3Dレーザースキャナー「GLS-2000」製品情報を更新

2018年4月15日

3D Laser Scanner GLS-2000

                                   
                    特長                     仕様                     カタログ                     MOVIE
                   
測定レンジによって選べる3つのラインアップ

  • 高速・高精度マルチレンジスキャニング
  • 高品質点群データ “Precise Scan Technology Ⅱ”搭載
  • 世界初! Direct Height Measurement機能搭載
  • 簡単・高精度レジストレーション
  • 直感的操作のオンボードソフトウェア
  • 新設舗装面計測用の路面モードを搭載

 

NETIS 地上型3次元レーザースキャナによる形状計測 登録番号:KT-140022-VE NETIS 3Dテクノロジーを用いた計測及び誘導システム 登録番号:KT-170034-A

GLS-2000を使用した「地上型3次元レーザースキャナによる形状計測」は、NETIS登録技術の活用促進技術です。

 

現場をすばやく3D化!

GLS-2000_100_J.jpg

測定レンジによって選べる3つのラインアップ

ロング 500m ミドル 350m ショート 130m

設備やインテリアなどの短距離から土木現場の現況作業や大型構造物まで、用途に応じて3種類からお選びいただけます。

速さを追求したパルス(TOF)方式スキャナー

パルス方式スキャナー

ノイズの少なさと長距離で定評のあるパルス方式に、ウルトラハイスピードサンプリング技術を採用。高速化を実現しました。

25mm@10m 約55秒、12.5mm@10m 約1分50秒、6.3mm@10m 約6分55秒 ※高速モード使用時

簡単操作のオンボードソフトウェア

オンボードソフトウェア

ワンボタンでスキャンが開始できる簡単ソフトウェア。グラフィック表示で、操作性の良いコントローラです。

 

Direct Height Measurement(器械高自動測定)機能搭載

器械高自動測定

ボタンを押すだけで器械高を測定。簡単で、計り忘れの無い確実な作業が可能です。

 

広角・狭角デュアルカメラ

デュアルカメラ

広角170°/5Mピクセルカメラと、同軸で狭角8.9°/5M ピクセルカメラを搭載。広角カメラは、超高速で全周画の取得を可能としました。

 

リモートコントロール(オプション)

GLS-2000_030_J.jpg

本オプションを追加することで、AndroidTM端末から無線LANによるリモートコントロールが可能です。 GLS-2000を高所や危険な場所に設置する場合など、本体タッチパネルを操作できない状況でも端末側で操作が行えます。

 

7種類の測定スキャンモードを搭載

GLS-2000_007_J.jpg

現場状況、要求精度に合わせ、「詳細」、「高速」、「低出力」、「標準」、「近距離」、「路面」、「路面(高出力)」のスキャンモードを搭載し、様々な計測シーンでご利用いただけます。

 

GLS-2000_019_J.jpg

路面モード搭載

GLS-2000_031_J.jpg

反射率の低い暗色の路面でも、舗装面計測用の「路面」モードを使用することで測定が行えます。 新設のアスファルト舗装面の測定には、「路面(高出力)」モードが適応。 i-Constructionにおける舗装工の出来形計測に対応します。

 

ターゲットスキャン 360°プリズム対応

GLS-2000_032_J.jpg

360°プリズム(ATP1/ATP2)に対応し、器械点移動の際にプリズムの向きを変更することなく、すぐに測定開始。計測時間の高速化を実現します。

 

Precise Scan TechnologyⅡエンジンにより、高品質データの取得を実現

GLS-2000_033_J.jpg

高精度化と高速化を両立させながら、驚くほどノイズの少ないデータは、後処理の効率化に大きく貢献します。高品質なデータが生産性の向上に寄与します。

 

ファーストパルス/ラストパルス選択機能

対象物によっては1回のパルス発光で、複数のリターンパルスがあります。GLS-2000は、ファーストパルスの位置に加え、ラストパルスの位置を選択して測定する事が可能です。測定物の手前に草木やフェンス等の障害物がある場合に有効です。

複数のリターンパルス

多彩なレジストレーションをサポート!

高精度レジストレーション

トータルステーションで馴染みのある器械点・後視点法、および後方交会法をレーザースキャナーでサポート。 測量機メーカートプコンならではの機能を含めた6種類のレジストレーションで現場作業が行えます。

MAGENT Collageがつなぐ、シームレスな現場の3D化!

MAGNET Collage 3D点群処理ソフトウェア 製品ページへ

MAGNET Collageは、観測からデータ処理・加工・出力、そして点群合成までを実現する3D点群処理ソフトウェアです。短時間で3次元点群モデルを作成することが可能です。

 

3D点群ビューワー(オプション)

GLS-2000_020-2_J.jpg

MAGNET Collage Webは大容量の点群データを、Web環境のみで閲覧できるウェブアプリケーションです。断面や距離、面積を計測することもできますので、より詳細に情報を把握することができます。

GLS-2000_018-2_J.jpg

3Dデータサービス

GLS-2000_040_J.jpg

3Dデータの生成・解析のアウトソーシングサービス! お客様に代わり、レーザースキャナー及びUAV の3D 点群処理を行うサービスを提供しています。繁忙期の作業支援、レンタル時の解析など、お客様の業務を支援し、i-Construction の推進に貢献いたします。業務にお困りの際は、ご相談ください。 >>詳しくはこちらをご覧ください。
お問い合わせ窓口: 株式会社トプコンソキアポジショニングジャパン 3D データサービス担当 TEL:03-5994-0671 E-Mail:3dd_service@topcon.co.jp

※ i-Constructionは、国土交通省国土技術政策総合研究所の登録商標です。

詳しくは、トプコンのウェブサイトで。