高性能で経済的なLaser Tracker、VantageEをリリース

2016年10月30日

            FARO、高性能で経済的な新製品、 Laser Tracker のVantageE のリリースを発表

フロリダ州、レイクメアリー、2016年10月18日、- ファクトリーメトロジー、プロダクトデザイン、BIM/CIM、公共の安全と科学捜査および3Dソリューションとサービスアプリケーションの分野において、世界で最も信頼性の高い3次元測定とイメージングソリューションを提供するFARO®(NASDA:FARO)は、Vantage Laser Trackerの新製品のリリースを発表しました。新しいVantageE は実績のある既存の機能に加え、高速な動的測定機能を備え、短距離~中距離用途で使用する高性能な製品を求めるユーザー向けに、より手頃な価格で販売されます。

FARO VantageE Laser Trackerは、既存のVantageほどの広範囲な測定距離は求めないながらも、同じように信頼性の高い安定した機能を求めるユーザーに最適です。このリリースにより、用途別のニーズに応じて、機能や価格の選択肢が広がります。

新しいVantageE Laser Trackerは、測定範囲が最大25m(半径)で、FAROの特許取得済みの第5世代TruADM(絶対距離計)技術により、ダイナミックな測定を可能にします。Vantage Trackerは部品や対象物、アセンブリに接触させたターゲット(球状リフレクター)をレーザーが追尾しながら、連続的に測定が可能です。ターゲットを移動中にレーザービームが遮断された場合はすぐに、簡単にレーザーを再捕捉でき、測定を継続できます。

VantageEはFAROの特許取得済みのSuper 6DoF TrackArmソリューションに対応し、Vantage Trackerと1つまたは複数のFARO ScanArmを連動させ、統合3次元測定システムを構築できます。Super 6DoFは見通し線の問題を完全に解消し、高い精度を維持しながら、大幅に測定範囲を拡大できます。

「ファクトリーメトロジーに携わる多くのお客様から、より手頃な価格で、短距離~中距離用途に合った機能豊富なトラッカーが必要だという意見をいただいていました」とFAROのChief Commercial Officer のJoe Arezoneは言います。「VantageEを開発しているうちに、私たちはすぐに、安定した機能に加え、長距離測定用トラッカーと同等の精度も必要とされていることに気付きました。これらの機能と精度により、FARO Vantage Trackerソリューションは、現実世界の日々の測定課題を解決することができるのです。さらにVantageEは上級機種のVantageに比べて30%以上経済的な価格でありながら、同等の機能を搭載し、高精度を実現します。」

FARO VantageE Laser Trackerは、品質検査や治工具の検査、アライメント、リバースエンジニアリングなどの用途において、費用対効果の高いソリューションです。。従来の測定ソリューションを使用する場合に比べ、複雑な3次元測定作業を非常に短時間で完了でき、ダウンタイムを削減し歩留まりを向上することができます。中でも重要なのは、正確で一貫性のあるレポート出力が可能な測定データを取得できるということです。

新しいVantageEおよびFAROのLaser Trackerソリューションについては、 http://www.faro.com/LaserTracker/jpをご覧ください。

詳しくは、FAROのウェブサイトで。