建築ピボット

2016年6月27日
建築ピボットスクールの料金を2016年9月開催分より改定させていただきます。 DRA-CADアソシエイト会員向けの価格を新設いたしました。 次回開催日程など詳しくは、スクールのご案内(東京校/大阪校)をご確認ください。 建築ピボットスクール料金改定表 スクール名 現行料金 新料金 非会員 会員 DR […].........続きを読む

2016年6月20日
この度、新製品「DOC-WL」を発売することになりました。「DOC-WL」は、日本建築防災協会の「既存壁式プレキャスト鉄筋コンクリート造建築物の耐震診断指針」(WPC診断指針)等に従い、壁式鉄筋コンクリート造(WRC造)建物の1次・2次耐震診断計算を行うソフトウェアです。 データ入力は、CADのよう […].........続きを読む

HOUSE-DOCは、木造住宅の耐震診断と補強計画を行うソフトです。「2012年改訂版 木造住宅の耐震診断と補強方法」(発行:一般財団法人日本建築防災協会/以下「防災協会」と記載)に基づいた計算を行います。CADのようなマウス操作と3D表示でデータの入力・確認が容易です。 この度、新バージョン「HO […].........続きを読む

2016年6月13日
株式会社建築ピボット(本社:東京都文京区 代表取締役社長:千葉貴史)は、省エネルギー計算ソフトウェア「SAVE-住宅」の平成28年版判断基準対応に向け作業を進めております。 それに先立ちこのたび、直接入力等の機能を追加したマイナーアップ版「SAVE-住宅 Ver.3.5」を発売いたしましたので、下記 […].........続きを読む

2016年5月24日
木造住宅の図面を作図しながらDRA-CADの基本的な機能と作図に必要な操作を学習します。 画面構成、スナップモード・選択モードの説明 線分編集、図形編集、文字記入コマンドなどの習得 講習時の使用ソフトはDRA-CAD14 ◆有料◆ 6,000円(税込) 定員6名 詳しくは、建築ピボットのウェブサイト […].........続きを読む

2016年5月17日
セミナー概要 『避難安全検証法(平成12年建設省告示第1441・1442号)』に準拠した避難の検証計算(ルートB)の基準の解説と、弊社製品「避難検証法」を用いた避難計算の実習をしていただける講習会です。 主に初心者の方を対象に、『避難安全検証法』の全体像や計算方法を分かりやすく解説いたします。どうぞ […].........続きを読む

2016年5月10日
計算を高速化 Windows 64ビット版対応とマルチスレッド処理により計算処理の高速化と大規模建物への対応、BUSシリーズ統合環境で動作可能な製品群※1 も64ビット版に同時対応します。 2015年版建築物の構造関係技術基準解説書に準拠 BUS-5と同様に「2015年版建築物の構造関係技術基準解説 […].........続きを読む

2016年4月5日
DRA-CAD14シリーズの新機能をわかりやすく動画で紹介するムービーを追加しました。 詳しくは、建築ピボットのウェブサイトで。.........続きを読む

SAVE-住宅: マンション・住宅の省エネ設計の無料体験コース コース名/内容 SAVE-住宅 無料体験コース -半日- ◇無料◇ 定員6名        2016/5/18(水) 13:30~16:30 募集中 マンションの省エネ計算を、建物モデル作成から計算書作成までの一連の操作を体験していただ […].........続きを読む

SAVE-建築: 建築物(非住宅)の省エネ設計の無料体験コース コース名/内容 SAVE-建築 無料体験コース -半日- ◇無料◇ 定員6名     2016/5/11(水) 13:30~15:30 募集中 省エネ設計を検討したい方、実務で活用できる省エネ計画書の作成業務を行われている方向けの無料体 […].........続きを読む

« 前ページへ次ページへ »