地方創生☆政策アイデアコンテスト2016 結果発表

2017年1月31日
「地方創生☆政策アイデアコンテスト 2016」
協賛企業としてフォーラムエイト賞を贈賞
(2017年1月23日掲載)

 RESASを活用した地域分析・政策アイデアを募集する「地方創生☆政策アイデアコンテスト 2016」(内閣府地方創生推進室主催)の最終審査会と表彰式が1月21日に開催されました。当社は協賛企業としてフォーラムエイト賞を贈賞し、鹿児島信用金庫かしん経営大学       鹿児島チームの「BAY-s KAGOSHIMA project 鹿児島にもっとエンターテイメントを!若い世代が創り出す地方創生」に決定しました。
最終審査会と表彰式の模様はニコニコ生放送でライブ配信され、大臣賞の高校生以下の部は、松本県ヶ丘高等学校が受賞。イナゴや蜂の子などの
栄養価の高い昆虫食に着目し、地域創生に提案しました。大学生以上一般の部は「糸島版マーケティング()()()で地域産業のやる気()()()~福岡県
糸島市に新ブランドを創出し、地域経済を豊かにする~」、岡 祐輔 氏(福岡県糸島市役所)が受賞しました。
 

▲授賞式・懇親会の様子

 

詳しくは、フォーラムエイトのウェブサイトで。