3/29ウェビナー、BIMライフサイクル、企画から運用まで

2017年3月20日

開催日時:2017年3月29日(水)  15:00 – 15:30
BIMは、インフラストラクチャ・プロジェクトのライフサイクル全体を通じて急速に進んでいます。コンセプトを運用に 引き継ぐために必要なのは今やリアリティです。今回は、先日開催したCONNECTION Event Tokyoのインダストリーセミ ナーの同セッションの内容を元に、BIMの進歩のリーダーとして世界中の最高のプロジェクトをご紹介します。 当日ご参加頂けなかった方はもとより、もう一度ご覧になりたい方もぜひご参加ください。
1. 英国のCrossrailは、すべてのプロジェクト参加者との一元化を進めることで、複雑なプロジェクトを推進するための方 法としてBIMを採用しました。
2. 中国の湖北省電気エンジニアリング・コーポレーションは、屋内の220キロボルト変電所を設計するためにBIMプロセス を採用し、作業の手戻りを回避し、200万中国元を節約しました。
3. 77年間の歴史で、3百万人の卒業生を持つロサンジェルス・コミュニティカレッジ地区(LACCD)は、アメリカでもっと も大きい教育地区です。AECOMが、BuildLACCDをリードし包括的なBIM標準を採用。6ビリオンUSDのプログラムで近代化し、9つの大学を刷新し、67の新しい建物を設計・建設しました。
皆様のご参加をお待ちしております。

詳細、参加申し込みは、ベントレー・システムズのウェブサイトで。