ディープラーニングの時代に向けて、NVIDIA がワークステーションを変革

2018年5月15日

 

hdr-quadro-gv100-deep-learning-simulation

Volta アーキテクチャを採用した Quadro GV100 は、これまでにないディープラーニングとシミュレーションの機能をデザイナー、エンジニア、科学者の皆様に提供します。

ディープラーニングの需要が高まり続ける中で、既に業務のあり方に変化が訪れています。そして、ディープラーニングが導入されたワークフローのさらなる進化を牽引しているのが、NVIDIA Volta GPU アーキテクチャです。

NVIDIA の創業者兼 CEO のジェンスン フアンは GPU テクノロジ カンファレンスの基調講演において、Volta ベースの Quadro GV100 を新たに発表し、リアルタイムのレイ トレーシングとディープラーニングによってワークステーションにもたらされる変革について語りました。

Quadro GV100 とそのコンパニオン製品であるデータ センター向け Quadro vDWS は、自動車、建築、エンジニアリング、エンターテイメント、医療といった業界の世界大手企業における需要拡大に対応するもので、ディープラーニング ベースの研究開発の迅速な展開、ディープラーニングで強化されたアプリケーションの高速化、フォトリアリスティックな VR の実現、時間や場所を問わない安全なアクセスを実現します。

今回発表された新製品では、デザイナー、エンジニア、科学者など、各分野のプロフェッショナルが、かつてないほど高度なディープラーニング、レンダリング、シミュレーションを実行でき、まったく新しい方法で優れた製品を設計できるようになります。ジェネレーティブ デザインなどの GPU アクセラレーションを利用した技術を活用したり、複雑なシミュレーションをより高速に実行したりできるため、企業にとっては設計上の選択肢が増えることになり、パフォーマンスとコストに合わせて設計を最適化して、画期的な製品を短期間で市場に投入できるようになります。

制約のないイノベーションを実現

新しい Quadro GV100 は、倍精度で 7.4 TFLOPS、単精度で 14.8 TFLOPS、さらにディープラーニングでは 118.5 TFLOPS の演算性能を備え、32 GB の HBM (高帯域幅メモリ) を搭載しています。NVIDIA NVLink インターコネクト テクノロジを使用して 2 枚の GV100 カードを接続すれば、メモリとパフォーマンスを拡張でき、1 台のワークステーション シャーシで大規模なビジュアル コンピューティング ソリューションを構築することができます。

GV100 には、他にも以下のようなメリットがあります。

  • ディープラーニング開発の容易な実装 – GV100 から NVIDIA GPU Cloud コンテナー レジストリにアクセスすると、任意のワークステーションでディープラーニングやハイ パフォーマンス コンピューティングを実行するための幅広い GPU 最適化ソフトウェア ツールを利用できます。
  • デスクトップ ワークステーションでの高速なディープラーニング トレーニングと推論 – 2 枚の GV100 を接続して最大 64 GB の HBM2 メモリを実現できる NVIDIA NVLink 機能と、演算専用の Tensor Core によって、負荷の高いディープラーニング トレーニングや推論アプリケーションに必要な性能が得られます。
  • 十分なレンダリング パフォーマンス – レイ トレーシングのノイズ除去パフォーマンスがディープラーニングによって高速化されることで、設計プロセス全体でスムーズなビジュアル インタラクティビティが実現されます。
  • 複雑な 3D シミュレーションを実行できる性能 – 高速な倍精度演算と、メモリを 64 GB まで拡張できる機能を組み合わせることにより、CAE (Computer Aided Engineering) ワークフローのソルバーのパフォーマンスが高速化されます。
  • 没入型 VR での共同作業、設計、作成 – 高度な VR 機能のサポートと膨大なオンボード メモリ容量により、デザイナーは NVIDIA Holodeck などの物理学に基づく没入型 VR プラットフォームで設計レビューを行ったり、複雑でフォトリアリスティックなシーンや製品を大規模に確認したりできます。

世界で最も強力なバーチャル ワークステーション

Quadro vDWS は、NVIDIA Tesla V100 GPU のサポートが新たに追加されたことで、負荷が高まる一方のコンピューティング ワークフローに対応し、接続されたデバイスに対してワークステーション クラスのパフォーマンスを安全に実現します。

Quadro vDWS では、以下のことが可能です。

  • ANSYS Discovery Live などのインタラクティブなリアルタイム シミュレーションを実行
  • フォトリアリスティックな画像のレンダリング時間を旧世代と比較して最大 80% 短縮
  • AI によって強化されたアプリケーションを活用して、設計プロセス全体でスムーズな視覚的インタラクティビティを実現
  • 接続された任意のデバイスから場所や時間を問わずに作業しながらも、データを常にデータ センターに保持することで安全性を確保

Quadro GV100 を早期に使用したお客様からの好評価

「当社では、Adobe Sensei の AI と機械学習プラットフォームを通じて、クリエイティブ分野や大企業のお客様がスマートに、効率的に、そして迅速に作業を進めながらデジタル エクスペリエンスの課題を解決できる環境を提供しています。新しい Quadro GV100 GPU を支える NVIDIA Volta GPU アーキテクチャは、AI の進化を牽引する原動力であることは間違いありません。NVIDIA GPU のスピードとパフォーマンスにより、お客様は Adobe Sensei の機能を活用して、規模やプラットフォームを問わず魅力的なリアルタイムのエクスペリエンスを実現しています。」

