基礎の設計・3D配筋(部分係数・H29道示) Ver.3 リリース

2019年7月9日
プログラム概要ライン
杭/鋼管矢板/ケーソン/地中連続壁/直接基礎、液状化に対応した耐震設計、図面作成プログラム。公益社団法人 日本道路協会より平成29年11月に発刊された道路橋示方書・同解説を参考に、基礎の設計に対応したものです。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
▲メイン画面(杭基礎)
機能 Lite Standard Advanced
計算 液状化の判定
直接基礎
杭基礎
ケーソン基礎 -
鋼管矢板基礎 -
地中連続壁基礎 -
CAD 杭基礎
直接基礎 - -
その他 ESエクスポート(杭基礎) - - -

▲ 製品構成別対応機能

  Ver.3.0.0 改訂内容<2019年 7月 2日リリース>NEWライン
  1. 杭基礎の2.5次元解析対応
  2. 杭基礎の地層傾斜対応
  3. 下部工連動時の動的解析作用力直接指定の機能拡張
  4. 永続変動作用の検討ケース数拡張
  5. 図面の3DモデルIFC変換ツール連動対応

詳しくは、フォーラムエイトのウェブサイトで。