フォーラムエイト

2016年2月21日
プログラム概要 現在、鉄筋コンクリート構造物の設計から施工段階において取り扱われている配筋図面は2次元 が主流のため、主鉄筋・配力筋・組立筋などの配筋関係を確認するのが困難な場合があります。そこで、弊社では、構造物中の鉄筋を実際の鉄筋径で3次元表示 することで、詳しい配筋状態を確認できる「3次元配筋 […].........続きを読む

各種事業の配慮事項・簡易診断、VR活用を提案する自主簡易アセス支援サイトで、画像上の緑視率を計算できる 「緑視率計算サービス」(無償)を公開しました。開発予定地の緑地計画既存緑地など、様々な用途でお試しください。 緑視率とは、評価対象の建造物等を視界に入れた際、視界に入る自然の緑の割合のことです。 […].........続きを読む

ユーザー企業3社の紹介ムービーをYouTubeに公開しました。 セントラルコンサルタント 日本大学 日本光機工業 詳しくは、フォーラムエイトのウェブサイトで。.........続きを読む

2016年2月7日
プログラム概要 「柔構造樋門設計の手引き(平成10年11月)(財)国土技術研究センター」を主たる適用基準とした柔構造樋門本体縦方向、本体横方向、門柱、胸壁、翼壁、しゃ水工の設計計算を支援するプログラムです。門柱における河川構造物の耐震性能照査指針(案)・同解説 H19.3での静的照査法にも対応してい […].........続きを読む

プログラム概要 都市化された流域では、上下水道、遊水池などの存在が水の循環をより複雑なものにしています。 近年、都市河川をとりまく環境が急激に進むなかで、従来の『河川砂防技術基準(案)』の記述だけでは必ずしも適切に対処できない点が多くみられるようになってきています。 都市河川では、その流出機構に下水 […].........続きを読む

2016年2月1日
プログラム概要 本製品は、平成19年9月末に大幅な改正が行われた港湾の施設の技術上の基準の解説書である「港湾の施設の技術上の基準・同解説」(以下「港湾基準」と略す)、並びに、「漁港・漁場の施設の設計の手引」(以下「漁港基準」と略す)に準拠した設計計算プログラムです。 前面矢板壁の壁体種類は、鋼矢板、 […].........続きを読む

プログラム概要 ライナープレート設計・施工マニュアル(H12年6月)に基づき、ライナープレート立坑の設計を行うものです。 設計者は、立坑の直径と深さ、地盤条件を入力することで、ライナープレート立坑の設計計算を容易に行うことができます。 円形断面、小判形断面、矩形断面に対応しています。 電子納品対応と […].........続きを読む

  フォーラムエイト、マサチューセッツ工科大の産学連携プログラムに参加 先端研究をVR、システム開発へ 株式会社フォーラムエイト(東京都港区港南2-15-1 代表取締役社長 伊藤裕二 URL:http://www.forum8.co.jp) は2015年12月、MIT ILP(MIT In […].........続きを読む

2016年1月25日
FORUM8デザインフェスティバル2015-3Days 講演内容 詳細ページ  第16回 UC-win/Road協議会 ドライビングシムセッション  第9回 デザインコンファランス フォーラム総務セッション  第16回 UC-win/Road協議会 ジェネラルセッション  第14回 3D・VRシミュ […].........続きを読む

プログラム概要 「開水路の設計」は、設計基準として土地改良「水路工」に示される開水路の設計手法を参考にして、安定計算及び許容応力度法,限界状態設計法による断面設計から、図面作成までを一貫して行うことができるプログラムです。 水路工に掲載されている荷重組み合わせに対応し、地震時についてはレベル1(中規 […].........続きを読む

« 前ページへ次ページへ »