BOXカルバートの設計・3D配筋 Ver.18 リリース

2019年4月9日
プログラム概要

ライン

鉄筋コンクリート式BOXカルバート、翼壁の設計計算、図面作成、設計調書出力を一連でサポート。

1~3連BOXカルバートの通常設計および地震時検討、1連BOXカルバートの限界状態設計、斜角付きBOXの設計、門形カルバートおよびウイングの計算が可能で、各種基準類の自動セット、自動配筋機能もサポート。基礎形式は、直接基礎、バネ基礎、杭基礎に対応。荷重は、内外水位・任意荷重及び活荷重、任意活荷重の考慮が可能。

3連BOXまでの本体・翼壁、門形カルバートの一般図から配筋図、組立図、加工図、鉄筋表などを一括生成でき、SXF、DWG、DXF等のファイル出力にも対応。3D配筋機能、IFC、Allplan形式のファイル出力にも対応。

▲メイン画面(斜角付きBOXカルバート)

製品構成:

製 品 名 機 能
BOXカルバートの設計・3D配筋 Lite 通常設計(1~3連ボックスカルバートの常時計算)

斜角付きBOXカルバート、サイロ土圧

BOXカルバートの設計・3D配筋 Standard Lite版機能

門型カルバート

限界状態設計

1~3連BOXカルバートの地震時検討 L1,L2(部材線形解析のみ)

1~3連BOXカルバートの地震時検討(NEXCO) L1

BOXカルバートの設計・3D配筋 Advanced Standard版機能

旧レベル2地震時照査オプション機能

1~3連BOXカルバートの地震時検討 L2(部材非線形解析)

1~3連BOXカルバートの地震時検討(NEXCO) L2

  Ver.18.0.0 改訂内容<2019年 4月 3日リリース>NEW

ライン

  1. 限界状態設計の2連ボックス対応
  2. 平成29年版の詳細設計照査要領の設計調書に対応
  3. 門形カルバートの曲げ照査で部材端とハンチ端の同時照査対応
  4. L/D<10時の杭軸方向バネ定数Kv算出対応
  5. バネ基礎時(常時)の支持力照査対応
  6. 鉄筋諸元データ数の拡張

詳しくは、フォーラムエイトのウェブサイトで。