ARCHICAD BIM 事例レポート 金秀建設株式会社

2017年12月4日

沖縄県那覇市の金秀建設は、70年余の歴史を持つ地域密着型の建設会社である。幅広い建設土木事業を展開している同社だが、鉄筋や鋼材、建材分野に強みを持つ金秀グループの1社だけに、特にS造建築の技術の高さには定評がある。同社は早くから3次元ツールの導入と活用を進め、2016年に ARCHICAD を導入。これを機に施工BIM の本格的運用を開始し、いまや全物件の7〜8割でBIM を活用するに至っている。ARCHICAD 導入からわずか1年余で確立した独自の施工BIM について、これを担う建築工事部・工務部の皆様にお話を伺った。

ARCHICAD BIM 事例レポート 金秀建設株式会社

詳しくは、グラフィソフトジャパンのウェブサイトで。