工期での施工を目 […].........続きを読む

2014年3月28日
東京・九段北の山設計工房がVectorworksでBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)を始めたのは2012年。以来、5件のプロジェクトにBIMを活用した。同社の設計者は、日本ヒューレット・パッカードのノート型ワークステーション「HP ZBook 15」と、最新版の「Vectorwo […].........続きを読む

2014年3月11日
三井住友建設は2013年にジェイドラフが発売した2次元CADソフト「JDraf」を、昨年10月以降、新規導入する同社の標準パソコンすべてにインストールしている。低価格にもかかわらず建設業界のデファクトスタンダードとなっているファイル形式「DWG」との互換性があり、既存CADソフトと同様に使えるのが特 […].........続きを読む

2014年3月10日
日本ヒューレット・パッカードが発売した世界初のウルトラブック型ワークステーション「HP ZBook14」は、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフト「ArchiCAD」の外出先での活用やワークフローをどう変えるのか。同ソフトを発売するグラフィソフトジャパン大阪営業所のスタッフが、 […].........続きを読む

2014年2月28日
土木インフラの分野で普及しつつある3Dベースの設計・施工管理手法、CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)の実務で、日本ヒューレット・パッカードのノート型ワークステーション「HP  ZBook 15」はどんなパフォーマンスを発揮するのか。オートデスクのエンジニアが代表的なCIMソ […].........続きを読む

2014年2月26日
一貫構造計算ソフト「SS3」と、オートデスクのBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフト「Autodesk Revit」の間でデータの双方向連携を行う「SS3 Link」と、BIMモデルから日本独特の断面リストを自動的に作る「RC断面リスト作成」という2つのエクステンションアプリが […].........続きを読む

2014年2月16日
東急建設では昨年から建築部門にBIM推進グループ、土木部門にCIM担当を置き、建築と土木が連携しながら「UIM(アーバン・インフォメーション・モデリング)」という独自の概念で、東京・渋谷の街づくりなどを手がけている。多数の建物や地下街を一体化した大きな3Dモデルを扱うための主力マシンとして、日本ヒュ […].........続きを読む

2014年2月8日
土木構造物や建物を3Dで設計・施工するCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)やBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の対象は、構造物内部の鉄筋配筋まで進んできた。フォーラムエイトは他のソフトと連携して鉄筋を3Dでモデル化し、配筋状態の可視化から干渉チェック、設計 […].........続きを読む

2014年1月28日
2012年度に国土交通省が行ったCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)の試行プロジェクトで、パシフィックコンサルタンツは技術レベルの高い「先導モデル」など2件を担当した。以前から、日本HPのマシンを多く活用する同社のCIM担当技術者に、インテル® Xeon®プロセッサー搭載「H […].........続きを読む

2013年12月16日
安井建築設計事務所では設計業務のほとんどにBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)を活用するまでになった。同社のように設計実務者だけでなく、管理職もBIMを活用する企業では、やや古くなったパソコンでもBIMに対応できるように整備することが課題だ。そこで同社の設計者にグラフィックボード「 […].........続きを読む

2013年11月11日
次世代の道路交通技術をテーマとしたITS世界会議2013(ITS World 2013)が10月15日~18日、東京ビッグサイトで開催された。フォーラムエイトはこの会議に併設された展示会に出展し、先進運転支援システム(ADAS)やF1レースをドライビングシミュレーターで実演したほか、バーチャルリアリ […].........続きを読む

2013年11月10日
長野県大町市で計画中の土石採取事業で行われた自主的な環境評価「スモールアセス」を担当したNPO法人「地域づくり工房」は、土石採取場や周辺地域をフォーラムエイトのバーチャルリアリティーソフト「UC-win/Road」でリアルに再現。地元住民を対象にした説明会で使用した結果、9割以上の住民が「説明が分か […].........続きを読む

2013年10月10日
竹中司氏が代表を務めるアンズスタジオは、施工部門を新設し、3軸5軸のCNCや産業用ロボットなどのデジタルファブリケーションを用いた実践的なものづくりに取り組んでいる。この部門に欠かせないのが、3次元CAD「Vectorworks」と3Dプリンターだ。そのデータ処理や3Dプリンターの駆動には、日本ヒュ […].........続きを読む

