落橋防止システムの設計計算(部分係数法・H29道示)Ver.2リリース

2018年2月6日
プログラム概要ライン
  Ver.2.0.0 改訂内容 <2018年 1月 31日リリース>NEW

ライン

  1. 平成29年11月 道路橋示方書・同解説に対応しました。
  2. Ver.1から変更のある項目は、以下のとおりです。(1)入力画面・出力・ヘルプにおいて、H29道路橋示方書・同解説の語句に対応しました。

    (2)必要桁かかり長の照査において、固定支承の場合に最大応答変形量uRを「0」とするようにしました。

    (3)接合用高力ボルトの照査において、限界状態3の照査に対応しました。

    (4)必要桁かかり長の照査において、落橋防止構造及び横変位拘束構造の設置の例外の場合の照査内容に対応しました。

詳しくは、フォーラムエイトのウェブサイトで。