BIM/CIM対応3次元CAD「Allplan2016」の価格を大幅切り下げ

2015年10月26日

 

フォーラムエイト、新製品・BIM/CIM対応3次元CAD「Allplan2016」を発売
建築・土木版定価を大幅切り下げ提供

株式会社フォーラムエイト(東京都港区港南2-15-1 代表取締役社長 伊藤裕二 URL:http://www.forum8.co.jp) は、2015年10月、BIM/CIM対応3次元CAD「Allplan2016」(建築版:Architecture、土木版:Engineering)をリリースいたしました。

Allplan はドイツのCADメーカーAllplan社(Nemetschekグループ)により開発されたIFC対応のBIM/CIM 統合ソリューションで、フォーラムエイトでは日本語ローカライズ版を販売しています。3D表示、レンダリング、数量計算などの機能を備え、UC- win/Roadや各種設計・解析ソフトなどフォーラムエイトの各種製品との連携にも対応しています。

本バージョンでは、Allplan社の協力により、英語版価格は従来通りながら日本語対応の建築・土木版それぞれについて前バージョン(96万円)から 32万円値下げし、64万円での提供となります。フォーラムエイトでは、AllplanをはじめとしたBIM/CIM対応製品による「IM&VR ソリューション」を提供しており、今回の価格切り下げではCIMのさらなる普及推進を視野に入れています。

■主な新機能
1. 新しい3Dモデリングカーネル
・シーメンスPLM社のParasolid 3Dカーネルを使用
・3D要素拡張(円、スプライン、球、円柱、一般ソリッド等)
・面取り、フィレット、ロフト、パススイープ等対応

2. CineRender (Maxon社レンダラー)
・アンビエントオクルージョン追加でよりリアルなレンダリング

3. RealTimeレンダラー:ホワイトモデル
・色、テクスチャの適用部分を白色でリアルタイムレンダリング
・1クリックでマテリアルを考慮しないデザイン部分の確認が可能

4. データ交換
・LandXML:地形点、平面線形のインポート
・IFC構造解析モデルのエクスポート
・AutoCAD(DXF, DWG) インポートRhinoceros、Cinema4D インポート/エクスポート
・大きな座標系ファイル読み込み時のオプション追加

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
▲新しい3Dカーネルを使用した形状作成 ▲CineRenderのアンビエントオクルージョン対応
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
▲LandXML:地形点、平面線形のインポート

Nemetschek Haus, Munich, Germany, Lauber Architekten, Munich; Photo: Stefan MÜler-Naumann
▲Allplan社(Nemetschekグループ)本社

詳しくは、フォーラムエイトのウェブサイトで。