シンガポール大臣、神戸トレーニングセンタ来訪

2018年4月9日

ンガポール社会家庭発展大臣兼国家開発第二大臣、神戸トレーニングセンタ来訪

発表日 2018年04月03日

2018年3月13日、シンガポールより社会家庭発展省(Ministry of Social and Family Development)の大臣、兼国家開発省(Ministry of National Development)の第二大臣であるMr. Desmond Lee、同省事務次官及び建設建築局(BCA)局長その他政府関係者総勢13名が弊社神戸トレーニングセンタをご来訪され、弊社の紹介及びi-Construction向けソリューションについて実機デモを交えご紹介しました。

シンガポール国家開発省は、日本の国土交通省が推進している「i-Construction」による土木施工における生産性向上に高い関心を持たれ、今回の訪日を利用し、弊社トレーニングセンタへのご訪問が実現しました。

弊社が1995年より20年以上に渡り取り組んでいるICT自動化施工の概要、国土交通省が提唱する「i-Construction」の概要及び日本の最新のi-Construction工事の事例紹介など、活発な質疑応答を交えながら各プレゼンテーションを行い、その後、屋外ではマシンガイダンスシステム、3Dドーザーシステム、3Dレーザースキャナーの実機デモを実施しました。 また、弊社の3次元計測機器(3Dレーザースキャナー、モバイルマッピングシステム、ドローンを活用した空中写真測量)の紹介と2月に買収したBIM向けソフトウェア会社ClearEdge3Dのソリューションの紹介もさせて頂きました。

シンガポールは建築確認申請時にBIMモデル提出を義務付けているBIM先進国ですので、弊社のハードからソフトまで一貫した幅広い3Dソリューションにもおそらく高い関心を持って頂けたかと思います。

弊社は1979年にアメリカ・オランダについで世界3箇所目となる営業拠点を既にシンガポールに設置しており、それ以来南アジア及び東南アジア地域を統括する重要拠点となっています。 今回の当社トレーニングセンタご来訪を通し、弊社が、シンガポールにおける建築・建設業の生産性向上に少なからず貢献する契機になったのではないかと期待しています。

右)Mr. Desmond Lee 左)当社常務・江藤隆志 右)シンガポール社会家庭発展省大臣兼国家開発省第二大臣 Desmond Lee氏、 左)弊社 取締役兼常務執行役員 江藤隆志

3Dドーザーシステム実機デモ

3Dレーザースキャナー実機デモ トレーニングセンタ実機デモ

神戸トレーニングセンタ研修施設前での記念撮影 研修施設前での記念撮影

詳しくは、トプコンのウェブサイトで。