GRAPHISOFTがBIMxのプレゼンテーション機能を発表

2018年5月15日

ブダペスト 2018年5月10日-  BIM(Building Information Modeling)ソフトウェア開発を行うGRAPHISOFT SE(本社:ハンガリー ブタペスト、CEO:Viktor Várkonyi(ビクター・バルコニー)、以下「GRAPHISOFT」)は、数々の賞を受賞したBIMプレゼンテーションおよびコミュニケーションアプリBIMxの重要なアップデートを発表しました。iOSとAndroidの両方のユーザーが利用できるプレゼンテーション機能により、設計者やクライアントは、より没入感のある、整合性が保たれた方法で建物の設計を体験できます。

GRAPHISOFTがBIMxのプレゼンテーション機能を発表

詳しくは、グラフィソフトジャパンのウェブサイトで。