点群と融合!土木施工業向けVR開発に着手

2018年2月19日

福井コンピュータ株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:田辺  竜太)は、土木施工現場を計測した大容量の点群データが活用できるバーチャルリアリティシステムの研究開発に加え、実務で活用するための具体的な検証を関係各所と協力しながら進めて参ります。

点群データを活用する土木施工業向け VR 技術の開発概要

福井コンピュータ株式会社では、CIMコミュニケーションシステム「TREND-CORE」で作成した 3次元モデルデータを利用し HTC  Vive(バイブ)のヘッドマウントディスプレイを装着することにより、圧倒的な没入感を体験できる「TREND-CORE  VR」を昨年リリースしております。この度、点群データを VR に活用する技術の研究開発に着手いたします。これにより、i-Construction・CIM の普及とともに急速に広がる大規模点群データを用いた現況と 3D モデルデータのバーチャル融合が可能となり、実務におけるよりリアルな 3D 体験が実現されます。

詳しくは、福井コンピュータのウェブサイトで。