開水路の設計・3D配筋 Ver.5 リリース

2019年1月8日
プログラム概要

ライン

「開水路の設計・3D配筋」は、設計基準として土地改良「水路工」に示される開水路の設計手法を参考にして、安定計算及び許容応力度法,限界状態設計法による断面設計から、図面作成までを一貫して行うことができるプログラムです。

水路工に掲載されている荷重組み合わせに対応し、地震時についてはレベル1(中規模)地震動、レベル2(大規模)地震動に対する検討を行うことが可能です。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

▲メイン画面

  Ver.5.0.0 改訂内容<2018年 12月 28日リリース>NEW

ライン

  1. 側壁任意形状に対応
  2. 3Dアノテーション(寸法表示)に対応
  3. 土圧算出時の水中単位重量の考え方を拡張
  4. フーチング張出形状時の浮き上がり照査を拡張

詳しくは、フォーラムエイトのウェブサイトで。