ショベル用GNSSマシンガイダンスシステム「X-53i」を発売

2017年1月10日

当社は、新しいショベル用GNSSマシンガイダンスシステム『X-53i』を、日本国内に向け発売いたしました。
『X-53i』は、GNSSによる位置情報取得技術とセンサー技術の融合により、コントロールボックスのモニターに表示される3次元設計データとリアルタイムなバケットの刃先位置を確認しながら効率良く施工が行えます。 今回新しくなったコントロールボックスには、大きく見やすいカラータッチパネルのモニターとLEDインジケーターが搭載され、直感的な操作が可能となっています。 また本システムは、地下現場などGNSS衛星からの信号が受信できない場所でも同様の作業性を実現するため、自動追尾トータルステーションを使用する『X-53i LPS』もオプションでご用意しております。
現在、国土交通省では、建設現場の生産性向上と労働力不足への対応を目的としたプロジェクト「i-Construction」を推進しております。このたび発売いたしました本システムは、建設現場へのICT導入を促し、「i-Construction」の活用を、さらに加速させることが期待されます。

X-53i_release_J.jpg

 

※ i-Constructionは、国土交通省国土技術政策総合研究所の登録商標です。

■3D-MG GNSSショベル X-53i 製品情報ページ

詳しくは、トプコンのウェブサイトで。