いよいよ5月30日夜に実施!山口・錦帯橋で初のプロジェクションマッピング

2015年5月26日

ビルの壁面などに映像作品を上映する「プロジェクションマッピング」は、これまで東京駅の100周年記念イベントやさっぽろ雪まつりなどで行われ、大きな話題を集めました。

今週の土曜日、5月30日の夜は、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

山口県の錦帯橋

 

で初めて、プロジェクションマッピングが実施されるのです。

錦帯橋でのプロジェクションマッピング実施イメージ。岩国ゆかりの白蛇を投影したところ(資料:宮崎しずか、最先端表現技術利用推進協会)

錦帯橋でのプロジェクションマッピング実施イメージ。岩国ゆかりの白蛇を投影したところ(資料:宮崎しずか、最先端表現技術利用推進協会)

このイベントは、岩国青年会議所が60周年記念事業のパーティーの特別プログラムとして行うもので、最先端表現技術利用推進協会(以下、表技協)がプロジェクションマッピングの実施までを担当します。

全長約200mの木造五連アーチの橋脚部分に、白蛇など、岩国にゆかりのある映像コンテンツを映し出し、その様子は錦川の河川敷から見られます。

当日、上映される映像コンテンツ「時空の架け橋」の作成は、表技協の会員で中国・四国を中心に活動するクリエイター集団、AAIひろしまPlanが担当しました。

「時空の架け橋」のシーン(資料:最先端表現技術利用推進協会)

「時空の架け橋」のシーン(資料:最先端表現技術利用推進協会)

また、映像の投影シミュレーションなどに必要な3Dレーザースキャナーによる錦帯橋の計測や3Dデータの作成などは、フォーラムエイトが協力しました。

3Dレーザースキャナーによる錦帯橋の計測(写真:最先端表現技術利用推進協会)

3Dレーザースキャナーによる錦帯橋の計測(写真:最先端表現技術利用推進協会)

錦帯橋の3Dモデル。円内が作品を上映する橋脚(資料:フォーラムエイト)

錦帯橋の3Dモデル。円内が作品を上映する橋脚(資料:フォーラムエイト)

このプロジェクションマッピングは、午後7時40分から9時まで

 

4回実施

 

されるとのことです。(詳しくは、主催者、岩国青年会議所のウェブサイトをご参照ください)

日本の歴史的建造物である錦帯橋と、最新のプロジェクションマッピング技術の競演は、大きな話題を呼びそうですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »