建設業界用のモバイルマッピングシステムをリリース

2016年11月21日

            FARO®、Siteco Informaticaと提携し、より経済的で柔軟性の高い建設業界用のモバイルマッピングシステムをリリース

フロリダ州、レイク・メアリー、2016年10月10日、 -ファクトリーメトロジー、プロダクトデザイン、BIM/CIM、公共の安全と科学捜査および3Dソリューションとサービスアプリケーションの分野において、世界で最も信頼のおける3次元測定とイメージングソリューションを提供するFARO® (NASDAQ: FARO)は、FARO Focus3D Laser Scannerを使い、より経済的なコストでモバイルマッピングを実現するSiteco Informaticaとのパートナーシップ拡張を発表しました。

このパートナーシップは、新しいRoad-Scanner C の”コンパクトエディション”の発売に際して、FAROの世界中に渡る営業ネットワークと、Sitecoのモバイルマッピングシステムの技術を組み合わせたものです。本パートナーシップ協定の下で、FAROのグローバル営業ネットワークを通して、SitecoがRoad-Scanner Cのシステムの販売、インストールとサポートを行います。Road-Scanner Cは最新システムにより、他社システムよりも柔軟性に長けており、電柱の場所、送電線や配電線など、既存のインフラをデータ化する必要のある、多くのユーザーにとってより魅力的な価格となっています。

システムには、2台のFARO Focus3D Laser Scanner、360度の撮影が可能な30メガピクセルの全天球カメラとSitecoソフトウェアが含まれます。Focus3D Laser Scannerは取り外し可能で、単独でレーザースキャナーとしても使用できるため、従来のモバイルマッピングシステムとは一線を画し、ユーザーの費用対効果を大幅に向上することが可能です。

「Sitecoでは、FAROの世界中に渡る営業・マーケティングネットワークとの新たなコラボレーションを非常に喜んでおります。このネットワークにより、Sitecoは当社の営業拠点を超えたエリアに販売を拡張できる一方で、人気の高いFARO製品は将来性があり成長し続けているモバイルマッピングマーケットに参入することとなります」とSitecoのCEOであるAugusto Burchiは述べています。

「FAROでは、あらゆる活動の中心にあるのがお客様であり、そのニーズを満たすため、継続して努力を重ねております」と、FAROの社長兼CEOであるSimon Raab(Dr.)は述べています。「モバイルマッピングソリューションに関する問い合わせをたくさんいただいておりました。Sitecoとのコラボレーションにより、お客様の用途に対して、より多くのソリューションを提案できるようになりました。」

その他の情報は、下記よりご覧下さい。

www.faro.com/jp

www.sitecoinf.it

詳しくは、FAROのウェブサイトで。