フォーラムエイト

2016年3月7日
サービスの概要と特長 4月1日より順次UC-1、UC-win全製品の保守サポートサービスを全面的に移行します。 Web認証により自動更新となり、パスワード管理や保守サポート手続きも不要です。現在お持ちの製品の保守契約期間や費用の変更はありません。 新たに「レンタルアクセス」を提供し、一時的な利用ライ […].........続きを読む

2016年2月29日
プログラム概要 Engineer’s Studio®は、弊社がプレ処理~計算エンジン~ポスト処理までの全てを自社開発した3次元有限要素法(FEM)解析プログラムです。土木・建築構造物の部位を1本棒に見立てたはり要素や平面的に連続した平板要素でモデル化して、構造物の非線形挙動を解析するツー […].........続きを読む

Ver.2.00.00 改訂内容 <2016年 2月 22日リリース> 【Standard版】 国土交通省土木工事積算基準改訂(平成27年度版)に対応 新土木積算体系改訂(平成27年度版)に対応 建設物価調査会(建設物価,土木コスト情報)および経済調査会(積算資料,土木施工単価)の基礎単価 2016 […].........続きを読む

2016年2月21日
プログラム概要 現在、鉄筋コンクリート構造物の設計から施工段階において取り扱われている配筋図面は2次元 が主流のため、主鉄筋・配力筋・組立筋などの配筋関係を確認するのが困難な場合があります。そこで、弊社では、構造物中の鉄筋を実際の鉄筋径で3次元表示 することで、詳しい配筋状態を確認できる「3次元配筋 […].........続きを読む

各種事業の配慮事項・簡易診断、VR活用を提案する自主簡易アセス支援サイトで、画像上の緑視率を計算できる 「緑視率計算サービス」(無償)を公開しました。開発予定地の緑地計画既存緑地など、様々な用途でお試しください。 緑視率とは、評価対象の建造物等を視界に入れた際、視界に入る自然の緑の割合のことです。 […].........続きを読む

ユーザー企業3社の紹介ムービーをYouTubeに公開しました。 セントラルコンサルタント 日本大学 日本光機工業 詳しくは、フォーラムエイトのウェブサイトで。.........続きを読む

2016年2月7日
プログラム概要 「柔構造樋門設計の手引き(平成10年11月)(財)国土技術研究センター」を主たる適用基準とした柔構造樋門本体縦方向、本体横方向、門柱、胸壁、翼壁、しゃ水工の設計計算を支援するプログラムです。門柱における河川構造物の耐震性能照査指針(案)・同解説 H19.3での静的照査法にも対応してい […].........続きを読む

プログラム概要 都市化された流域では、上下水道、遊水池などの存在が水の循環をより複雑なものにしています。 近年、都市河川をとりまく環境が急激に進むなかで、従来の『河川砂防技術基準(案)』の記述だけでは必ずしも適切に対処できない点が多くみられるようになってきています。 都市河川では、その流出機構に下水 […].........続きを読む

2016年2月1日
プログラム概要 本製品は、平成19年9月末に大幅な改正が行われた港湾の施設の技術上の基準の解説書である「港湾の施設の技術上の基準・同解説」(以下「港湾基準」と略す)、並びに、「漁港・漁場の施設の設計の手引」(以下「漁港基準」と略す)に準拠した設計計算プログラムです。 前面矢板壁の壁体種類は、鋼矢板、 […].........続きを読む

プログラム概要 ライナープレート設計・施工マニュアル(H12年6月)に基づき、ライナープレート立坑の設計を行うものです。 設計者は、立坑の直径と深さ、地盤条件を入力することで、ライナープレート立坑の設計計算を容易に行うことができます。 円形断面、小判形断面、矩形断面に対応しています。 電子納品対応と […].........続きを読む

« 前ページへ次ページへ »