認定資格に「Autodesk Fusion 360」「Autodesk Revit」を追加

2016年12月20日

ソフトウェアの操作スキルなどを評価する認定資格に 「Autodesk Fusion 360」「Autodesk® Revit® 」を追加

オートデスク株式会社は、当社が提供するソフトウェアの機能知識や操作技能を一定のレベルで評価する認定資格について、「Autodesk Fusion 360」と「Autodesk® Revit® 2016」を新たに加え、本年 12 月 17 日(土)より試験提供を開始します。試験は当社認定のトレーニング センターを運営する各社が認定試験センターとして実施します。

「Revit Architecture ユーザー」試験は、日本で始めて BIM のスキルに対応した資格試験です。また、「Fusion 360 ユーザー」試験は、次世代の 3D CAD/CAM/CAE としてプロダクト デザイン分野などでユーザーを増やしているソフトウェアです。両資格の保有者は、ソフトウェアの機能について高い知識を持ち、生産性の高い業務を遂行することができるレベルで、知識のないユーザーよりも短時間で効率よく質の高いデータを作成するスキルを持ちます。また、キャリアアップや進学に際して資格の価値をアピールすることもできます。

両資格試験の開始に伴うプロモーションとして、試験を提供する認定試験センターは 12 月 17 日(土)から試験対策講座と認定試験を無料で開催します。試験対策講座では、要点を押さえた対策本を用いて講義を行いますので、実践的な学習を受けていただけます。

今回開始する認定試験の概要

資格名称 Fusion 360 ユーザー Revit Architecture ユーザー
対象ソフトウェア Fusion 360 Revit 2016(建築設計の機能)
試験提供開始日

2016 年 12 月 17 日(土)

問題数

30 問

試験時間

75 分間

出題形式 操作実技のみ 選択式と操作実技
認定試験センターの 場所 以下のリンクをご覧ください http://www.myautodesk.jp/certification/venue.html
受験料、スケジュール 各センターにお問い合わせください
試験概要 http://www.myautodesk.jp/certification

お客様からいただいたコメントを以下にご紹介します。

「日本における様々な BIM 活用手法が検討・開発され、着実に実効果を上げ始めています。そのため、いま、BIM を理解する人材が求められており、BIM を学ぼうとする人もまた増えています。しかし、日本では、未だ BIM 学習の定型がありません。今回、BIM 資格の提供が始まります。これにより、BIM 学習の道筋・目標が出来ます。そして、この取組が、日本における BIM の発展に繋がることを大いに期待しています。」

株式会社日本設計 プロジェクト管理部副部長 兼 3D デジタルソリューション室長 岩村 雅人 様

「この検定制度は、Revit の操作というサービスを提供する側の学習目標となり、またサービスを受けようとする側にとっては、サービス提供者のスキルを推し量り、安心して発注する目安となります。検定の内容は単なるモデル形状の操作にとどまらず、属性情報を正しく取得する技術にも注力しているため、BIM 本来の活用方法を広めるためにも大変有意義な検定だと思います。この制度に多くの皆さんが参加されることを期待しています。」

大成建設株式会社 設計本部テクニカルデザイン部 BIM ソリューション室長 高取 昭浩 様

「グローバルな Revit の認定試験が日本でも開始されることを Revit User Group Japan (RUG) は歓迎します。今後さらに業界内の BIM 認定試験へと進化することを期待します。」

Revit User Group Japan 会長 飯島 憲一 様

「デジタルファブリケーションの活用が進むなか、本校では、Fusion 360 を活用した授業を 2016 年より導入しています。資格の登場により、産業界、学生ともに、Fusion 360 を用いて表現の幅を広げていく動きになることを期待しております。」

日本大学 芸術学部 デザイン学科 准教授 細谷 誠 様

「Fusion 360 はものづくり、エンジニアリングをする学生にとって面白く、使いやすい 3D CAD です。自分たちが楽しんで使いこなせるようになるだけでなく、この資格試験によって就職の際のスキルレベルを示す選択肢が増えたことをとてもうれしく思います。」

Fusion 360 学生アンバサダーのみなさん (Fusion 360 を使用したデザイン・設計のスキルアップを目指す学生のグループ)

詳しくは、オートデスクのウェブサイトで。