橋台の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応)Ver.2 リリース

2018年2月6日
プログラム概要

ライン

本製品は、公益社団法人 日本道路協会より平成29年11月に発刊された道路橋示方書・同解説を参考に、橋台の設計に対応したものです。

 

▲メイン画面

 

 

  Ver.2.0.0 改訂内容 <2018年 1月 31日リリース>NEW

ライン

  1. 平成29年11月 道路橋示方書・同解説に対応しました。
  2. Ver.1から変更のある項目は、以下のとおりです。(1)胸壁、翼壁において、地震時温度変化荷重(D+TH+EQ)ケースの照査に対応しました。

    (2)耐久性能照査時の部材の腐食に対する照査においては、気中部材のみ照査を行う

    ようにしました。

    (3)底版設計時において、コンクリートが負担できるせん断力Scdにおいて上限値

    (Φuc・τcmax・b・d/k)を考慮しないようにしました。

    (4)橋台単独設計時の杭基礎において、杭頭接合部の照査に対応しました。

    (5)竪壁設計時の最小鉄筋量の照査において、計算上必要なコンクリート断面積A’の算出を

    変更しました。鉄筋の圧縮応力度の制限値及びコンクリートの軸圧縮応力度の制限値の

    参照先をD+EQとD+EQ以外で分けるようにしました。

詳しくは、フォーラムエイトのウェブサイトで。