5/15、大阪でパワーユーザーカンファレンス 『実用化へ加速するBIM』

2012年4月23日

大手ゼネコン、組織設計事務所をはじめとし、建設産業の中でBIMが実用化され始め、各社、設計段階や施工段階によるBIMの活用メリットを出しはじめています。また一方では、国内における受注総額は、ピーク時の半分となり、 厳しい情勢が続き、各社では海外に向けた取り組みも活発になりつつあります。

本セミナーでは、国内大手ゼネコンでの取り組みをはじめ、世界中で多くの賞を受賞されている建築家 遠藤秀平氏をお招きし、アトリエ系設計事務所における3次元の活用についてご紹介いたします。

開催日程

2012年5月15日(火)13:00 開場 
13:30-17:30
 

会場

地図
会場:
ハービス HALL
大阪市北区梅田2-5-25 ハービスOSAKA B2F
地図:http://www.herbis-hall.com/access/


交通:
阪神梅田駅(西改札)  徒歩約
JR大阪駅(桜橋口)  徒歩約
JR東西線北新地駅(西改札)  徒歩約 10分
地下鉄四つ橋線西梅田駅(北改札) 徒歩約
地下鉄御堂筋線梅田駅(南改札)  徒歩約 10分
地下鉄谷町線東梅田駅(北改札)  徒歩約 10分
阪急梅田駅  徒歩約 15分

 

プログラム

   
13:00~ 開場
13:30-13:40 ご挨拶
グラフィソフト ジャパン株式会社  コバーチ・ベンツェ

13:40-14:25

【基調講演】
「アトリエ事務所におけるBIMの活用と可能性(仮)」
建築家 遠藤 秀平氏

14:25-15:10

【国内事例】
「竹中工務店におけるモデル活用 (仮)」
株式会社 竹中工務店 東京本店 設計部プロダクト部門
足立 友和氏

15:10-15:40

コーヒーブレイク(展示会場にて、協賛企業のツールをご覧いただけます。)

15:40-16:10 【ArchiCAD BIMガイドラインの紹介】
グラフィソフトジャパン PMEマネージャー  飯田 貴
16:10-16:20 休 憩(パネルディスカッション準備)
16:20-17:30 【パネルディスカッション】
建築家 遠藤 秀平氏
株式会社 竹中工務店  足立 友和氏
BIM LABO(有限会社アド設計 代表) 鈴木 裕二 氏

参加申し込み、詳細は、グラフィソフトジャパンのウェブサイトで。