ARCHICAD BIM 事例レポート 有限会社アルケドアティス

2019年6月3日

甲府盆地を一望する豊かな自然に恵まれた山梨県甲州市塩山は、古い寺社や古民家が数多く残され、日本の民家研究の草分けの地と言われている。ここに本拠を置くアルケドアティスは、建築家 網野隆明氏が主宰する一級建築士事務所。住宅等の新築物件はもちろん、この地の特性を生かした古民家再生建築に豊富な実績を持つ。同社では2017年にARCHICAD を導入し、BIMを用いた古民家再生へのチャレンジを開始した。そのユニークな取組みについて、網野氏と同社設計スタッフの皆さんに伺ってみた。

ARCHICAD BIM 事例レポート 有限会社アルケドアティス

詳しくは、グラフィソフトジャパンのウェブサイトで。