9/12、10/16、11/14東京、Rhinoceros 建築モデリング入門(2日コース)

2017年8月21日

本トレーニングでは、書籍「Rhinocerosで始める建築モデリング入門」をテキストとして、3次元の建築モデリングに必要な基礎を習得します。大きな分類としては意匠建築になりますが、寸法・精度を抑えたモデリング、データ変換の基礎、図面作成・レンダリング等視覚化の基礎に関しても学びます。補足として、テキスト以外の演習モデルや、曲面造形の一部を紹介します。

期間 2日間(6時間 x 2)
時間 10:00~17:00(開場 9:30)
会場 株式会社アプリクラフト トレーニングルーム(東京・渋谷)
定員 8名 (先着順)
教材
受講料

¥72,000(教材付き・税別)

内容

(使用ソフトウェア: Windows版 Rhinoceros 5)

【1日目】
■「Rhinoceros」を学ぶ
Rhinocerosのインターフェース
オブジェクトの種類
■ボリュームスタデイから「基礎」を学ぶ
演習:2D図作成
演習:3D図作成
便利な機能の紹介
オブジェクトの選択
■既存建築をトレースして「モデリング」を学ぶ
演習:ホキ美術館のモデリング

【2日目】
■建築のモデリングを通して「プロセス」を学ぶ
演習:ポリゴナルタワーのモデリング
■基礎モデリング
既存建築のモデリング
「Rhinocerosで学ぶ建築モデリング入門」とは別の演習モデルを使用します。
■モデルデータの「連携」を学ぶ
データ変換
RhinoのプラグインGrasshopper、VisualARQ
■曲面造形体験
スタジアム、パビリオンの紹介
「Rhinocerosで学ぶ建築モデリング入門」とは別の演習モデルを使用します。
■モデルの「視覚化」を学ぶ
2次元図面の作成
レイヤーステート機能
ホキ美術館外観のレンダリング
ホキ美術館内観のレンダリング

詳細、参加申し込みは、アプリクラフトのウェブサイトで。