Box Japan(11) /FARO(109) /MetaMoJi(115) /NVIDIA QUADRO(23) /SB C&S(18) /SPIDERPLUS(5) /Vectorworks BIMlog(446) /アイサンテクノロジー(104) /アーキテック(146) /イエイリ・ラボからのお知らせ(33) /インテリジャパン(32) /オートデスク(444) /グラフィソフトジャパン(326) /グレバートジャパン(65) /トップライズ(37) /トプコン(189) /ビージェーソフト(103) /フォーラムエイト(656) /岩崎(134) /建築ピボット(240) /建設システム(193) /未分類(1496) /福井コンピュータ(166) /
2019年7月4日
2020年の東京五輪の後、建設業界最大の悩みは、なんと言っても人手不足です。これまでのように多くの人に頼った工事のやり方は不可能になり、ロボットやAI(人工知能)が人間の“同僚”として現場に入ってくるのです。既に国内外の工事現場には、着々とロボットたちが投入されつつあります。 そこで建設ITジャーナ […].........続きを読む

2019年7月2日
日本語版 BricsCAD V19.2.11-1 がリリースされました。 ●体験版ダウンロードはこちら(Bricsysサイトへ移動)  ※「改良点」「修正点」等につきましてはこちらのリリースノートをご参照ください。 詳しくは、ビージェーソフトのウェブサイトで。  .........続きを読む

年間保守サービス同時申込バージョンアップキャンペーン Vectorworks2016/2017/2018ユーザのみなさまへ、お得なキャンペーンのお知らせです! Vectorworks 2019へのバージョンアップとともに年間保守サービス「Vectorworks Service Select(Serv […].........続きを読む

2019年7月24日(水)~26日(金) 東京ビッグサイトにて開催されます【メンテナンス・レジリエンスTOKYO2019】内「第43回 プラントメンテナンスショー」に出展いたします。 「現場が喜ぶIT化」をテーマに、働き方改革、時短、ペーパーレス化、遠隔地会議、現場作業の効率化を実現、大規模運用にも […].........続きを読む

● [ユーザー紹介] 車両研究測試中心(台湾) ARTC Automotive Research & Testing Center ● [Academy User] 中央警察大学(台湾) Central Police University (TAIWAN) ● [橋百選] Vol.48 「富 […].........続きを読む

メッセージ 建設システムもおかげ様で、第28期を迎えることができました。 これもひとえに、皆様方の暖かいご支援のおかげと、心より厚く御礼申し上げます。 2019年は平成から令和へ年号が変わり、新しい時代が幕を開けました。平成の時代はICTの急速な進化に伴い、建設業もCALS/ECを始め、情報化施工、 […].........続きを読む

一部の製品について、対応状況を更新しました。 弊社製品を6月25日のリリース版に更新後、Windows Updateを適用してください。 Windows Updateについては、以下のMicrosoft社のHPをご確認ください。 ・日本の新元号対応に向けて Windows と Office を準備す […].........続きを読む

2019年6月17日(月)に、 IJCAD 2019 SP1(Build 190418)をリリースいたしました。 本リリースでは、 ・日本語入力中のプレビューをテキストエディタ内に表示される機能に対応 ・外部参照のパス変更機能に対応 など、他にも様々な機能が実装・修正されました。 バージョンアップ内 […].........続きを読む

ご挨拶 建築とITにおける最新の技術や事例、デザインの未来を考えます 構造システム・グループは、10月9日に『建築とITのフォーラム2019』を開催いたします。グループ各社がそれぞれの専門分野に関するテーマを持ち寄り、多彩な講師をお迎えして、建築とITに関する最新情報を皆さまにお届けいたします。 今 […].........続きを読む

キャンペーン概要 開催期間 2019年7月1日~2019年9月17日 対象商品 DRA-CADシリーズ i-ARM SAVEシリーズ HOUSE-省エネ 避難検証法 LAB-SS ご愛顧に深く感謝し割引キャンペーンを実施いたします! 2019年6月1日をもって株式会社建築ピボットは設立15周年を迎え […].........続きを読む

地籍調査(14条地図)・調書作成Mercury-LAVIS 測量成果の活用で国土を創造する… 地籍調査(14条地図)の調書作成とデータ管理! 登記 法務局データを効果的に活用 法務局から貸与される複数の「要約書CSV」を一括で読込み、登記情報から「大字・字」を自動的に分類。添付されている「外字情報」 […].........続きを読む

ヤングアーキテクトプログラム ヤングアーキテクト プログラム(YAP)は、ARCHICAD教育版を利用してBIMを学んでいただいた学生の皆さんのための、ARCHICAD商用版の購入をサポートするプログラムです。お支払いは本人、または就職先の企業どちらでも可能で、在学中もしくは卒業後2年間、ARCHI […].........続きを読む

2019年6月28日 – 建築家と設計者のためのBuilding Information Modeling(BIM)・ソフトウェア・ソリューションのリーディングプロバイダー、GRAPHISOFT®の日本法人であるグラフィソフトジャパン株式会社は、本日、フィンランド ヘルシンキに本社を持つSolibr […].........続きを読む

2019年7月1日
この度、当協会主催で令和元年度港湾技術報告会を下記の通り開催することとなりまし た。この報告会は、港湾技術及び関連する分野の最新動向等について有識者よりご講演い ただくとともに、当協会の自主的な研究活動の成果報告等を行い、技術の向上を目指すこ とを目的としております。 今年度は、株式会社 イエイリ・ […].........続きを読む

