9/26、10/25、11/27東京、建築モデルのためのGrasshopper入門(2日コース)

2017年8月21日

本トレーニングでは、書籍「Grasshopper入門」をテキストとして、1日目にGrasshopperの基本を学びます。
2日目は、建築で使用されるモデル形状を作成する上でよく使う機能を理解しながら、Grasshopperでのアルゴリズムの作成方法を学びます。

期間 2日間(6時間 x 2)
時間 10:00~17:00(開場 9:30)
会場 株式会社アプリクラフト トレーニングルーム(東京・渋谷)
定員 8名 (先着順)
教材
受講料

¥72,000(教材付き・税別)

内容

(使用ソフトウェア: Windows版 Rhinoceros 5 及び Grasshopper)

【1日目】
■Grasshopperの基礎
Grasshopperの起動とインターフェース
演習:パラメトリックに定義された角柱を生成する
演習:点群データの操作
演習:カーブ・サーフェスのパラメーターの操作
簡単な3次元形状の作成
■コンピュテーショナルモデリングの基礎
解説:スタジアム(ルーフの紹介)
演習:3次元的なビームと2次元的なビームの違い
演習:パラメーター空間とデザイン構造
演習:UVを利用したアルゴリズム
演習:階層構造を意識したアルゴリズム
演習:UV分割の応用

【2日目】
■建築のモデリングを通してGrasshopperを学ぶ
架空の中規模ビルディングを題材に、Rhinoの2Dオブジェクトを参照し、
数値パラメーターの制御によるシミュレーション可能なアルゴリズムの作成方法を学びます。
演習:パラメトリックに生成するスラブと床面積計算
演習:パラメトリックに生成する柱の作成
演習:ルーバーの作成アルゴリズム
■ビルディングを通してGrasshopperを学ぶ
Rhinoのオブジェクトに依存しないシミュレーション可能なアルゴリズムの作成方法を学びます。
演習:ユニットからなる建築モデル
演習:ファサード作成アルゴリズム
演習:パネル分割アルゴリズム

詳細、参加申し込みは、アプリクラフトのウェブサイトで。