ライナープレートの設計計算 Ver.4 リリース

2016年2月1日
プログラム概要

ライン

ライナープレート設計・施工マニュアル(H12年6月)に基づき、ライナープレート立坑の設計を行うものです。

設計者は、立坑の直径と深さ、地盤条件を入力することで、ライナープレート立坑の設計計算を容易に行うことができます。

円形断面、小判形断面、矩形断面に対応しています。

電子納品対応として、Wordファイル出力、禁止文字チェック、しおり機能等をサポートしています。

  Ver.4.00.00 改訂内容 <2016年 1月 27日リリース> NEW

ライン

  1. 遠心力吹付け工法に対応
  2. 設計要領 第二集のモルタルライニング及び吹き付けコンクリートによる土留構造に対応
  3. 補強リングピッチ、継手ボルト孔径の任意設定に対応
  プログラムの機能と特長

ライン

■計算機能

  1. 土圧の算定静止土圧、ランキン土圧、テルツァギ土圧に対応。地下水位の考慮に対応。偏土圧に対応。土圧を考慮しない地層条件に対応。
  2. 座屈に対する照査円形断面、小判形断面(半円部)の座屈を照査。
  3. 応力に対する照査ライナープレート、補強リングの応力度を照査、矩形断面は補強リングの継手の設計も行います。
  4. 支保工部材の検討(小判形断面)縦梁、腹起し、切梁の応力度を照査。
  5. 深礎フレームとのデータ連携別製品深礎フレームとデータ連携を行い、ライナープレートの設計が可能。

 


■特長

  1. 設計区間を複数入力し、全区間の立坑横断面の設計が可能です。
  2. ライナープレート、補強リングおよび継手ボルトは、任意の鋼材データを追加登録できます。
  3. ライナープレート天端が地表面より突出したモデル、または、埋め込まれたモデルが可能です。
  4. メインウィンドウに全体図および3D表示の描画が可能で、入力条件をリアルタイムに確認しながらの設計が可能です。
  5. 計算書は、主要な結果を出力する一覧表形式と、手計算で追えるように配慮した詳細形式の2タイプがあります。プレビュー機能、 Word、HTML、テキスト等への出力が可能です。

詳しくは、フォーラムエイトのウェブサイトで。