Engineer’s Studio Ver.8 リリース

2018年12月11日
  Ver.8.0.0 改訂内容 <2018年 12月 10日リリース>
ライン
  1. Advanced版以上でEngineer’s Studio® Sectionが使用可能
  2. 非線形平板要素の収束性改善と損傷指標
  3. 各種照査でNG部材の赤表示
  4. 抽出キーMax/Min/Abs の個別指定
  5. アウトライン要素一覧表
  6. 活荷重の結果にばね要素と節点変位を表示
  7. 近接節点の検索とマージ

詳しくは、フォーラムエイトのウェブサイトで。