揚排水機場の設計計算 Ver.4 リリース

2019年6月3日
プログラム概要

ライン

「河川構造物の耐震性能照査指針(案)・同解説」を主たる適用基準とし、排水機場の設計計算をサポートするプログラムです。

断面形状は、鉛直方向5階層、水平方向15スパンまでの版ラーメン構造と、版部材は個別に部材厚の変更または削除ができ、部材厚の不均一な個所を有する版ラーメン構造にも適用可能です。設計の考え方は、震度法または応答変位法による設計に対応し、常時、レベル1地震時、レベル2地震時の設計計算を行うことが可能です。地震時の部材の非線形性を考慮するため、ファイバーモデルを適用した構造解析(弊社Engineer’s Studio®による解析)を行います。直接基礎の安定計算、液状化の判定、杭基礎の設計用反力の算定を同時に行うことが可能です。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
▲メイン画面
  Ver.4.0.0 改訂内容<2019年 6月 3日リリース>NEW

ライン

  1. 『土地改良事業計画設計基準及び運用・解説 設計「水路工」』における液状化判定に対応
  2. 『河川構造物の耐震性能照査指針』における液状化判定に対応
  3. 土質定数の低減係数DEの算出に対応
  4. 『道路橋示方書・同解説 IV 下部構造編』におけるせん断耐力の照査に対応
  5. 独立行政法人土木研究所発行『計算事例-10』における曲げ耐力照査に対応
  6. 支間における最大および最小応力値の抽出に対応
  7. 任意荷重画面において、集中荷重の入力方法を改善
  8. 3Dアノテーションに対応

詳しくは、フォーラムエイトのウェブサイトで。