地盤の動的有効応力解析(UWLC) 英語版 Ver.2 リリース

2017年1月10日

プログラム概要

有効応力に基づく弾塑性理論による方法、地震時の過剰間隙水圧の発生、剛性の低下を考慮し、地盤の変形を時刻歴で計算可能です。

解析対象は、土構造物(堤防・盛土)の地震時安定性の検討、地中構造物の浮上りの検討、地盤と構造物の動的相互作用の検討等に適用可能です。

液状化パラメータ決定機能プログラムおよび最適化手法による同定解析プログラムを付属。FEMモデルの作成はCAD的な入力方法で、簡単に作成可能です。CADファイルからの読み込みにも対応しています。

弾塑性地盤解析(GeoFEAS) 2Dと入力ファイルの連動、UC-1シリーズの柔構造樋門の設計からの地形データをインポートが可能です。

本製品の解析部は郡馬大学工学部・鵜飼研究室の地盤解析プログラムを利用し、弊社がプリポスト部の開発を行う共同開発体制をとっています。

詳しくは、フォーラムエイトのウェブサイトで。