控え壁式擁壁の設計計算 Ver.6 リリース

2017年8月28日
プログラム概要ライン
「控え壁式擁壁の設計計算」は、道路土工・擁壁工指針を主たる準拠基準とし、「土留擁壁・石積の設計と解説」(現代理工学出版)等に示される控え壁式擁壁の設計手法を参考として、安定計算及び許容応力度法、限界状態設計法による部材設計(竪壁、つま先版、かかと版、控え壁、接合部)を行います。「擁壁の設計・3D配筋」での単位幅当りの設計では不可能であった照査が可能となります。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
▲メイン画面

  Ver.6.0.0 改訂内容 <2017年 8月 22日リリース>NEWライン
  1. 任意荷重(鉛直荷重)に起因する慣性力に対応
  2. クーロン土圧計算時において、影響線内の土重を荷重に換算する方法に対応
  3. クーロン土圧係数計算時のφ-β-θ<0(負の平方根)の扱い方選択に対応
  4. 竪壁傾斜を考慮した鉄筋量計算に対応

詳細は、フォーラムエイトのウェブサイトで。