2013年10月8日
2013年8月23日(金)、東京・大手町サンケイプラザで「Vectorworks教育シンポジウム2013」が開催された。5回目となる今回はメインテーマに「デザインイノベーション」をかかげ、サポーズデザインオフィスの谷尻誠氏が「How to Think」と題する特別講演を行った。 開会に先立ち、エーア […].........続きを読む

2013年9月30日
グラフィソフトジャパン9月25日に発売した「ArchiCAD 17」のキャッチフレーズは「BIMは細部に宿る」。まさに日本のBIMユーザーのリクエストにこたえて開発されたといっても過言ではない。壁材や床材などを含めた部材の「勝ち・負け」の自動調整、躯体の面や中心を基準線としたモデリング、見上げ・見下 […].........続きを読む

2013年9月26日
米国コロラド州にあるデンバー国際空港の拡張工事では、Autodesk RevitやAutodesk Infraworks、AutodeskNavisworksなどのオートデスクのBIM/CIMソフトをフルに活用し、設計・施工を行っている。設計チームのオフィスには「BIMルーム」と呼ばれる部屋があり、 […].........続きを読む

インテリアやデザインに強く、かつBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフトの「Vectorworks」は、Mac版からスタートしたが最近はWindows版を使うユーザーの方が多くなっている。発売元のエーアンドエーで商品企画や他ベンダーとの協業に関する業務を担当する福原弘之氏に、日本 […].........続きを読む

2013年8月8日
NYKシステムズが2013年6月に発売した建築設備専用BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフトの最新版「Rebro2013」は、並列処理の導入やCG機能や技術計算機能の強化などで、設備設計の生産性をさらに高めました。その進化の秘密を同社営業部の設備技術者、小林美樹さんが徹底解説し […].........続きを読む

2013年7月22日
本社にあるワークステーションにインストールしたBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフトを出張先からモバイルワークステーションやタブレットでリモート操作する。さらにクラウドサービスと連携した大判プリンターで本社と出張先の社員が同じクオリティーで印刷された図面を見ながら打ち合わせする […].........続きを読む

2013年7月7日
  日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)が6月12日に発売したA0プラス対応のインクジェットプリンター「HP Designjet T1500 ePrinter HDDシリーズ」(以下、T1500)は、排紙を平らに保持するインテグレーテッドスタッカーや低い位置に取り付けたダブルロー […].........続きを読む

2013年7月2日
エーアンドエーは2013年5月9日~10日の2日間、東京・品川で「Vectorworks Solution Days 2013」を開催した。今回のテーマは「EVOLVE -進化-」。「Vectorworks 2013シリーズ」で新たに加わったランドスケープデザイン向けの「Landmark」や舞台照明 […].........続きを読む

2013年6月1日
岐阜市の小規模設計事務所、アーキ・キューブは「Autodesk Building Design Suite」などのBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソリューションを導入。企画からプレゼンテーションまでの大幅な時間短縮や実施設計、監理業務までBIM活用の幅を広げている。同社の大石佳 […].........続きを読む

2013年5月24日
  「A0プラス対応の大判プリンターなのにスタンド付きのままエレベーターに乗るなんて」―――東京・駒込にある大日本コンサルタントの本社に、日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)の「HP Designjet T520 36inch ePrinter」(以下、T520)が搬入された時、 […].........続きを読む

2013年4月28日
名古屋に本社を置くシェルパは、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)をクラウド上のデータベースと連携させ、複数の建物を統合的に維持管理するファシリティー・マネジメント(FM)用のシステム(ハンガリーのarchifm.net vintoCON社)を活用しFMデータベースを構築している。 […].........続きを読む

2013年4月27日
大建設計ではBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)をプロポーザルや実施設計、さらに建物の通風性能を高めるための流体解析(CFD)まで、様々な業務に活用している。同社デザインセンターの設計実務者が日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)の省スペース型ワークステーション「HP Z2 […].........続きを読む

3 / 512345
≪ 新しい記事
前の記事 ≫