デザインプロフェッショナルのためのFARO RevEngをリリース

2019年2月26日

FARO®、デザインプロフェッショナルのためのFARO RevEng™のリリースを発表

FARO® Design ScanArm用のシームレスなScan-to-CADソフトウェアソリューション

フロリダ州、レイク・メアリー、2019年2月19日 – 3Dデザインの分野において、世界で最も信頼性の高い3D測定とイメージングソリューションを提供するFARO® (NASDAQ:FARO)は、FARO RevEng™のリリースを発表しました。この最新ソフトウェアは、FARO Design ScanArmおよびFARO 8-Axis FaroArm®のユーザーにとって、包括的なデジタルデザイン体験を実現する強力なツールとなります(www.faro.com/RevEng/jp)。 RevEng™では、自動車のアフターマーケット、研究開発、遺産保護、産業機械、エンジニアリングサービス、コンピューターグラフィックスなど、幅広い産業にわたり、リバースエンジニアリングと設計に関するさまざまな課題に最適です。

クラス最高のScan-to-Design機能
• 点群をカラーでシームレスにスキャン、データ取得、表示
• スキャンしたオブジェクトに対して、幾何学的かつ視覚的に正確に点群を生成
• 点群を高品質なメッシュへと変換(オブジェクトのジオメトリを定義するエッジ、点、ポリゴン)
• 今後の設計目的に合わせてメッシュを編集、最適化、あるいは3Dプリントを可能に

高度な作業工程最適化
RevEng™のツールと機能はしっかりと統合されているため、プロジェクト情報をシームレスに引き継ぐことができ、これにより、エンドツーエンドの作業工程を劇的に合理化します。
• 使いやすさ:単一のワークシート上にある直感的なアイコンにより、時間短縮が可能になり、さらなる効率化を実現できます
• 生産性の向上:自動修正ツールにより、最適なメッシュモデルの作成に必要な時間を削減します
• 創造性の強化:メッシュモデルから2Dスケッチと3D輪郭線が簡単に抽出できます
• 高品質な出力物:試行錯誤による方法で、個々のプロジェクトに対して最善な結果を得るので、必要な成果を得ることに集中できます

ワンストップソリューション
スキャンにより高品質なカラーの点群データを取得して、高品質なメッシュモデルを生成する必要のある設計の専門家のために、RevEng™は、スキャン対象物をクリアでリアルなカラーで表現します。そのため、非常に高品質な情報をRevEng™で編集することや、サードパーティのソフトウェアにエクスポートして編集や最終モデルを生成することが自信を持ってできるようになります。

メッシュモデルの修正や、3D設計や3Dプリント用のスケッチジオメトリの抽出が必要な場合、RevEng™により、メッシュモデルの編集、最適化が可能になります。これにより、スキャンしたオブジェクトから最も正確で効率のよいデジタルデータを生成することができます。成果物として、完全なメッシュモデル、3Dプリント用に最適化されたメッシュシェル、2Dや3Dの曲線といったものが作成可能で、設計ワークフローのCADモデリングの工程へ送り込むことができます。さらに、RevEng™には高度なアルゴリズムが含まれており、処理時間を大幅に短縮することができます。

「ソリューション主導型の企業としてFAROは、顧客の投資を最適化することを重要視しています」と、3Dデザインのシニアディレクターであるトルシュテン・ブレヒト(Thorsten Brecht)は述べています。「FARO RevEng™は、開発における感性に必要なものとして作られています。市場に出るまでの時間と設計の柔軟性は、あらゆる設計プロジェクトの成功にとって非常に重要なことだと十分に理解しています。」

詳しくは、FAROのウェブサイトで。