FEMLEEG Ver.6 リリース

2015年10月5日
プログラム概要

ライン

国産の本格的CAEシステムであるFEMLEEGは、モデル作成から解析評価までを手軽に行
なうことができます。ほとんどの操作がマウスのみで行なえ、熟練者向けにキーボードからのコマンド入力も用意されております。またコマンドをあらかじめ用
意したファイルから読み込ませることで定型モデルの自動生成や大規模モデルにおける自動出図が可能となります。

製品構成:

製 品 名 モジュール LISA制限 節点数制限
FEMIS FEMOS LISA IMPORT FEMIST

FEMOST

FEMLEEG Ver.6 Advanced なし なし
FEMLEEG Ver.6 Standard × あり※ なし
FEMLEEG Ver.6 Lite × あり※ あり(10,000)

※NoTension解析およびCAP解析が使用できません。

  FEMLEEG Ver.6.00.00 改訂内容 <2015年 10月 1日リリース> ライン
  1. 面荷重に任意方向の指定を追加
  2. 3次元直交異方性材料に材料主軸任意方向指定を追加
  3. 基準座標系指定での切断面断面力算定機能
  4. 静弾性解析で軸対称シェル要素に対応
  5. 3角形低次シェル要素(フラットシェル要素)を追加
  6. モデルプレビュー表示する機能を追加
  7. 3次元直交異方性材料の材料主軸任意方向指定に対応
  8. NASTRAN変換で、要素面荷重の任意方向指定に対応
  9. MARC変換で、3次元直交異方性材料の材料主軸任意方向指定に対応
  10. モデルの平面変換、座標移動の機能を追加
  11. 座標値マッチングと番号マッチングの選択機能を追加

  プログラムの機能と特長

ライン

●FEMLEEGの基本構成と特長


  • FEMLEEGは、他ソルバーの入力データ/出力データ変換が可能であるためそれらのプリ/ポストとして、さらに、
    ファイル仕様を公開しているため自社開発のソルバーにもご使用いいただけます。基本構成は、FEMIS(プリプロセッサ)、FEMOS(ポストプロセッ
    サ)、LISA(ソルバー)、トランスレーター(外部インタフェース)、LApack(オプション)となっています。

    ▲図1 FEMLEEG構成図

     

●FEMIS(プリプロセッサ)


  • FEMISは優れた操作性を備えたメッシュジェネレータです。解析用メッシュデータの作成および荷重・拘束・物性などの条件を設定し、要素と形状を同時に作成できるダイレクトメッシュ分割やCADライクなメッシュ分割など、多彩なアプローチでメッシュ分割が行えます。

    画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
    ▲図2 パイプ ▲図3 コネクチングロッド
    画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
    ▲図4 斜長橋 ▲図5 ボックス桁

     

●FEMOS(ポストプロセッサ)


  • FEMOSの特徴は、表現力豊かな結果評価です。解析プログラムの出力結果を、コンター図、ベクトル図、数値図、グラフ図など、さまざまな方法で表示することができます。

    画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
    ▲図6 コンター図 ▲図7 要素色分け図
    画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
    ▲図8 ベクトル図 ▲図9 部材力図
    画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
    ▲図10 サークル図 ▲図11 数値図
    画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
    ▲図12 濃淡図 ▲図13 モード図

     

詳しくは、フォーラムエイトのウェブサイトで。