Microsoft Azure のクラウド レンダリングに対応へ

2017年5月15日

この内容は米オートデスク インクが 5 月 10 日に発表した内容の抄訳です。

米オートデスク インクは、マイクロソフト Azure Batch Rendering Platform 上で、拡張性の高いクラウド ベースの最新レンダリング サービスのプレビュー提供を本日から開始しました。今後 Autodesk® Maya®、Autodesk 3ds Max®、そして Arnold から Azure Batch に直接データを送り、オンデマンドでレンダリング機能を利用できるようになります。利用には従量課金と、拡張機能のカスタマイズによる価格が設定される予定です。

Autodesk Maya から Azure Batch Renderingを開始する様子

レンダリングは複雑で、プロセスの変化も考慮しなければなりません。例えば IT インフラやパイプライン、データ管理、チーム規模、タイムライン、予算などの要素を検討する必要があります。今回 Azure Batch Rendering Platform の提供開始により、信頼性が高いクラウド レンダリングを、必要な容量だけ従量課金で利用できるようになりますので、コストを効率的に管理できるようになる一方で、複雑な IT インフラとライセンス管理は不要になります。さらに Azure の SDK も利用できますので、カスタム パイプラインの中でもレンダリングのワークフローを自動化することができます。オープン ソースで提供されているプラグインを利用すれば、Maya、3ds Max と直接連携させることができます。

米マイクロソフト Compute, Microsoft Azure 担当ディレクター Corey Sanders 氏のコメント 「Maya、Max、Arnold がMicrosoft Azure Batch と機能連携することで、クリエイティブ作業に集中でき、コンピューターの設定や運用、インフラ管理の負担から開放されます。そしてすべてのユーザーがボタン一つで広大なレンダリング機能を利用できるようになります。」

ユーザーにとって、クラウド レンダリングの拡張性と使い勝手の良さは業界を問わず重要で、オートデスクは円滑に移行できるように支援する方法を常に検討しています。Microsoft Azure とチームを組むことで、当社のユーザーは、各社固有の設備とプロジェクトのニーズに合ったクラウド ベース レンダリング プラットフォームを選ぶ選択肢が広がります。

Azure Batch Rendering Platform プレビューに参加をご希望の方はこちらをご覧ください。(英語サイト) https://rendering.azure.com

以上

詳しくは、オートデスクのウェブサイトで。