10/29、東京で「原則BIM/CIM化対応セミナー」でイエイリが講演します

2019年10月5日

国土交通省は、2025年にBIM/CIMを原則化すると発表し、建設コンサルタントや建設会社では驚きをもって受け止められています。しかし、周囲の業界に目を向ければ、今やICTを活用してムダを徹底的に省き、スピード感をもって仕事をすることは当たり前のようになっています。

建設業界もBIM/CIMへの対応を、発注者から言われたから仕方なくやる「費用」対応するではなく、他業界のような業務プロセスの革新として行う「投資」として対応すべきではないでしょうか。

「費用」はいつまでたっても費用ですが、「投資」は後でその何倍ものリターンとなって帰ってくるからです。

BIM/CIM原則化の機会をチャンスとしてとらえ、現在の業界内に潜む「移動のムダ」「会議のムダ」など様々なムダをなくし、生産性向上や働き方改革を目指す戦略を、不動産業界などの動向も踏まえながらイエイリが解説します。ぜひ、お越しください。

■■■■■以下、主催者からの案内です■■■■■

この度、10月29日(火)に、「土木業界向け 2025年に向けた原則BIM/CIM化対応セミナー2019」を開催いたします。

本セミナーでは土木業界の皆様を対象とし、世界的に必需性のあるBIM/CIM対応の取り組みと業界動向、またテクノロジーがもたらす働き方改革についてご紹介をいたします。

また、建設ITジャーナリストの家入氏を招き、国交省で掲げられております2025年までの原則CIM化対応に向けて今後、企業が取り組むべき対応についてご解説いただきます。更に、BIM/CIMを推進する上で必要不可欠なオートデスクソリューションをデモンストレーションを交えご紹介いたします。

今後BIM/CIM化にご対応される土木業界の皆様方に広く、ご参加賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

◆開催日時: 2019年10月29日(火) 14時30分 ~ 17時30分 (受付開始 14時00分)

◆会  場:  WTC コンファレンスセンター Room A

〒105-6103 東京都港区浜松町2丁目4番1号 世界貿易センタービル3階(受付)

 

◆アジェンダ
14:30 – 15:10   海外におけるBIM Mandateの取り組み紹介とISO19650

15:10 – 15:40   最新テクノロジーが実現する働き方改革

オートデスク株式会社 シニアインダストリー ストラテジーマネージャー Karen Weiss

 

15:40 – 15:55   休憩

 

15:55 – 16:45   日経コンストラクション記事解説 2025年の全件CIM対応までに取り組むべきこと

建設ITジャーナリスト 株式会社イエイリ・ラボ代表取締役 家入 龍太氏

 

16:45 – 17:30   業務効率を改善するオートデスクBIM/CIMソリューション

オートデスク株式会社 テクニカルセールススペシャリスト

 
※尚、定員人数は100名とさせて頂きますのでお早めにお申し込みの程、宜しくお願い致します。
※アジェンダは当日予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

詳しくは、オートデスクのウェブサイトで。