8/2沖縄、9/10大阪、Vectorworks BIM CAMP インテリア 2019

2019年6月10日

沖縄(8/2) ・大阪(9/19)  開催決定!

Vectorworks BIM CAMP インテリア 2019

Building Information Modeling(BIM)の設計手法が広がりをみせています。

BIMは、パソコンの中に建物の3Dモデルを作成していく設計手法で、その建物モデルから各種図面の取り出しや、面積表、仕上表、建具表などの各種情報を取り出すことが可能です。常に整合性の取れた図面が確保できるため、建築意匠、構造、設備、施工といった設計分野での活用が多く見受けられるようになりました。

そして、そのBIMの波が、内装インテリア・店舗・ディスプレイといった建物の内側の設計にも波及しはじめました。

本ハンズオントレーニングでは、BIMツールのひとつである「Vectorworks Architect(ベクターワークス アーキテクト)」を実際に操作しながら、内装インテリア・店舗設計における実践的なBIMの活用手法を学びます。昨年はモデリングに特化した内容ですすめてきましたが、今年は、いよいよ、照明や素材(テクスチャ)といったより実務的な内容に注力し、レンダリング、図面の取り出し方法に特化して開催いたします。

二次元設計を主としている方、3D設計やBIMに興味をお持ちの方や実際にトライしてみたい方、もちろん、Vectorworksをお使いでない方でもお気軽に参加いただけるハンズオントレーニングです。日頃から図面の修正に追われる煩雑な設計業務を改善するヒントになるかもしれません。

みなさまのご参加をお待ちしております。

ハンズオントレーニング概要(13:00〜16:30までの3.5時間)

1)BIM(Building Information Modeling)とは… 【聴講】

2)Vectorworks Architect を実際に操作しBIMモデルを確認します。 【ハンズオン】

3)テクスチャの作成方法やレンダリングの種類について学びます。 【ハンズオン】

4)BIMモデルへテクスチャの添付や編集方法、光源オブジェクトを使った(IESファイル含む)配灯計画を行います。 【ハンズオン】

5)BIMモデルからCGパースや図面を作成します。(ビューポート/シートレイヤの活用) 【ハンズオン】

6)BIMモデルを変更しながら各種図面や情報、パースへの反映を確認します。 【ハンズオン】

操作体験ハンズオンセミナーの機材について

ノートパソコンなどの機材をお持ち込みになる方は、事前にVectorworksの評価版をインストールの上ご来場ください。評価版や当日使用するデータのダウンロード先のご案内は、お申し込みいただくメールアドレスにご案内いたします。

各会場先着5名様に、Windowsモバイルワークステーションを無料でお貸し出しいたします。ご希望の方は、お申込みフォームで貸し出し希望としてお申込みください。(機材は数に限りがありますので先着順でのお貸出しとなります。)

開催会場

沖縄会場

日 時 2019年8月2日(金)
・受付開始  :12:30〜
・トレーニング:13:00〜16:30
・質疑応答  :16:30〜17:00
・懇親会   :18:00〜 (別会場|参加希望者/会費2,000円)
場 所 沖縄産業支援センター 305会議室
沖縄県那覇市小禄1831-1
定 員 35名
費 用 無料

大阪会場

日 時 2019年9月19日(木)
・受付開始  :12:30〜
・トレーニング:13:00〜16:30
・質疑応答  :16:30〜17:00
・懇親会   :18:00〜 (別会場|参加希望者/会費2,000円)
場 所 ブリーゼプラザ 803+804
大阪市北区梅田2−4−9 8F
定 員 35名
費 用 無料

詳細、参加申し込みは、エーアンドエーのウェブサイトで。