HP Remote Graphics Softwareの活用動画を掲載

2018年11月26日

HPの開発した独自の圧縮技術「HP3テクノロジ」を採用、転送データを170:1の高い圧縮率で高速にエンコード。バンド幅の狭いネットワークでも支障なくデータ転送が可能。データ容量の大きい3Dグラフィックス動画や画像の回転なども、オリジナルとほぼ同等のイメージクオリティでストレスなく円滑に表示します。このHP3テクノロジは米航空宇宙局(NASA)の火星探査の画像転送にも利用されました。