– Adobe、エンジニアリング担当バイス プレジデント、スコット プレヴォスト (Scott Prevost) 氏


「新しい Volta アーキテクチャの性能を利用すれば、非常に高価な物理シミュレーションの精度に匹敵する、きわめて複雑な数学的モデルを数分の 1 のコストで作成、操作できます。新しい AI 専用の Tensor Core により、当社のモデルのパフォーマンスが大幅に向上したほか、高速になった NVLink により、マルチ GPU シミュレーションを効率的に拡張できるようになりました。」

– Autodesk、計算科学研究担当ディレクター、フランチェスコ (フリオ) イオリオ (Francesco “Frio” Iorio) 氏


「AI コンピューティングを導入したことで、お客様はビジネスに関する新たなインサイトを入手できるようになり、近年の技術的進歩がなければ対処できなかったような問題が解決されるようになりました。AI 分野でお客様をサポートする Dell の機能は、IoT、ワークステーション、データセンター ソリューションに幅広く対応しています。Quadro GV100 を搭載した Precision 7920 ワークステーションは、AI 主導の未来に向けた新しいレベルのパフォーマンスとコンピューティング機能を、デスクサイド ソリューションのシンプルさで実現しています。」

 

– Dell、Precision ワークステーション担当バイス プレジデント兼ゼネラル マネージャー、ラーフル ティクー (Rahul Tikoo) 氏


「”エクスペリエンスの時代” においては、従来の手法からさらに進化した設計手法で、クライアントに向けて新たなリアリティのあるエクスペリエンスを創造することが求められます。そのためには、複数のデザイナーが共同で取り組み、多感覚のリアルな環境を作り出すことで、カスタマー エクスペリエンスを豊かにする必要があります。そして、それには膨大な GPU 処理能力が不可欠です。そのため、新しい Quadro GV100 によって 3D EXPERIENCE のパフォーマンスがいかに向上するかに大きな期待を寄せていました。Quadro GV100 GPU 2 基を接続できる NVLink 機能と、NVIDIA VR SLI による性能強化を組み合わせたところ、3D EXPERIENCE のパフォーマンスは 2 倍に向上し、数億ものポリゴンから構成される膨大なデータセットをシームレスに操作できるようになりました。」

 

– Dassault Systèmes、CATIA Design ポートフォリオ ディレクター、ハビエル メルコニアン (Xavier Melkonian) 氏


「AI は指数関数的に成長しており、機械学習によって急速なペースで変化が起こっています。HP Z Workstation をご利用のお客様には、ビジネスに対してだけでなく、エンド ユーザーに対しても多大な影響を与える前例のない機会がもたらされています。HP Z Workstation は Quadro GV100 と組み合わせることで、理想的な機械学習開発プラットフォームとなります。同時に、製品デザイナーや建築家などが必要とするきわめて高いコンピューティング能力が実現されることで、高い再現度での制作が可能になり、すぐに結果を出せるようになります。HP ML Developers Portal では、NVIDIA GPU Cloud を新たにサポートしたほか、HP の厳選されたソフトウェア スタックなど、最先端のツールを提供しています。」

 

– HP、ワールドワイド ワークステーション製品管理担当バイス プレジデント、キャロル ヘス (Carol Hess) 氏


「当社が手掛けるプロジェクトには、世界有数の超高層ビル、最長クラスの橋、多彩なプログラム、独創的なフォルムなどがあります。3D ビジュアライゼーションおよび VR ワークフロー全体で NVIDIA GPU を活用することで、すべてのプロジェクトに対して最適なソリューションを発見できるようになりました。AI が、従来の設計プロセスを強化する新たな可能性を広げてくれたのです。新しい Quadro GV100 には特に大きな期待を寄せています。大規模なプロジェクトに取り組むうえで十分なメモリを搭載しているうえに、AI を加速する能力は当社にとって画期的です。まるで、まったく新しいギアを手に入れたかのように、プロジェクトのスピードがアップし、高品質の成果物を迅速かつ効率的にお客様に納品できるようになりました」

 

– KPF、応用研究ディレクター、コブス ボスマ (Cobus Bothma) 氏


「テクノロジは常に進化しており、障壁を取り払い、これまでの想像を超えるようなイノベーションをもたらしています。コンピューティングと 3D グラフィックスに NVIDIA Quadro GV100 GPU を使用することで、さらなる進化が実現され、新たな可能性が広がると期待しています。今後数か月のうちに、Lenovo ワークステーションで GV100 をサポートする予定です。現在の包括的な AI ソリューションおよびジェネレーティブ デザイン ソリューションに、この GV100 のサポートが加わることで、クリエイティブな作業の未来を形作っていきたいと考えています。」

 

– Lenovo、ワークステーション担当ゼネラル マネージャー、ロブ ハーマン (Rob Herman) 氏


「NVIDIA Quadro GV100 をテストしたところ、購入直後の状態でパフォーマンスが 3 倍に向上しました。この性能をフル活用できるように当社のアプリケーションをカスタマイズした場合、どのようなパフォーマンスを達成できるのか、今から非常に楽しみです。」

 

– Weta Digital、ソフトウェア エンジニアリング責任者、パオロ エミリオ セルヴァ (Paolo Emilio Selva) 氏


提供状況

Quadro vDWS は現在、33 社のベンダーが提供する 120 を超えるシステムでご利用いただけます。NVIDIA Quadro GV100 は、nvidia.com で既に提供されています。4 月以降は、Dell、HP、Lenovo、富士通などの大手ワークステーション OEM や、北米およびヨーロッパの PNY Technologies、日本のエルザ ジャパンや菱洋エレクトロ、アジア太平洋地域の Leadtek といった認定ディストリビューション パートナーからも販売される予定です。

画像提供: KPF

詳しくは、NVIDIAのウェブサイトで。