グラフィソフトジャパン

2016年1月11日
―エービーケーエスエス社のWebサイトより― 大手ゼネコンや組織設計事務所等が率先して採用し、 国土交通省やJIAがガイドラインを発表したことにより企業規模を問わず幅広い層で、BIMへの関心 や期待が 寄せられるようになりましたが、 導入された企業では 「プレゼン効果を得られたり、効率化を図れる」 […].........続きを読む

2016年1月4日
GRAPHISOFTの親会社であるNemetschek AGが、BIMの品質保証、品質コントロールソフトウェアを提供するSolibri Oyの株式を100%取得し、SolibriはGRAPHISOFTと同じNemetschekグループになりました。 これまでもSolibri Model Checke […].........続きを読む

2015年12月19日
今回は9月にリリースされたARCHICAD19の、新たに加わった機能をご紹介しました。嘗 (かつ)てない速さを実現したARCHICAD 19と、BIMをベースとしたワークフローに移行するメリットや効果について具体的にご説明する内容となっています。また、実際にARCHICADを使用 されているユーザー […].........続きを読む

2015年12月15日
グラフィソフトジャパンのパートナーである生活産業研究所株式会社より、GRAPHISOFT® ARCHICADのアドオンシステムである高さ制限解析システム [ADS-BT for ARCHICAD]、ボリュームスタディーツール[MassPlan for ARCHICAD]、求積計算・求積図作成システム […].........続きを読む

2015年12月1日
今回は9月にリリースされたARCHICAD19の、新たに加わった機能をご紹介します。嘗(かつ)てない 速さを実現したARCHICAD 19と、BIMをベースとしたワークフローに移行するメリットや効果について具体的にご説明する内容となっています。また、実際にARCHICADを使用 されているユーザー様 […].........続きを読む

2015年11月16日
Windowsアップデート後からのARCHICADのクラッシュ 現象 2015年11月11日のWindowsアップデート(KB3097877)のインストールにより、Windows7でお使いのARCHICAD 16, 17, 18, 19 がクラッシュする ちなみにARCHICADだけではなく、out […].........続きを読む

2015年11月10日
アップデート7007を適用後の新規BIMサーバーインストール時に、ブラウザによって最後のステップ「BIMサーバーを開始」のボタンが機能しない、またクリックしても、何も起きない事例が報告されています。詳細は以下よりご確認ください。 ※すでにArchiCAD18 BIMサーバーをご利用いただいている場合 […].........続きを読む

―株式会社エービーケーエスエス様のWebサイトより― ドラフターからCADヘ、2Dから3D、そしてBIMへ。 設計に関わるツールが進化を遂げた背景には、使い手の声とITの進化が大きな要因となっています。BIMはアイデアが難なく形になることから、設計者に とってはより幅広く、より上質な建築デザインを生 […].........続きを読む

2015年11月3日
ARCHICAD BIM事例レポート 一宇一級建築士事務所 1925年献堂長崎教会保存修復のための3D断面 軍艦島を 3D モデル化した先駆者が選ぶ いま最も優れたコミュニケーションツール 長崎県長崎市の一宇一級建築士事務所は、建築家・中村享一氏が主宰するアトリ エ設計事務所である。建築業界で40年 […].........続きを読む

2015年10月18日
ブダペスト – 業界大手のビルディングインフォメーションモデリング(BIM)ソフトウェア開発業であるGRAPHISOFT®は、Rhino – Grasshopper – ARCHICADコネクションのパブリックベータ版を発表しました。業界初となる双方向の「リアルタイム接続」は、建築家やデ […].........続きを読む

« 前ページへ次ページへ »