オービック情報システムセミナー[2019年 夏] – 価値ある情報が、事業戦略を加速する。 – 名古屋会場では、「セミナー」「導入事例研究」「ワークショップ(個別相談)」「展示」の4つの切り口で発信します。 ERP&クラウドで実現する実践的ソリューション事例を数多く取り揃え、経営効果に直結す […].........続きを読む

オービック情報システムセミナー[2019年 夏] – 価値ある情報が、事業戦略を加速する。 – 大阪会場では、「セミナー」「導入事例研究」「ワークショップ(個別相談)」「展示」の4つの切り口で発信します。 ERP&クラウドで実現する実践的ソリューション事例を数多く取り揃え、経営効果に直結する […].........続きを読む

「建設業界を魅力ある業界へ ICTを活用した生産性向上」をメインテーマに、建設技術者・工事部・技術部・経営層を対象としたセミナーです。 基調講演として、土木分野におけるICT全体やBIM/CIMなどの取組み第一人者である日本建設業連合会 i-CON技術TFリーダの杉浦伸哉氏と建設ITジャーナリストの […].........続きを読む

2019年6月24日
鉄之助ファミリー バージョンアップ(Ver14)CD出荷再開のお知らせ 本日(2019年6月18日)、不具合の修正が完了しましたので、バージョンアップCD(Ver14)の作成を再開しました。 順次出荷してまいりますので、お客様のお手元に届くまで、今しばらくお待ちください。 詳しくは、アーキテックのウ […].........続きを読む

7/26 – みんなが使える BIM へ! – チーム高取の10年のノウハウがここに集結!BooT.one始動! 主催:応用技術株式会社/オートデスク株式会社 協賛:SB C&S株式会社/トランス・コスモス株式会社ご紹介するセッション内容 新しいto BIM サービス […].........続きを読む

オートデスクの 土木3次元設計CAD Autodesk Civil3D を使って、BIM/CIM, i-Construction を始めるための基本操作を習得する無料体験会を開催します。 これから CIMに対応しようと考えられている方に最適な内容となっています。是非ご参加ください。◆開催日 :201 […].........続きを読む

BIM/CIM   Autodesk Civil 3D 入門(道路編) 無料体験会【広島】 オートデスクの 土木3次元設計CAD Autodesk Civil3D を使って、BIM/CIM, i-Construction を始めるための基本操作を習得する無料体験会を開催します。 これから CIMに対 […].........続きを読む

自動荷重測定装置を搭載したバックホウを用いた積載重量管理システム(LOADEX 100) NETIS登録番号:KT-190022-A バックホウに搭載することでバケット内積載重量を計測し、ダンプトラックの積載重量を管理するシステムです。 従来法では、オペレータの目測とトラックスケールの併用により、ダ […].........続きを読む

株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:平野 聡)は、測量機に搭載した多機能通信モジュールを活用し、資産管理やセキュリティ対策の為のユーザーサポート機能である『TSshield』(ティーエスシールド)の有償サービスを本格始動いたしました。 トプコンは2013年よりトータルステーションな […].........続きを読む

“CGをプレゼンテーションだけでなく設計検討に活用 DRA-CADは図面とCGの両方を作成できるツール” 株式会社 現代計画研究所 酒井 敬 様、井上 拓哉 様 DRA-CADの用途は、当然ながら図面作成、それが一番の目的です。以前は、図面作成のみに使用していましたが、3次元機能がついたバージョンを […].........続きを読む

“オーバーレイ機能で作業の効率化 互換性を評価されたDRA-CADの実力” 北電技術コンサルタント株式会社通信・建築本部 HGC建築設計事務所西田 秀幸 様、城戸 杏里 様 作図はDRA-CADですが、AutoCADやJw_cadなども納品時の確認用に使用しています。DRA-CADの互換性の高さは非 […].........続きを読む

特集3次元/ICT技術は”普段使い”の時代へ最新実例をご紹介 生産性の低迷や労働者不足など、建設業界が抱える課題を解決するための”手段”であるi-Construction。 真の生産性向上には、日常的に3次元やICTを活用していくことが重要であり、 3次元/ICT技術を普段使いされているユーザー様の […].........続きを読む

「建設ICT×名建築保存」の後編は、ノートルダム大聖堂から日本古来の建築まで俎上に載せて語ります!(編集部) デジタルアーカイブが名建築を救う ――4月に火災で一部が焼失してしまったフランス・パリのノートルダム大聖堂ですが、点群データを取ってあったんですか? Notre Dame de Paris […].........続きを読む

今月から「家入龍太のやさしい建設ICT講座」はちょっと模様替え。建設ICTを取り巻くさまざまなトピックについて、家入先生に編集部の中の人が教わります。今回はあの名建築のデータ保存の話題から、建設ICTと名建築の関係と未来に迫ります。 名建築はデータで残す時代が来る⁉ ――家入さん、こんにちは。今回か […].........続きを読む

2019年6月17日
オンラインセミナー:「Revit 2020 新機能と機能改善のご紹介」 昨年リリースしました Revit 2019 から Revit 2019.1、2019.2 と進化を続け 4月に Revit 2020 がリリースされました。 本ウェビナーでは、Revit 2020 の新機能、機能改善のご紹介に加 […].........続きを読む

オンライン配信:みんなが使える BIM へ! – チーム高取の10年のノウハウがここに集結!BooT.one始動! 主催:応用技術株式会社/オートデスク株式会社 協賛:SB C&S株式会社/トランス・コスモス株式会社ご紹介するセッション内容 新しいto BIM サービス BooT […].........続きを読む

≪ 新しい記事
前の記事 ≫